方舟謝肉祭 海洋伝奇メタフィクション

信用ならない語り手Fが送る海洋伝奇小説。「血のこと」を巡って平成と大正をまたいで繰り広げられる海洋メタフィクションの行き着く先は21世紀小説の最高峰に到達する。

¥ 999

  1. 完結済み ( 2007 年 3 月 2 日 〜 2008 年 12 月 8 日 )
  2. 24 作品収録
  3. 257,228文字
  4. あとがき付き(約117文字)

Authors & Editors 執筆者・編集者

高橋文樹

高橋文樹 編集・執筆

日本の小説家。1979年8月16日に千葉県に生まれる。株式会社破滅派代表取締役。太宰治や大江健三郎を輩出した東大仏文科在学中に『途中下車』で幻冬舎NET学生文学大賞を受賞し、幸福な作家デビューを果たすも、その後辛酸を舐める。2007年、『アウレリャーノがやってくる』で第39回新潮新人賞を受賞するも、単行本化されず、この世のすべてを憎むようになる。
自分の作品は自分で世に出すというDIY精神のもとに、日夜活動をしているプログラマーとしての側面もあり、千葉県でもっともGIthubスターを稼いだPHPエンジニアでもある。趣味は家づくりで、山梨に自分で家を建てた。

How people say みんなの反応


  1. webで小説を読むという初めての経験をさせてもらいました。軽く掴まれそのうちにジワジワと引き込まれていきました。読み進むうちに「次はどんな風に裏切ってくれるのか?」とワクワクしました。「巧い」と言われると嫌かもしれませんが「巧い」なあ、と思いました。高橋さんの造詣の深さとポテンシャルの高さを見せつけられた気がします。

    from 破滅派
  2. スケールの大きな内容で読み応えがありました。
    なんていうか鉄球に頭ぶつけたみたいな余韻でした。
    様々な感情が行き交う中で書き手はタブーを暴くことに取りつかれてるのかのごとくタブーと対峙していくのですが。

    from 破滅派
  3. 前半辺りでは長州弁特有の語尾「のんた」が現れる稀有な小説、ぐらいに思って読んでいたのですがだんだんと(これは厄介なものを読んでしまった……)と感じ出すに至りました。

    from ebookreviewsjp.blogspot.jp

ログインしてレビュー

Works 掲載作一覧

  1. 1

    方舟謝肉祭(1) 小説

    • 高橋文樹
    • 11年前
    • 7,191文字

    20世紀の墳掘り人たることを目指す「性格の悪い語り手」Fは、最高の小説として「血のこと」について書くことを思いつく。彼は自分の経歴を調査し、ついに親族の宗おじさんのことについて書くことを思い当たる。大正時代の一代起業家だった宗おじさんは、Fの祖母によって「人食い鬼」と罵られる悪漢だったが……

  2. 2

    方舟謝肉祭(2) 小説

    • 高橋文樹
    • 11年前
    • 9,359文字

    なぜFは血のことを書くに至ったのか? その秘密は、彼が訪れた祖父の葬式にあった。そこに現れた胡散臭い親父ミツムネ氏は、Fを「坊ちゃん」と呼び、慇懃な握手を求める……

  3. 3

    方舟謝肉祭(3) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 7,363文字

    性格の悪い語り手Fは、ミツムネ氏に関する情報を得ようと、祖母の元を訪れる。おぞましくも可愛らしい祖母は、ミツムネ氏について尋ねるFに対して、なぜか激昂するのだった。

  4. 4

    方舟謝肉祭(4) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 6,270文字

    病床にある祖母をしつこく訪ね続けた性格の悪い語り手Fは、ついに家族史のタブーへと触れる。祖母を苛むFを見かねた従姉のWちゃんは、彼をねちっこく非難するが、不貞の孫Fはそんなことなどいっこうに意に介さないのだった。

  5. 5

    方舟謝肉祭(5) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 11,888文字

    祖母からアルバムをせしめたFは、家族史のタブーを暴くべく、弟子のDDをひきつれてはるか山口の柳井市まで向かう。Fの祖先のルーツがある柳井は、決して彼を暖かくは迎え入れないのだった。

  6. 6

    方舟謝肉祭(6) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 15,272文字

    「性格の悪い語り手」Fは、ついにミツムネ氏に再会する。まったくもって文学をまっとうするつもりのない弟子DDをひきつれて、Fの取材は佳境を迎える。

  7. 7

    方舟謝肉祭(7) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 10,836文字

    取材を終えたFはミツムネ氏の父(つまりFの大伯父)である「宗おじさん」について書き始める。それは大正時代を舞台にした、壮大な海洋冒険物語だった。

  8. 8

    方舟謝肉祭(8) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 9,396文字

    「性格の悪い語り手」Fの大伯父・宗おじさんは、五曜会の面々に働きかけ、なんとか南洋就航を成し遂げようとする。それは早すぎた時代の一代ベンチャー事業だった。

  9. 9

    方舟謝肉祭(9) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 11,049文字

    ついに南洋航路へと船を出した宗おじさん。大正時代の航海は辛く危険に満ちたものだったが、ついに南洋群島の一つであるパラオへと辿り着く。パラオは南海の極楽さながら、珍かなものに満ちた楽園だった。確信を深める宗おじさんのかたわらで、芸妓の歌が悲しく響く。

  10. 10

    方舟謝肉祭(10) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 9,477文字

    南洋群島の楽園パラオは、宗おじさんの思っていたほど栄えてはいなかった。つきまとう植民地の悲しい幻影。蝕まれていく現地の人々の悲しさを充分に理解しながら、宗おじさんは南洋を活路とすることを決意する。「たってのお願いがあります」そういって頭を下げる宗おじさんには、強い決意があった。

  11. 11

    方舟謝肉祭(11) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 8,545文字

    ついに宗おじさんは南陽群島からの帰路についた。強い決意を秘めた旅路は、成功への予感を秘めて終わるはずだった。しかし、ほんの小さな過ちが、大きな災厄を呼ぶこととなる。宗おじさんら一向を待ち受けていたのは、深い深い絶望だった。

  12. 12

    方舟謝肉祭(12) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 9,031文字

    はるか南洋まで旅立った「宗おじさん」は、「地球村事業」の手ごたえを掴みながら、帰国の途につくが……。
    性格の悪い語り手Fが描く小説はその加速度を増してゆく。傑作メタフィクション。

  13. 13

    方舟謝肉祭(13) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 9,318文字

    種村船長は死んだ。深い絶望が宗おじさんを包み込む。次々に死んで行く乗員たち。ついに3名となった彼らを待ち受けているものはわかりきっていた。しかし……

  14. 14

    方舟謝肉祭(14) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 10,719文字

    多くの命を失いながらも、宗おじさんら一行は最後の希望を求めてあがく。海洋冒険小説はやがて幕を閉じ、驚くべき展開が……。

  15. 15

    方舟謝肉祭(15) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 10,041文字

    小説を書くとは、いったいどういうことか? 性格の悪い語り手Fは、そんな問いを弟子DDに投げかける。インチキ手品師呼ばわりされることを厭わない彼が、自らの書いた小説「方舟」に下した評価とは。

  16. 16

    方舟謝肉祭(16) 小説

    • 高橋文樹
    • 10年前
    • 8,443文字

    性格の悪い語り手Fは、ついに宗おじさんの秘密へと至る。自らの「血のこと」が汚されることすら厭わないFは、弟子DDに向けて、これまで自分が描いてきたすべてを覆す秘密について語る。

  17. 17

    方舟謝肉祭(17) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 9,070文字

    太平洋には亡霊が出る――性格の悪い語り手Fが織りなす新しい小説は、これまでの宗おじさん像を覆す物語だった。メタフィクション海洋冒険小説は、種村船長を語り手に据え、新しい様相を帯びていく。

  18. 18

    方舟謝肉祭(18) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 10,833文字

    順調だったはずの船旅に、松永宗光が暗い影を落とす。慎重を期さねばならない外洋航海では、ちょっとした気の緩みが命取りとなるのだ。そのことを知る種村船長は、松永たちを諫めるのだが、一向に収まる気配はない。ついにパラオに到着するも、現地で彼らを待っていたのは、植民地の厳しい現実だった。性格の悪い語り手Fが展開する、海洋メタフィクション小説。

  19. 19

    方舟謝肉祭(19) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 8,493文字

    失敗しつつあった航海を甦らせようとして奔走した種村も、ついに「地球村」事業と松永宗光への失望を抱くようになる。その彼に一抹の救いをもたらしたのは、一人の女だったが、その希望もまた潰え、松永は冷酷な宣言をする。

  20. 20

    方舟謝肉祭(20) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 12,213文字

    ついに休暇村事業を諦め、日本へと向かう松永ら一行。パラオから一度も寄港せずに神戸へ向かうという無謀な船旅が始まったが、太平洋の亡霊が彼らを飲み込んで行く。大正時代の太平洋を舞台にして、少しずつ「血のこと」が明かされていく。

  21. 21

    方舟謝肉祭(21) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 6,574文字

    海の藻屑となった海光丸。小さな二隻の避難艇とともに太平洋に放り出された松屋汽船一行。やがて彼らはわずかな可能性にかけて、途方もない距離を進み始める。しかし、激しい波に揺られながら、飢えがゆっくりと彼らを蝕んで行く。圧倒的なスケールで描く長編メタフィクション。

  22. 22

    方舟謝肉祭(22) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 7,308文字

    たくさんの想いを乗せた海光丸が沈没し、避難艇で海上を漂う松永ら一行。容赦のない飢えと乾き、そして荒れ狂う気候が彼らを襲い、一人、また一人と命を落として行く。彼らを襲う絶望の中、一人の怪物がゆっくりと目を覚まして行く。圧倒的なスケール感で送る、海洋メタフィクション小説。

  23. 23

    方舟謝肉祭(23) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 5,864文字

    多くの命を失いながら、避難艇は太平洋をさまよう。語り手の種村船長を襲う死の影。彼が力尽きる直前に見た悪魔のような光景とは。壮大なスケールで描く、海洋メタフィクション。

  24. 24

    方舟謝肉祭(24) 小説

    • 高橋文樹
    • 9年前
    • 5,126文字

    宗おじさんは恐るべき禁忌を犯して生き残っていた……そして、「書き改め」を終えたFは、血のことに関する恐るべき秘密を明かす。壮大なスケールで描く海洋メタフィクション、ついに完結。

¥ 999

AmazonのKindleストアで購入できます。

この本を購入する

※ Kindle以外にもスマートフォンやPCの無料アプリで読めます。

Kindle for PC | Kindle for iOS | Kindle for Android