タグ: SF 32件

  1. 変わらぬ血の輝き 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 11,755文字

    ※破滅派オリジナル作品。 与党の幹部議員である足利に『混血』の疑いが掛けられた。左右老若男女問わず日本中が敵に回る中、足利議員は『混血』の疑いを晴らし、『正しき日本人』として生きる事が出来…

  2. 天覧駅伝 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 6,907文字

    ※破滅派オリジナル作品。 近未来、ある新年の駅伝。混血の走者はラストスパートに向かっていた……。

  3. クリスマスの死 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 5,951文字

    ※クリスマス特別小説。 ※混血×クリスマス×商業主義×子供×ガミガミ親×弱者×クソ。

  4. マキガイドリイム 小説

    • 斧田小夜
    • 4ヶ月前
    • 17,906文字

    連載の途中ですが号外です。 「序盤だけなら大賞が取れた」「冒頭こそ期待させるが」「家族の話に矮小化」「がっかり」 あれ? 家族の話だったっけな? 本人もびっくりと納得の選評を獲得した第四回…

  5. 輝く夜を探して―『竹取物語』考察 エセー

    • 九芽 英
    • 5ヶ月前
    • 9,341文字

    「破滅派」10号に載せて頂いたものを加筆修正しました。『竹取物語』を読む上での参考になれば幸いです。

  6. 写し身の性(さが) 物語の切れ端 / 小説

    • 東峰 八重
    • 10ヶ月前
    • 1,345文字

    テーマはサイコ・サスペンス。殺し殺され残った者は、オリジナルの意思を継いで生きる。 ――ところで、クローン技術はSFに入りますか?

  7. 春を負う – 1 春を負う / 小説

    • 斧田小夜
    • 12ヶ月前
    • 20,286文字

    森林限界の辺縁にすまう人々にとって春とともに山を登り、冬とともに山を降りる交易びとは特別だ。かれも例外ではなかった。

  8. [SS合評]愛の発見 小説

    • 天王丸景虎
    • 12ヶ月前
    • 9,592文字

    /* いつかはわからない。歴史の断絶が引き起こった未来のいつか。私――イリスは人類考古学者としてクーナエ発掘局で『かつて高度な文明を持ちながらも滅んでしまった人類』についての発掘調査を行っていた…

  9. ラッシュ・ブラッド 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 3,199文字

    西暦2116年、あらゆる就職希望者はその来歴に関しての詳細なレポートを提出しなければならない。「100年後の未来の人がいまの私を語る」をテーマにした第三回SS合評応募原稿。

  10. 理想的な娘 小説

    • 十六歳
    • 1年前
    • 1,153文字

    教祖にお褒めの言葉を頂いた話。とても短い近未来風。おはなしだけで、文学的な美しさとかの追求はまた今度。元の題名は「赤ちゃん求人」