タグ: SF 50件

  1. テロリズマ・パリ 小説

    • よたか
    • 4時間前 New!
    • 2,761文字

    短編集『ちょっと未来のうらがわで』用に考えていたお話です。テロとはちょっと違うかもしれませんが、ショービジネスになった“ちょっと未来の戦争”をショートショート風に書きました。 もしかしたら現在…

  2. ある朝の毒虫 – 8 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 10日前
    • 18,639文字

    セブジとオガ。シーシがなぜできたのか、今明らかに。

  3. ある朝の毒虫 – 7 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 27日前
    • 17,500文字

    タォヤマがひっくり返ったと連絡を受けたセブジはイェナへ向かっていた。思い出すのは昔のことばかりだ。

  4. ある朝の毒虫 – 6 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 1ヶ月前
    • 39,392文字

    このままでは埒が明かないとシーシを連れ出して逃げ出すことにしたタォヤマ。しかしすぐにチトが追ってきて――

  5. ある朝の毒虫 – 5 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 1ヶ月前
    • 31,092文字

    襲撃者とともに奈落の底へ落ちたタォヤマはどこかへ移動したらしいが…

  6. ある朝の毒虫 – 4 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 1ヶ月前
    • 9,771文字

    ひとまずシーシの面倒を見ることにしたタォヤマはガイに協力を頼むが…

  7. ある朝の毒虫 – 3 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 1ヶ月前
    • 13,656文字

    ようやく一人の時間ができたタォヤマは街歩きをすることにしたが、予想もしない相手につかまる。

  8. ある朝の毒虫 – 2 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 1ヶ月前
    • 21,584文字

    無事にイェナに到着したタォヤマ。無事に仕事を始められると思いきや――?

  9. ある朝の毒虫 – 1 ある朝の毒虫 / 小説

    • 斧田小夜
    • 2ヶ月前
    • 18,216文字

    楽園はここまでだ。 老木のように黒い肌をした男が二つの目をてろりとひからせて彼を見た時、タォヤマはつい腹の中でそんなことを思った。 背後の出星系審査官はほがらかな調子ですでに次の相手をしている。…

  10. アノニマス – 2 アノニマス / 小説

    • 斧田小夜
    • 2ヶ月前
    • 5,735文字

    個人情報の保護が勘違いされたまま行くところまで行き着いた世界にすむぼく。個人情報を守るため、他者と触れ合うことのなかったぼくが人に触れたとき、何を思うのか?