タグ: SF 205件

  1. はじめてのとむらい 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 13年前
    • 6,622文字

    役所からかかってくる電話は語り手を怯えさせる。語り手の息子が果たさねばならない仕事は。近未来SF。

  2. いっしょにあるこう 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 13年前
    • 8,047文字

    近未来を思わせる谷底の世界で、「二番目の息子」は声高に叫ぶ。噂が蔓延しないためにも、父の身体が腐る前に葬ってやらねばならない。

  3. ミス失敗国家の悩みごとは…… 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 13年前
    • 6,351文字

    海岸沿いに建つ「みぎわの家」は、猿たちが行列をなす娼家である。そこにいる唯一の娼婦「ミス失敗国家」の口癖は「困ったわ」だった。

  4. 重力に逆らうな、寝ろ 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 13年前
    • 6,207文字

    800万人の命を奪い、禁固2億8千万年の判決を受けた武器開発者アルフォンソ・ベンスラ。超人的な知識人であるとともに「重力に逆らうな」という奇妙な哲学の持ち主である彼の日々を、刑務官の「私」は冷静…

  5. 恋は盲目 小説

    • 渟足川祐也
    • 11年前
    • 9,583文字

    重度神経症のサラリーマンが色眼鏡をかけた盲人の集団に喫茶店で出くわしたら、彼らを産業スパイと誤解するかもしれません。そのような人間同士のもつれ合いを、近未来の設定で書いてみました。スプラッタアぎ…

  6. 自殺機 小説

    • 川崎宏平
    • 10年前
    • 5,179文字

    祭の日、俳優の小野寺純は、馴染みの喫茶店にいた。店内に、自殺機について話している老人と中年男がいた。会話に耳を傾けていると、小野寺の携帯電話が鳴る。電波が入りそうな場所を探しているうちに、自殺機…

  7. 英雄学校 小説

    • 松山チョッパク
    • 10年前
    • 5,396文字

    ヒロイズムをもった高校生が英雄学校の入学説明会に行く。批判的な 高校生に対し、世界統一をもくろむ校長のとる英雄的行動とは。

  8. 十年旅行 小説

    • 今川久古
    • 10年前
    • 6,542文字

    十年前に旅行してみた。あまり変わらないものと、ちゃんと変わって いるもの。

  9. じユうかんステキ 小説

    • 平行基
    • 10年前
    • 5,017文字

    犬と暮らす女の話。トレーダーである彼 女は自らを法人格化し、人間ではなく一個の会社として過ごしていた。犬は父から与えられた、一種の監視装置だった。ある日突然、株の大暴落に見 舞われ彼女は破産する…

  10. ないしょだよ 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 5年前
    • 4,619文字

    子供が生まれることが許されない町の住人「ぼく」が語る「かしきのこ」の秘密とは。破滅派きっての鬼才が送るダークファンタジー。