ジャンル: エセー 111件

  1. 自分より年上の子ども エセー

    • 高橋文樹
    • 3日前 更新
    • 7,181文字

    長崎から来た山谷感人の東京滞在についてのエッセー。山谷本人のプライバシーや尊厳への配慮は一切しない。それで家族が揉めても私の知ったことではない。

  2. Natural Born Fairies ~織田作之助について⑨~ エセー

    • 九芽 英
    • 20日前
    • 3,350文字

    太宰治、坂口安吾、織田作之助の無頼派3人衆の作品を指して「大人の童話」と言われることがあります。実にしっくりくる言葉ではないでしょうか。彼らの特性は戯れに童話を作り出すことなのだと思います。正に…

  3. 後日譚 エセー

    • 山谷感人
    • 21日前
    • 1,927文字

    かぶきもの、負傷をばす。

  4. Natural Born Fairies ~織田作之助について⑧~ エセー

    • 九芽 英
    • 25日前
    • 3,346文字

    オダサクは世界を変えるつもりなんて全く無かったし、何かを訴えたかったわけでもないでしょう。教科書に載るなんてもってのほか。むしろ不名誉です。「どや、おもろいやろ。もっともっと書いたるでぇ。」と、…

  5. サヨウナラ、山谷先生。 エセー

    • 山谷感人
    • 27日前
    • 1,685文字

    僕が他界するのでは、ない。ルーツがなくなるので、ある。山谷のヤドで即興で書く。

  6. Natural Born Fairies ~織田作之助について⑦~ エセー

    • 九芽 英
    • 28日前
    • 3,369文字

    小説の歴史の始まりを坪内逍遥の『小説神髄』とするならば、それは1885年のこと。オダサクの時代はそれから5,60年しか経っていないわけです。もちろんその間にも沢山の天才が生まれたわけですが、面白…

  7. Natural Born Fairies ~織田作之助について⑥~ エセー

    • 九芽 英
    • 31日前
    • 5,186文字

    坂口安吾も実に文章が上手い。僕は「無頼派」という言い方よりも「戯作派」という言葉の方が好きなんです。確かに坂口・太宰・織田の三人は個性としては「無頼派」でしたが、その文学的特性は文章の巧みさにあ…

  8. 夫婦喧嘩 エセー

    • 山谷感人
    • 1ヶ月前
    • 1,346文字

    一時間ほど暇な故、即興エセーを久々にとアップする。 遊民とは、辛くとも愉快に生きねば、ならない。

  9. Natural Born Fairies ~織田作之助について⑤~ エセー

    • 九芽 英
    • 1ヶ月前
    • 5,366文字

    こう書いてますが、『可能性の文学』は面白いです。オダサクの作家人生のダイジェストのようなものだと思います。そんなものを死の直前に書き上げるなんて、オダサクには自分の運命が分かっていたのでしょうか…

  10. Natural Born Fairies ~織田作之助について④~ エセー

    • 九芽 英
    • 1ヶ月前
    • 4,805文字

    70年の時を経て、オダサクは火の鳥の如く復活を遂げようしています。「文豪ストレイドッグス」、「文豪とアルケミスト」でその名前が知られ、電子書籍によって作品が身近になりました。これは本当に10年前…