ジャンル: エセー 120件

  1. 永遠になる夢 エセー

    • メロングラス
    • 2ヶ月前
    • 2,166文字

    最高の祝福と最高の恍惚は、紙一重であり、だぶっている。その中で泳ぐ魚は、鉛色の煙を上げて腐ってる。バランス感覚は思い込みに等しい。快感こそ自然である。

  2. どんぐり拾い エセー

    • 大猫
    • 3ヶ月前
    • 3,108文字

    全くの実話です。子供の工作の宿題のために夜中の公園にどんぐりを拾いに行くというだけの話です。

  3. 完結、『新代田のマシオ』 エセー

    • 牧野楠葉
    • 3ヶ月前
    • 2,280文字

    こんな生温いゆるふわ少女のことを言っている暇があったら早く群像の小説の続きを書けよ、もっと超絶巧なってから言えよ(怒)という感じの内容ですが、ふと書きたくなったので書きました。笑

  4. フェアウェル・ツアー招待状。 エセー

    • 山谷感人
    • 4ヶ月前
    • 1,193文字

    フェアウェルとは、さらば、サヨウナラの意味である。招待状を、どうぞ。

  5. 黄砂舞う西安バスツァー エセー

    • 大猫
    • 6ヶ月前
    • 3,826文字

    中国・西安のちょっとグロいバスツァーの旅行記です。ずいぶん昔の話です。今はどうなっているのだろうか(しみじみ)

  6. 救急車燃やす エセー

    • キリコ
    • 6ヶ月前
    • 2,077文字

    わいがボルヘスや。分かったか。昔書いたやつじゃ。

  7. 胸毛百珍 エセー

    • 大猫
    • 6ヶ月前
    • 2,170文字

    初めまして。大猫と申します。ご挨拶代わりに数十年前に書いたエッセイを投稿いたします。胸毛に関する文芸の香り高いアホなエッセイです。クラークゲーブルとかロバートレッドフォードとか、ハリウッド俳優が…

  8. 文学だけにできること メタメタな時代の曖昧な私の文学 / エセー

    • 高橋文樹
    • 6ヶ月前
    • 5,493文字

    2010年から連載してきたこのエッセーもついに最終回となる。本稿では、連載を通じて触れてきた「テクノロジーと文学」ということに対する考察ではなく、単に文学だけができることについて、現時点での私の…

  9. 役所vs山谷(with B) 二 エセー

    • 山谷感人
    • 10ヶ月前
    • 1,516文字

    先ずは役所の小娘との不和から、全ては始まった。 お手伝い労務の合間、事務所にて打ち込む、書き下ろしスマホ・エセー。

  10. 役所vs山谷(with B) 一 エセー

    • 山谷感人
    • 10ヶ月前
    • 966文字

    不毛な戦の始まりで、ある。 即興・読み直しなしスマホ・エセー。