ジャンル: エセー 126件

  1. 登録3周年に託けて この混血を笑え エセー

    • Juan.B
    • 2日前 New!
    • 9,218文字

    ※Juan.Bオリジナル作品。 ※自作品と近辺について。引用は破滅派における三年間のハイライトである。 ※画像はシェイクスピア劇のムーア人オセロである。俺は彼ほど精悍ではないし末路を辿りたく…

  2. 本当はSF作家になりたかった巨匠・ボルヘス エセー

    • 岩田レスキオ
    • 11日前
    • 10,325文字

    ノーベル文学賞を受賞しなかった事が二十世紀文学史七不思議の一つとされる(ヤバい理由が色々あったんですが)現代文学の巨匠・アルゼンチンのボルヘスが、実は本当になりたかったのはSF作家だった、という…

  3. 何をしたって投げた灰皿は死ぬまで海老蔵を苦しめる エセー

    • リーベンクイズ
    • 2ヶ月前
    • 3,109文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ自叙伝「海老蔵と生きた季節」抄録

  4. 僕とキムの全てをロックンロールと呼べ エセー

    • リーベンクイズ
    • 3ヶ月前
    • 4,533文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ自叙伝「キムの水爆を食べたい」抄録

  5. 日本共和国憲法草案 エセー

    • Juan.B
    • 3ヶ月前
    • 13,807文字

    ※Juan.Bオリジナル作品(?) ※この草案はあくまで過渡期的・メモ的に、穏健に構成されたものであって、著者の主張を全て説明したり確定するものではない。この草案はいつでも変更、破棄される可能…

  6. 日本人の肖像 エセー

    • Juan.B
    • 3ヶ月前
    • 5,014文字

    ※Juan.Bオリジナル作品。 ※2018年8月15日東京都における記録。

  7. 永遠になる夢 エセー

    • メロングラス
    • 6ヶ月前
    • 2,166文字

    最高の祝福と最高の恍惚は、紙一重であり、だぶっている。その中で泳ぐ魚は、鉛色の煙を上げて腐ってる。バランス感覚は思い込みに等しい。快感こそ自然である。

  8. どんぐり拾い エセー

    • 大猫
    • 7ヶ月前
    • 3,108文字

    全くの実話です。子供の工作の宿題のために夜中の公園にどんぐりを拾いに行くというだけの話です。

  9. 完結、『新代田のマシオ』 エセー

    • 牧野楠葉
    • 7ヶ月前
    • 2,280文字

    こんな生温いゆるふわ少女のことを言っている暇があったら早く群像の小説の続きを書けよ、もっと超絶巧なってから言えよ(怒)という感じの内容ですが、ふと書きたくなったので書きました。笑

  10. フェアウェル・ツアー招待状。 エセー

    • 山谷感人
    • 8ヶ月前
    • 1,193文字

    フェアウェルとは、さらば、サヨウナラの意味である。招待状を、どうぞ。