タグ: ミステリー 137件

  1. 岡本尊文とその時代(四十一) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 6日前 更新
    • 338文字

    『岡本尊文とその時代』第四十一回(最終回)

  2. 「だから私達は死ぬことにします」 小説

    • kogoe
    • 8日前
    • 12,256文字

    人生の最期を誰と過ごすことができるのか? と考えた時に、自分では最後のパートナーを選ぶことはできないんだろうな。と思いました。 人生の最期はロマンチックに終わりたい。そんな願いと、自殺未遂した…

  3. 岡本尊文とその時代(四十) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 22日前 更新
    • 22,491文字

    天がそう言っているのだから、そうなのです。

  4. 岡本尊文とその時代(三十九) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 24日前 更新
    • 916文字

    絶対に思い出す事の出来ない記憶であった。

  5. 岡本尊文とその時代(三十八) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 1ヶ月前 更新
    • 1,675文字

    二〇一六年は重要な年だと云う事を強く主張してはいましたね。

  6. 祭りの終わり ショートショート・ストーリーズ2(ちょっと長め) / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 3,986文字

    合評会2019年09月お題は「地元」 自分のことを書くのは恥ずかしいですね。 余談ですが、私の弟は小説の中に出てくる神社の十九代目宮司に名前を付けてもらいました。

  7. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 1ヶ月前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。

  8. 岡本尊文とその時代(三十七) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 1ヶ月前 更新
    • 1,762文字

    誰もが挨拶を交わし、自然と自分の事を語り合います。

  9. 泥で建てた家 / 小説

    • 長崎 朝
    • 2ヶ月前
    • 4,308文字

    変形の習作。靴べらの貸し出しはございません。

  10. 改元難民 泥で建てた家 / 小説

    • 長崎 朝
    • 2ヶ月前
    • 10,866文字

    『破滅派』14号応募原稿です。