タグ: ミステリー 136件

  1. ようこそ、柘榴館へ 柘榴の棺 / 小説

    • 倉世朔
    • 1日前 New!
    • 2,397文字

    テイラー看護師はなぜ死んだ?という疑問と恐怖が薄らいでいく。オルフェはそんな自分がおかしいと思いながらも、大人しく教授の言うことを聞いていた。3人のお友達を迎え、開けた扉から放たれたのは。 よ…

  2. それはまるで毛布のなかの両手みたいで 小説

    • 中田満帆
    • 2ヶ月前
    • 35,798文字

    かつて書いたふたつの短篇にあたらしい短篇を挟んで、あたらしい作品をでっちあげました。どうぞ。

  3. ハイパー・バラッド 小説

    • ルム
    • 3ヶ月前
    • 3,022文字

    レーズンパンを一口食べて自分が愛だと思っていた感情が恋だったと気づいてしまった男の、少女との給食の時間から始まる出来事の独白です。 愛したくて守りたかった少女との、無責任で間違った恋のかたちを…

  4. 岡本尊文とその時代(四十一) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 3ヶ月前
    • 338文字

    『岡本尊文とその時代』第四十一回(最終回)

  5. 「だから私達は死ぬことにします」 小説

    • kogoe
    • 3ヶ月前
    • 12,256文字

    人生の最期を誰と過ごすことができるのか? と考えた時に、自分では最後のパートナーを選ぶことはできないんだろうな。と思いました。 人生の最期はロマンチックに終わりたい。そんな願いと、自殺未遂した…

  6. 岡本尊文とその時代(四十) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 22,491文字

    天がそう言っているのだから、そうなのです。

  7. 岡本尊文とその時代(三十九) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 916文字

    絶対に思い出す事の出来ない記憶であった。

  8. 岡本尊文とその時代(三十八) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 1,675文字

    二〇一六年は重要な年だと云う事を強く主張してはいましたね。

  9. 祭りの終わり ショートショート・ストーリーズ2(ちょっと長め) / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 4ヶ月前
    • 3,986文字

    合評会2019年09月お題は「地元」 自分のことを書くのは恥ずかしいですね。 余談ですが、私の弟は小説の中に出てくる神社の十九代目宮司に名前を付けてもらいました。

  10. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 4ヶ月前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。