タグ: 純文学 313件

  1. 新死鬼 小説

    • 寺原緩歩
    • 1日前 New!
    • 8,756文字

    細霧、東雲に道を濡らす 疲れ、途に倒れ、人知れず死す

  2. 宗田 小説

    • 牧野楠葉
    • 1日前 New!
    • 3,595文字

    2019年5月度合評会『善悪と金』、応募作品。

  3. 岡本尊文とその時代(十三) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2日前 New!
    • 3,476文字

    認めるか認めないかの二択であり、信じるか信じないかの二択である。

  4. 閻魔 小説

    • 沖灘貴
    • 3日前 更新
    • 3,987文字

    2019年5月合評会「善悪と金」応募作。

  5. 桜の写真 小説

    • 多宇加世
    • 4日前 更新
    • 2,453文字

    合評会2019年05月・お題「善悪と金」応募作品です。

  6. デイジーズライトハンド 第4回 デイジーズライトハンド / 小説

    • 多宇加世
    • 4日前 更新
    • 3,595文字

    走っている最中、思ったのは、松の葉をいっぱい集めれば、そこに鳥が卵を産まないだろうかということ。やってみる価値はありそう。 最終回です。 全4回

  7. 岡本尊文とその時代(十二) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 5日前 更新
    • 4,328文字

    二〇一一年、宇宙の法則はインターチェンジしました。

  8. デイジーズライトハンド 第3回 デイジーズライトハンド / 小説

    • 多宇加世
    • 5日前 更新
    • 13,331文字

    「大人一枚と子供二枚」 「下のお子さん、おいくつですか?」 「三歳です」 「でしたらチケットは二枚だけでお楽しみいただけます」 全4回

  9. デイジーズライトハンド 第2回 デイジーズライトハンド / 小説

    • 多宇加世
    • 6日前 更新
    • 8,435文字

    急激な熱波は、その事件の初動のあらゆる解釈をひとまずはねつけて、その街を一夜にして国中で有名にした。 全4回

  10. デイジーズライトハンド 第1回 デイジーズライトハンド / 小説

    • 多宇加世
    • 7日前 更新
    • 17,223文字

    Hは朝目覚めるとやることがみっつある。ひとつは朝食を作ること。これは簡単。パンを焼くていどだから。ひとつは姉のデイジーを起こしに行くこと。デイジーはなかなか起きてくれない。これは苦労する。そして…