タグ: 純文学 651件

  1. どうでもいいこと 小説

    • 天汁ちしる
    • 3日前 New!
    • 5,118文字

    私が部屋を出る時、たいてい男たちはまだほぼ同じ体勢のままペニスの先から精液を出し続けている。ゆっくりとごく少量ずつ。こっちを振り返っているのもいる。私の消失に気づいた男だ。

  2. わかっていない 小説

    • 白城マヒロ
    • 3日前 更新
    • 11,633文字

    短編集には未刊行のBIG LOVE小説です。品のないことを詰め込んだせいだと思っています。

  3. 彼の一六歳日記 小説

    • 白城マヒロ
    • 3日前 更新
    • 11,061文字

    短編集には未刊行の作品です、わたしなりのLove小説です。

  4. 悪魔の契約 絶世の美女 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4日前 更新
    • 8,167文字

    最近粗品さんのyoutube見てます。面白いです。

  5. 枯木朽株 小説

    • 松尾模糊
    • 9日前
    • 4,002文字

    ≪ルクセンブルク公園のショパン記念碑≫ルソー 1909年 47×38cm 所蔵:エルミタージュ美術館 5月度合評会テーマ「ソビエト連邦」応募作。

  6. 絶世の美女 絶世の美女 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 12日前
    • 7,952文字

    作品集のタイトルにつけてしまったので後付けで書きました。

  7. 歩いていると不意に殴られた 小説

    • 高橋文樹
    • 14日前 更新
    • 6,339文字

    保坂和志の小説論をパロった小説。保坂の『書きあぐねている人のための小説入門』を読んだところ、悪い例として「歩いていると不意に殴られた」という書き出しが挙げられていたので、逆にその書き出しで小説を…

  8. 新幹線の中で妻が金魚 小説

    • 鮭さん
    • 15日前
    • 395文字

    妻が金魚である。新幹線の中で妻が金魚である。

  9. ママ友たちに愛を 絶世の美女 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 20日前
    • 8,916文字

    ゴールデンウィークに旅先で書きました。『甘い予感』というタイトルになるはずでしたがやめました。

  10. 存在証明

    • 佐藤宏
    • 26日前
    • 950文字

    若いころに書きました。当時、週休ならぬ月休二日の職場で働いていて、しかも毎日のように残業もあって、夜中に職場に残って突如書きたい衝動が沸いてワープロにしたためたものです。当時のいろんな思いがこも…