タグ: 純文学 543件

  1. 虚空の中の愛 小説

    • 古戯都十全
    • 8日前
    • 4,076文字

    参照作品『軽蔑』(監督ジャン=リュック・ゴダール、1963年  やや倦怠気味の女優と脚本家の夫婦がプロデューサーに招かれイタリアのカプリ島に赴くが、二人の関係は徐々に悪化の道をたどる。プロデュー…

  2. 恋するフランス・ギャル 小説

    • 駿瀬天馬
    • 10日前
    • 4,587文字

    合評会2020年3月(テーマ「フランス映画」)参加作品。 『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』みたいなものを書こうとして結果的に全然違うものになりました。 その他の参照映画:『アメリ』『ムード…

  3. Rouge 小説

    • 浅野文月
    • 18日前 更新
    • 2,643文字

    トリコロール・赤の愛 クシシュトフ・キェシロフスキ監督 1994年 フランス・ポーランド・スイス合作 〈あらまし〉 ヴァランティーヌは学業の傍らモデルをしていた。ヴァランティーヌは車で犬を轢…

  4. ここ十年 掌編奇譚 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 24日前
    • 1,995文字

    量子力学と朱子学は非常に似ている。「気」を「粒子」とすれば、ほとんどそのままである

  5. ウェンズデイ 小説

    • 井上 央
    • 25日前
    • 2,264文字

    多分、水曜日でない日はない。 少女はそう思い込んで背を正してみる。 青春期真っ只中の少女が織りなす、煌びやかなドタバタ青春コメディ。

  6. オフィーリアの死(最終話) オフィーリアの死 / 小説

    • 浅野文月
    • 29日前
    • 3,092文字

    ボレロを踊りきった水沢令とオーケストラの指揮をした清水孝弘。あの美術館の横に現れたオーケストラと彼女の一世一代の踊りは一体何であったのか? 夢と挫折。生と死。そして物語は一気に現実へと戻される…

  7. オフィーリアの死(四) オフィーリアの死 / 小説

    • 浅野文月
    • 30日前
    • 4,650文字

    ジゼルを踊り失敗してしまった水沢令は、清水孝弘に最後の願いを申し出る。それは一世一代としてボレロを踊ること。 夢と挫折。生と死。そして物語は幻想へと進んでいく。 岩手日報社『北の文学』第79…

  8. オフィーリアの死(三) オフィーリアの死 / 小説

    • 浅野文月
    • 1ヶ月前
    • 3,574文字

    目の前に突如現れた不思議なオーケストラ。そのオーケストラをこの僕が指揮をし、そして挫折を経験した水沢令が踊る。 夢と挫折。生と死。そして物語は幻想へと進んでいく。 岩手日報社『北の文学』第7…

  9. 第二、第四倍音(或は「野良猫4」) 小説

    • 浅羽 英一
    • 1ヶ月前
    • 2,336文字

    芸術家の魂は受け継がれて、普遍の価値は減じることはない。

  10. マーベリックなら何て言う?(第3話) マーベリックなら何て言う? / 小説

    • 駿瀬天馬
    • 1ヶ月前
    • 4,354文字

    全3話 『トップガン』の続編が楽しみで書きました。