タグ: サスペンス 61件

  1. ようこそ、柘榴館へ 柘榴の棺 / 小説

    • 倉世朔
    • 5日前 更新
    • 2,397文字

    テイラー看護師はなぜ死んだ?という疑問と恐怖が薄らいでいく。オルフェはそんな自分がおかしいと思いながらも、大人しく教授の言うことを聞いていた。3人のお友達を迎え、開けた扉から放たれたのは。 よ…

  2. 東京ギガストラクチャー (八) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 7日前
    • 5,843文字

    俺は一人で京都へ来ていた。山口でひきこもっていた十年間、最も俺がコミュニケーションをとっていた人物、平岩教授に会うためだった。 当時彼女と日常的にチャットをし、四百七十キロ近く離れた京都の大学ま…

  3. 東京ギガストラクチャー (七) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 11日前
    • 9,621文字

    細かい政治的シナリオを補強する参謀が必要だった。 ニシキが官僚や政治家のツテを辿って探し回っているが、ある種の俯瞰的な思考と様々なSUA組織の細部に通じている人材であり、かつSUAに反抗的な思想…

  4. セヴンス・サイン ソポ・チエ・テイネ / 小説

    • アシリ・ユク
    • 13日前
    • 2,210文字

    本作とイングヴェイ・マルムスティーンには陰謀論的関連性はございません。

  5. 東京ギガストラクチャー (六) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 15日前
    • 4,386文字

    葛野という男がニシキを経由して俺に会いたいと言ってきた。 彼も茂山同様元自衛軍、防衛大臣直属の中央即応集団特殊作戦群に所属していたエリート中のエリートだった。年は俺と同じ二十八、百九〇センチ以上…

  6. 東京ギガストラクチャー (五) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 19日前
    • 7,047文字

    SUAを破壊できる情報機関を立ち上げるにあたって、必要な人員を集めなければならない。 まずは情報収集・工作のプロは不可欠な存在だ。 ニシキは官僚の人脈を利用して、俺を勧誘する前から既に退役した情…

  7. あの看護師はもう 柘榴の棺 / 小説

    • 倉世朔
    • 23日前
    • 1,921文字

    フォークを太股に突き刺されて喘いでいた子供を横目に、オルフェは研究所の一部である柘榴館の孤児になったことを告げられる。これからの孤児生活と、血が舞うこの柘榴館での生活に不安と恐怖と絶望が混ざり合…

  8. 東京ギガストラクチャー (四) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 23日前
    • 3,340文字

    俺が話を聞く限り、鷺沼ニシキの父は国立大学の脳科学者で厳格な人、母は専業主婦で穏やかな人だったようだ。清潔で優しさに満ちた家庭に育ったのだとおもう。戦争も父には関係なかったらしい。まるで別の国で…

  9. 始めに聞こえた叫び声 柘榴の棺 / 小説

    • 倉世朔
    • 25日前
    • 1,025文字

    絶対的な悪に関する研究「柘榴計画」の被験体にされ、強制的に悪童にされた子供たち。研究所に入ったばかりの主人公オルフェ・ハーバーとリンデ、ルモとその妹ビスは悪童の巣窟となった研究所から脱出し、教授…

  10. 東京ギガストラクチャー (三) 東京ギガストラクチャー / 小説

    • 尾見怜
    • 26日前
    • 6,253文字

    わたしは大蔵アオイ、上野のスラムで男性相手の接客業をしている。 生活にこまることはないが、ずっと今の仕事はつづけたくない。 かといってほかの仕事ができるわけでもないし、結婚をすることもいまいちピ…