タグ: メタフィクション 83件

  1. ないないづくしで蚊が鳴いて 小説

    • 春風亭どれみ
    • 3日前 更新
    • 3,776文字

    合評会2020年1月お題『普通』 ところかわれば、品かわり、立場が変われば、身振りもかわり……大翔って今の子に多い名前、いいですよね。追手風部屋の力士みたいで。遠藤大翔なんて今っぽい名前か…

  2. 涅槃の二流小説家 小説

    • 松尾模糊
    • 2ヶ月前
    • 3,827文字

    チェーホフの銃(Chekov’s gun):物語の早い段階で用いられた要素が後段で重要な意味を持っていたことを明かす文学的技法。アントン・チェーホフの「ストーリーに持ち込まれたものは、全て後段の…

  3. ぐるぐる回転、小鳥の死 小説

    • 髙橋拓也
    • 3ヶ月前
    • 3,934文字

    刹那的練習小説

  4. 岡本尊文とその時代(四十一) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 3ヶ月前
    • 338文字

    『岡本尊文とその時代』第四十一回(最終回)

  5. 岡本尊文とその時代(四十) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 22,491文字

    天がそう言っているのだから、そうなのです。

  6. 岡本尊文とその時代(三十九) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 916文字

    絶対に思い出す事の出来ない記憶であった。

  7. 岡本尊文とその時代(三十八) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4ヶ月前
    • 1,675文字

    二〇一六年は重要な年だと云う事を強く主張してはいましたね。

  8. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 4ヶ月前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。

  9. 岡本尊文とその時代(三十七) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 5ヶ月前
    • 1,762文字

    誰もが挨拶を交わし、自然と自分の事を語り合います。

  10. 岡本尊文とその時代(三十六) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 5ヶ月前
    • 3,411文字

    二度と精神分析なんてしなくなる人も出て来るでしょう。