タグ: メタフィクション 77件

  1. 岡本尊文とその時代(三十八) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 6日前 更新
    • 1,677文字

    二〇一六年は重要な年だと云う事を強く主張してはいましたね。

  2. 喫水線 小説

    • 長崎 朝
    • 11日前
    • 12,157文字

    ――見知らぬ死者のために。 市民プールのロッカー。宛名のない手紙のような小さなメモ書き。錯綜する「存在しない者」たちの幻影。 個人的な、まったくわけのわからない痙攣的文書です。

  3. 岡本尊文とその時代(三十七) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 14日前
    • 1,778文字

    誰もが挨拶を交わし、自然と自分の事を語り合います。

  4. 岡本尊文とその時代(三十六) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 30日前
    • 3,423文字

    二度と精神分析なんてしなくなる人も出て来るでしょう。

  5. 岡本尊文とその時代(三十五) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 1ヶ月前
    • 3,739文字

    在るようで無い、しかし無い筈がないからやはり在る。

  6. 岡本尊文とその時代(三十四) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2ヶ月前
    • 3,208文字

    『晴天の会』に近付くのはやめた方が好い。

  7. 岡本尊文とその時代(三十三) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2ヶ月前
    • 2,363文字

    「自己受容」無しに「自己肯定」は在り得ない。

  8. 岡本尊文とその時代(三十二) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2ヶ月前
    • 2,664文字

    本当に、それこそこれは、パラノイアなのかも知れん。

  9. 岡本尊文とその時代(三十一) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2ヶ月前
    • 2,380文字

    それは、偶然を装った形で、あなたにその存在を気づかせます。

  10. 岡本尊文とその時代(三十) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 2ヶ月前
    • 2,879文字

    はっきり申し上げて、僕は先生の事を疑っています。