ジャンル: 小説 2,139件

  1. プロポーズ 小説

    • 齋藤雅彦
    • 49分前 New!
    • 930文字

    日本は妖怪大国である。  妖怪というと前近代の社会の妄想の産物のようにとらえられがちだが、現実に存在する。  最近わたしが知った妖怪は、誕生日を祝う妖怪である。    あなたは地方から…

  2. カレー 小説

    • 齋藤雅彦
    • 4時間前 New!
    • 289文字

    カレーの虜になった女の悪魔が、カレー専門店でバイトを始めた。開店前、店の前を掃除していると、頰がげっそりとこけ、無精髭を生やした男がふらふらしながらやってきた。おねえさん、何か食べさせてください…

  3. 悪魔 小説

    • 齋藤雅彦
    • 4時間前 New!
    • 737文字

    実業家と人気タレントの交際が日々、さかんに報じられる一方で、ワーキングプアはキャバクラに行くこともできず、当然ながらスポットを当てられることもなく、休日を無気力に過ごしている。それは誰? 僕。 …

  4. そもそも女は問題を解決する気がない。解決したら話すネタがなくなってしまうからだ。女が本当に問題だと思っているのは話すネタがなくなってしまうことである。 小説

    • 齋藤雅彦
    • 13時間前 New!
    • 1,199文字

    財布に九〇円しかなかった。図書館に行くことにした。  入口近くに、春の本、と題したコーナーがあった。春告げ鳥、夜桜、桜新町商店街マップ、春のアレルギー、春画の世界、梅の育て方、梅酢ドリンクで医者…

  5. 女性ホルモンが思春期に大量に作られることで男性脳も女性化する 小説

    • 齋藤雅彦
    • 17時間前 New!
    • 842文字

    日本に初めてチョコレートを伝えたのはポルトガルの宣教師ルイス・フロイスである。現在、日本で流通しているチョコレートとは違い、食料にとぼしい時期に庶民が食していたもので、あまり美味しいものではなか…

  6. ウチの妻は何をやっている人? 小説

    • 齋藤雅彦
    • 22時間前 New!
    • 514文字

    俺は何を隠そう、専業主夫である。  働く気がないわけではない。  妻の稼ぎがパないから働かないだけのこと。  妻も、しょぼいバイトで時間をつぶしているよりは、小説書いたりとか、わたしにはできない…

  7. 困っている 小説

    • 齋藤雅彦
    • 22時間前 New!
    • 355文字

    先日、ちーちゃん(愛猫/二歳)の首に皮膚病を発見し、動物病院に連れて行った。  先生が言うには、ほっといてもひと月くらいで治るが、注射すればたちまち治るとのこと。  だが注射すると五千円の診療費…

  8. 価値観なんてものは好き嫌いにすぎない 小説

    • 齋藤雅彦
    • 1日前 New!
    • 533文字

    晴れていた。暑かった。学校は、さぼることにした。自転車をこぎながら、こんなんじゃ大人になってまともな収入は望めないな。と考えたがなあに、身長にしても収入にしてもずば抜けて高い人が平均値を上げてい…

  9. カカユキヤカハ 小説

    • 齋藤雅彦
    • 1日前 New!
    • 576文字

    花火が鳴った。祭りが始まったのだ。僕は一日ベッドで本を読んでいたかったが、妹にカカユキヤカハをせがまれていたから、しぶしぶ着替えて、会場の公園に向かった。  るなを中心とした派手なグループが、ス…

  10. 匂いのはなし 小説

    • ハギワラシンジ
    • 1日前 New!
    • 1,680文字

    うんこ、爪の間。カナブンの羽を注意深く剥がす。