ジャンル: 小説 902件

  1. ドリーム・イーター 小説

    • よたか
    • 3日前 更新
    • 2,514文字

     テレビに勢いがなくなった少しだけ未来のお話です。過去の栄光を忘れられない某国営放送の人々が、会議室で責任を押し付け合っておりました。 『ドリーム・イーター』は群雛のSSコンテストに応募し…

  2. 大人はゆずってくれない 小説

    • 高橋文樹
    • 5日前 更新
    • 2,748文字

    「もしテロリストが学校を占拠したら」という妄想が人類に普遍的な幻想で、フランス人の男子中学生もまた、退屈な授業の間にこんなことを考えているのかもしれない。

  3. No.16 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 6日前 更新
    • 3,769文字

    合評会8月「パリでテロがあった」応募作。穴を覗き見る悦びと、穴を食いつくす悲しみについて。

  4. テロリズマ・パリ 小説

    • よたか
    • 7日前 更新
    • 2,761文字

    短編集『ちょっと未来のうらがわで』用に考えていたお話です。テロとはちょっと違うかもしれませんが、ショービジネスになった“ちょっと未来の戦争”をショートショート風に書きました。 もしかしたら現在…

  5. ネコの名をなんと名づける初冬の夜 小説

    • 亜山寿
    • 7日前
    • 2,402文字

    そのニュースを見たのは、猫テロリストとの奮闘のさなかだった。パリでテロが起こったのは、1Kにて「あたし」の猫飼い生活がスタートした一週間後だった。

  6. Le Cri du merde 小説

    • Juan.B
    • 8日前 更新
    • 4,160文字

    ※2017年08月合評会応募作品。 ※厳密な歴史的事象等に基づいていないが(にも関わらず)、爆弾を唯一の拡声器とした、19世紀末のある人々に捧げる。

  7. ある記録 小説

    • 斧田小夜
    • 8日前
    • 3,812文字

    合評会2017年08月「パリでテロがあった日」応募作。

  8. 日夏少年記 第9章 駆馬兄さん〈後編〉 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 9日前
    • 755文字

     実の兄のような存在である「駆馬兄さん」の「死」を覚悟できない少年、日夏轟の元へガダルカナル島にいる駆馬兄さんから手紙が届く。 ー駆馬編、完結。

  9. 理非道賛歌 リビドーサンカ 第3章 理非道賛歌 リビドーサンカ / 小説

    • 大和柚希
    • 11日前
    • 4,838文字

    【HANDLE】ハンドル 取手、肩書、口実

  10. 合評会2017年8月「パリでテロがあった日」| 小説

    • アクアミュージアム
    • 11日前
    • 3,576文字

    フィクションですが、主人公の影が最後は主人公です。