タグ: 哲学 75件

  1. 妄想 絶世の美女 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 9日前
    • 7,532文字

    ずいぶん苦労して書きました。妄想です。要するに。

  2. 革迷 小説

    • 片山 大地
    • 23日前
    • 147,246文字

     少子高齢化が進み、若者の7割が貧困に陥った現代の日本。賃金は下がり、一方で社会保障の負担額は増大し、生活が困窮して追い詰められた若者達は頻繁に暴走的犯罪を起こすようになっていた。

  3. テホの職場事情♯キャラクター名鑑1 小説

    • Cor.coll
    • 26日前
    • 1,103文字

    こちらはテホの職場事情のキャラクター名鑑となってます。よろしくお願いします!

  4. テホの職場事情♯1 堅物テホ 小説

    • Cor.coll
    • 26日前
    • 1,658文字

    アメリカ・アービングにある入浴剤メーカー、グリントの常務取締役となったテホ。堅物で冷静沈着。真面目で頭が良い。そんなロボット的な感情のテホだったが、グリントの社員たちに囲まれ、絡み合うことで人間…

  5. 日本的美意識覚書36-40 エセー

    • 佐藤宏
    • 3ヶ月前
    • 4,928文字

    書き殴りに過ぎないのですが。いままで書いてきたものを加筆修正して秋口にnoteかkindleで販売します。あまり販売の方法がわかってはいないのですが。

  6. 日本的美意識覚書31-35 エセー

    • 佐藤宏
    • 4ヶ月前
    • 4,428文字

    美意識のデモンに襲われ、脳内を引きずり回され、挙句ペンを手放せないでいます。毎日のように考えています。読むことよりも考えることのほうが多い日々です。破滅派のテーストと異なるようで気が引けますが、…

  7. 日本的美意識覚書26-30 エセー

    • 佐藤宏
    • 4ヶ月前
    • 5,190文字

    覚書として書いています。後程加筆修正します。

  8. 日本的美意識覚書21-25 エセー

    • 佐藤宏
    • 4ヶ月前
    • 2,913文字

    所謂日本的美意識についてつらつら書き記している。論理的破綻もあれば飛躍もあろうが、覚書という様式であるので許されたし。いずれまとまった著作(?)とする予定である。

  9. 「解毒」される文学  -その火を絶やさないために- エセー

    • 板宮リョウスケ
    • 4ヶ月前
    • 4,923文字

    昨今の文学作品に対する不当な風当たりの強さを嘆きつつ、文学が今置かれている状況について真面目に論じてみました。

  10. 落陽 エセー

    • ヘルスメイク前健
    • 8ヶ月前
    • 177文字

    真冬になると、つらつらと考えることです。