タグ: 哲学 60件

  1. 赤羽桃源郷 小説

    • 中野宮子
    • 10日前
    • 7,543文字

    素晴らしい赤羽を単なる言い訳にする堕落した女の話。書いてみてだけれど、短い小説とも、長いポエムとも思う。

  2. 島おじさんの哲学談義~島自我は海を越えて、メタ2021~ 小説

    • 松尾模糊
    • 14日前
    • 4,375文字

    大阪のリトルプレス/インディーズ出版店 兼 ギャラリー「犬と街灯」さんが主宰する"貝楼諸島”という架空の島々をテーマにした島アンソロジー参加作品です(詳細→https://twitte…

  3. 精神エネルギー保存の法則 エセー

    • 鈴木沢雉
    • 2ヶ月前
    • 4,286文字

    合評会2021年9月参加作品。ジャンルを評論にしようか迷ったのですが、内容と文体が限りなくエセーなのでエセーにしました。 [アイキャッチ画像:ヒトラーの飼い犬、ジャーマン・シェパードの『ブロン…

  4. エセー

    • ちりめんじゃこ
    • 2ヶ月前
    • 375文字

    当たり前の話ですが、しかし難しいことです。なぜなら皆利己的だから。

  5. 黄昏 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 2ヶ月前
    • 1,215文字

    沈む夕日の赤さは短い命であるが、それは非常に煌めいて美しい。

  6. 誰が生まれてない方が誰にとってよいか アンチナタリストIからの手紙 / エセー

    • 高橋文樹
    • 3ヶ月前
    • 9,471文字

    To be, or not to be. That is the question.——ハムレットはそう自問する。反出生主義によれば、明らかに生まれない方がよいのだが、では誰にとって良いのか、そ…

  7. 渦巻考 小説

    • 松尾模糊
    • 3ヶ月前
    • 5,787文字

    第四回阿波しらさぎ文学賞一次選考通過作(50/516)。うんちくをとことん醸成させました。

  8. 奈落

    • ちりめんじゃこ
    • 3ヶ月前
    • 184文字

    痴れ者が一番得をする。別に、それだけのことだ。

  9. マリムクエンテ~されど伝わらぬ彼らの絶望 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 3ヶ月前
    • 2,998文字

    神とは決して完璧ではない。それだけは理解して呉れ。

  10. 罪(旧題:レス・エルト・プラング) 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 3ヶ月前
    • 16,778文字

    常に人は何かしらの罪を犯しているのです……なぜならば、自由とは他の自由の侵犯によって自由であるのだから。