タグ: 哲学 6件

  1. リューシスティック遊戯

    • 狐塚月歩
    • 10ヶ月前
    • 697文字

    リューシスティックという言葉を題材にポエムを書いてみました。国道沿いにて風に流されるようにして去る短い夏の夜に小さな憐れみを。

  2. ここにいるよ(2) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 11,042文字

    愛するものについて、人は常に語りそこなう。ぼくはMとの出会いについて、ゆっくりと語り始める。

  3. どうということのない話 ハムスターに水を / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 25,359文字

    とりたてて取り柄のない「ぼく」は絶世の美女と一緒に暮らしている。少し精神のおかしい彼女は、日がな一日なにもせず、いもしない蛇と戦いを始めた。

  4. サイコサスペンス(3) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 7年前
    • 7,664文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  5. サイコサスペンス(2) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 7年前
    • 4,292文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  6. ゲシュタルト崩壊 小説

    • 柳澤仲次
    • 9年前
    • 6,297文字

    心理学用語で、全体性を持ったまとまりのある構造をゲシュタルトという。家から出たくてたまらない「俺」を襲う感覚がもたらすものは――「そうだ、アインシュタインは間違っている」