ジャンル: 評論 27件

  1. 三角関係が二つ、逆さまに合わせると六芒星 評論

    • 高橋文樹
    • 1ヶ月前
    • 1,309文字

    名探偵破滅派参加作。夕木春央『方舟』のラストを予想する。ネタバレを含むので、未読の方は注意されたし。

  2. 信頼ならないFラン大学の語り手 評論

    • 高橋文樹
    • 3ヶ月前
    • 1,936文字

    名探偵破滅派応募作。道尾秀介『ソロモンの犬』を四章まで読み、結末を予想する。本当は五章までだったのだが、間違えて四章でやめてしまった。追記をしてある。秋内という「信頼ならない語り手」を採用した本…

  3. 探偵は復讐しない 評論

    • 高橋文樹
    • 5ヶ月前
    • 1,506文字

    名探偵破滅派『楽園とは探偵の不在なり』参加作品。特殊設定ミステリーの設定事態で推理するスタイルを追求してみました。ネタバレ注意。

  4. 社会の傷跡 評論

    • 高橋文樹
    • 7ヶ月前
    • 1,130文字

    名探偵破滅派『天使の傷跡』(西村京太郎)応募作。ネタバレを含むので、未読の方はその点ご寛恕されたし。

  5. エエエアァクションンヌ!――あるいは、小説をドライブする要素について 評論

    • 高橋文樹
    • 9ヶ月前
    • 5,810文字

    欧米のエンターテインメント業界では、ストーリーを動かす要素として「アクション」という言葉が認知されている。この言葉を紹介するとともに、それが小説の速度にどのように関連しているかを論じる。

  6. 遅読派のための遅い小説と早い小説 評論

    • 鈴木沢雉
    • 9ヶ月前
    • 9,699文字

    どうしても本を早く読めない人のための、早く読める本を探すためのヒント。

  7. 昔一度だけ優しくしてくれた親戚のような 評論

    • 高橋文樹
    • 10ヶ月前
    • 4,521文字

    2022年2月に急逝した西村賢太『苦役列車』を読み直したので、感想文。山谷感人に勝手に予告されたので書く。

  8. 『クソデカ文芸時評』文庫版あとがき(カラタニ) 評論

    • 佐川恭一
    • 3年前
    • 3,980文字

    いまや伝説と言われているカラタニ円熟期の代表作『クソデカ文芸時評』。ヤバすぎる筋から文庫版のあとがきのみを入手したので許可なく公開する。

  9. 統計学と文学――文学にも統計学を―― 評論

    • 𝔚𝔞𝔨𝔢𝔦♣︎𝔜𝔞𝔡𝔞(ぽんきち)
    • 3年前
    • 1,438文字

    計量文献学という領域からのアプローチをみる

  10. 『受賞第一作』解説全文(樋口恭介) 評論

    • 佐川恭一
    • 3年前
    • 5,189文字

    文學界に新作『瞬きと瞬き』が掲載されたばかりの気鋭のSF作家・樋口恭介による『受賞第一作』解説全文を公開!佐川恭一作品全般をより楽しめるヒントも多く散りばめられており、作品を買わずとも読み応えの…