ジャンル: 評論 24件

  1. 国歌の花道 評論

    • 太郎次郎ゴロー
    • 13年前
    • 20,137文字

    ほとんど見向きもされない音楽ジャンル「国歌」はこれほど豊饒な世界だったのか! ていうか、ガキに無理やり歌わせようとしてんじゃねー。

  2. 「葉桜と魔笛」論 評論

    • 花藤義和
    • 13年前
    • 0文字

    2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

  3. 泡沫候補研究 評論

    • 高橋文樹
    • 13年前
    • 4,934文字

    2007年4月8日。得体の知れない男が東京都知事選に討って出た。その名も外山恒一。時代のアダ花? 真の革命児? 正直どっちでもいいんですけど、破滅してそうなんで、いまさらながら取材してきました。

  4. Re:現代文解答用紙 評論

    • ほろほろ落花生
    • 12年前
    • 0文字

    紙の破滅派創刊号にて物議をかもしたRe:現代文の解答用紙。破滅派二号では解答例も紹介されてます。このコンテンツをもっと楽しみたければ、hamazon.comから紙の破滅派を買いましょう!

  5. 無底と喪失(1) 無底と喪失 / 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 11,973文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  6. 無底と喪失(2) 無底と喪失 / 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 14,595文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  7. 無底と喪失(3) 無底と喪失 / 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 8,287文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  8. 無底と喪失(4) 無底と喪失 / 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 12,350文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  9. イノベーター分類研究 評論

    • しょうだまさとも
    • 5年前
    • 1,622文字

     - Innovation Management - イノベーション・マネジメント

  10. 縄文小説参考文献『原人ダアア』レビュー 縄文小説集 / 評論

    • 高橋文樹
    • 5年前
    • 2,510文字

    本稿は破滅派主催の縄文小説ワークショップの参考文献レビューである。エドモン・アロークール著『原人ダアア』を取り上げる。