タグ: 独白 10件

  1. 東京寝物語 第一夜ー揚羽嬢ー 小説

    • 狐塚月歩
    • 6ヶ月前
    • 4,575文字

    「東京」という魔界都市の有象無象を寝物語に話す田舎の祖父は彼の叔父から、何を聞かされたというのだろう。ちなみにフィクションです。

  2. よしこのこと(1) 生きるということ / 小説

    • 二十三時の少年
    • 7ヶ月前
    • 5,503文字

    薬中パラノイアのヒモ男は、長々とした独白と共に「今までの人生でとっておきにビザールな女」の話を始める。

  3. 行儀向貴親の独白 小説

    • 篠宮
    • 3年前
    • 1,330文字

     心を病む、とは言うが。    心を病んだ人間が集う場所というのは、考えてみると身近な場所にはないものだ。ごく普通の一般的な、大した後ろ暗さのない人生を送る人間にとっては疎遠な場所であ…

  4. 赤い花を飲み込む。

    • 猫田サカナ
    • 6年前
    • 452文字

    私の淀みです。排泄です。きちゃないものです。生きるために淀みを出します。

  5. スキゾロヂック(6) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 6年前
    • 6,440文字

    回想と酔いどれのモノローグ。大衆酒場につどう大学生たち。疎外感を覚えるボク。にわかに昂ぶる帰宅欲。折しも肥満のトリック・スター、東真一郎が登場。東は酒の酔いにまかせて由無し事を言いふらす。ボクは…

  6. タクシードライバー(4) タクシードライバー / エセー

    • サムライ
    • 8年前
    • 951文字

    タクシー・ドライバーは孤独な仕事。そして、車窓を流れる大都会の風景にも、どこか人々の孤独の影が垣間見える。都会に浮かぶヘッドライトとそこに映る人生の陰影と。人々との一期一会を通して社会と人生を眺…

  7. ゲシュタルト崩壊 小説

    • 柳澤仲次
    • 9年前
    • 6,297文字

    心理学用語で、全体性を持ったまとまりのある構造をゲシュタルトという。家から出たくてたまらない「俺」を襲う感覚がもたらすものは――「そうだ、アインシュタインは間違っている」

  8. 重力に逆らうな、寝ろ 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 10年前
    • 6,361文字

    800万人の命を奪い、禁固2億8千万年の判決を受けた武器開発者アルフォンソ・ベンスラ。超人的な知識人であるとともに「重力に逆らうな」という奇妙な哲学の持ち主である彼の日々を、刑務官の「私」は冷静…

  9. 鯨子さいごの仕事(後編) 小説

    • 竹之内温
    • 10年前
    • 8,365文字

    輝ける女子アナたらんと用意周到に自分を磨く女子高生、安藤鯨子。高校卒業を控えた彼女は、将来のスキャンダルの芽を摘むために卒業アルバム製作委員となるが……

  10. 鯨子さいごの仕事(前編) 小説

    • 竹之内温
    • 10年前
    • 8,755文字

    輝ける女子アナたらんと用意周到に自分を磨く女子高生、安藤鯨子。高校卒業を控えた彼女は、将来のスキャンダルの芽を摘むために卒業アルバム製作委員となるが……