「破滅してる」という評価を受けた作者 破滅派 133件

  1. 1988年の●● 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 8年前
    • 11,411文字
    • 検閲済み

    ※2015年初頭に書いた作品(未公開)を手直しした。 ※作中会話等の一部は作者・その親戚や友人の体験を含んでいる。 ※2015年11月6日、「小説家になろう」より削除される。

  2. 裸歩する男 短編ノナグラム / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 5年前
    • 3,471文字

    2019年3月合評会「高タンパク低カロリー」参加作品。

  3. ディビジョン/ゼロ(1) ディビジョン/ゼロ / 小説

    • 波野發作
    • 9年前
    • 1,250文字

    ゼロで割ってはいけないと教わった。どうしてかは誰も教えてくれなかった。

  4. スピリタス 小説

    • 小林TKG
    • 4年前
    • 2,652文字

    スピリタスのニュースを見て思いついてたんですけども、書くまでに随分と時間がかかりました。とてもかかりました。

  5. CAN YOU CELEBRATE? 小説

    • 松尾模糊
    • 5年前
    • 2,103文字

    2018年度11月度合評会『平成歌謡大全集』応募作品です。安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』(1997年:平成9年2月19日リリース)平成の歌姫に捧げる無償の愛が殺伐とした荒野を…

  6. かいじゅう 小説

    • 曾根崎十三
    • 4年前
    • 3,524文字

    怪獣が懐柔して晦渋。 ない頭を振り絞ってUber EATSについて懸命に考えていたら思いついた。

  7. エミリとなおみ 小説

    • 河野沢雉
    • 4年前
    • 3,607文字

    知らないルールは守れないんです。ちなみにUber Eatsは使ったことありません。

  8. 虚空の中の愛 小説

    • 古戯都十全
    • 4年前
    • 4,076文字

    参照作品『軽蔑』(監督ジャン=リュック・ゴダール、1963年  やや倦怠気味の女優と脚本家の夫婦がプロデューサーに招かれイタリアのカプリ島に赴くが、二人の関係は徐々に悪化の道をたどる。プロデュー…

  9. 鱒の書き初め 小説

    • わく
    • 3年前
    • 3,875文字

    鱒はマスと読みます。 かったるい年末年始の話となります。

  10. あなたのテキストは人間が読むようなものではない メタメタな時代の曖昧な私の文学 / エセー

    • 高橋文樹
    • 12年前
    • 2,372文字

    いまあなたのテキストは文学的か否かというよりもまず、「いいゴミか悪いゴミか」を問われることになっている。それを知った上でなお、あなたが紡ぐテキストの価値は残るだろうか。

  11. 黄砂舞う西安バスツァー エセー

    • 大猫
    • 6年前
    • 3,745文字

    中国・西安のちょっとグロいバスツァーの旅行記です。ずいぶん昔の話です。今はどうなっているのだろうか(しみじみ)

  12. 彼の見ていた青色 小説

    • ヨゴロウザ
    • 3年前
    • 2,858文字

    本当は「笑いの文学」を志向しているのですが、まじめくさったものになってしまいました。

  13. 笑う、井上陽水 小説

    • 春風亭どれみ
    • 7年前
    • 434文字

                               いいよね、陽水-san.

  14. 完結、『新代田のマシオ』 エセー

    • 牧野楠葉
    • 6年前
    • 2,252文字

    こんな生温いゆるふわ少女のことを言っている暇があったら早く群像の小説の続きを書けよ、もっと超絶巧なってから言えよ(怒)という感じの内容ですが、ふと書きたくなったので書きました。笑

  15. 冷たき血の乙女 二十四のひとり / 小説

    • Fujiki
    • 6年前
    • 5,053文字

    作品集『二十四のひとり』収録作。合評会2017年10月(テーマ「誰も悪くない星間戦争」)応募作。

  16. 山谷感人と行く望郷ミステリーツアー ルポ

    • 山谷感人
    • 17年前
    • 8,632文字

    『破滅派』の常連執筆陣である山谷感人先生と思い出の町を尋ねる。今回は東京のスラムこと山谷へ。

  17. 銃声 かきすて / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4年前
    • 2,561文字

    合評会2019年11月応募作品。明日仕事に行くのが嫌なので現実逃避で書きました。

  18. MOYASHI 小説

    • 伊藤卍ノ輔
    • 5年前
    • 3,812文字

    合評会2019年05月応募作品です初めて投稿します。善悪という基盤の上に立ったお金の話で自分にとっては結構切実なインタレストなのです。よろしくお願いいたします。

登録ユーザーからの評価 重複がありません

匿名ユーザーを含む評価 同じ人が何度も投稿している場合もあり