タグ: ファンタジー 41件

  1. いかさま望遠万華鏡 小説

    • 谷田七重
    • 1ヶ月前
    • 7,098文字

    どちらにせよ、とにかく元から何もなかったのだ、と亮一は思う。だから高校の頃と同じように、こうして遠くから、真理恵の姿を追いかけている。

  2. 変わらぬ血の輝き 小説

    • Juan.B
    • 1ヶ月前
    • 11,755文字

    ※破滅派オリジナル作品。 与党の幹部議員である足利に『混血』の疑いが掛けられた。左右老若男女問わず日本中が敵に回る中、足利議員は『混血』の疑いを晴らし、『正しき日本人』として生きる事が出来…

  3. 日本列島SOS!警察24時年末緊急スペシャル ~日本の治安は俺たちが守る!~ 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 6,760文字

    ※2016年11月31日某民放放送分 ※付 2017年2月29日「新たなる使命」某民放放送分

  4. クリスマスの死 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 5,951文字

    ※クリスマス特別小説。 ※混血×クリスマス×商業主義×子供×ガミガミ親×弱者×クソ。

  5. 誰がためのポインセチア 植物奇譚 / 小説

    • 猫宮まひろ
    • 2ヶ月前
    • 15,704文字

    クリスマスは三年前に終わった。なぜならサンタクロースが死んだからだ。僕は彼の葬式に行った。ちゃんと紅白の靴下を履いて。

  6. 多禰 小説

    • 斧田小夜
    • 2ヶ月前
    • 12,403文字

    縄文時代末期、史実のかげに超リアリズム主義画家がいた。農耕文化との接点で、画家が命を賭して描いた絵とは――?

  7. ストローベリーマリアージュ 植物奇譚 / 小説

    • 猫宮まひろ
    • 2ヶ月前
    • 11,012文字

    私の居場所ってどこの何なの。22歳の椿は今日も思い悩む......。織田作之助青春賞三次落選作。

  8. 海辺のざんげ部屋 小説

    • 谷田七重
    • 4ヶ月前
    • 6,516文字

    だいいち「ざんげ部屋」に行って、何を話せばいいのかわからない。何かしらざんげすべきことはあるにしても、そんなことをまっさらな少年に話していいものだろうか? いくら耳が聞こえないとはいっても?――…

  9. 焔より來て 小説

    • RAID
    • 4ヶ月前
    • 4,440文字

    ファンタジージャンルです この小説の1番の強みは、「未来への不気味さへの暗示」であると思います。 まだ未完成ですが、更新しますので、どうぞよろしくお願いします。

  10. 輝く夜を探して―『竹取物語』考察 エセー

    • 九芽 英
    • 5ヶ月前
    • 9,341文字

    「破滅派」10号に載せて頂いたものを加筆修正しました。『竹取物語』を読む上での参考になれば幸いです。