タグ: 私小説 139件

  1. 理想的な人生

    • 北川 聖
    • 7日前 更新
    • 130文字

    詩人がこの世に残せるものはなんでしょう。

  2. 流し雛あるいは告解室での告解もしくは他の何か私には思いつかないもの エセー

    • 小林TKG
    • 1ヶ月前
    • 1,783文字

    これを諦め捨てないと、次の合評会の話が書けないような気がしまして。

  3. チキンレース 小説

    • 緋糸椎
    • 1ヶ月前
    • 3,961文字

    経営コンサルタントとしてそこそこ名を上げている俺、長島信彦はクライアントの要望によりYouTuberを始めた。思いのほか人気チューバーとなったが、しつこいアンチコメントに悩まされるようになった。…

  4. 赤羽桃源郷 小説

    • 中野宮子
    • 2ヶ月前
    • 7,543文字

    素晴らしい赤羽を単なる言い訳にする堕落した女の話。書いてみてだけれど、短い小説とも、長いポエムとも思う。

  5. 駄犬 小説

    • 蒼樹葉月
    • 2ヶ月前
    • 10,473文字

    駄目な犬は、あなたの隣の席に座っているかもしれません……。

  6. 春角根屑になった日 エセー

    • 春角根屑
    • 3ヶ月前
    • 270文字

    根屑のような気持ちを持つ人がいると安心します。

  7. 希望の旅 小説

    • たいやき
    • 4ヶ月前
    • 5,021文字

    以前、PDFで作品を上げたのですが、読みにくいとのことで、サイトに上げました。 学生時代に部誌に寄稿したものですが、稚拙な部分も多く、いろいろと改稿し、初出の新作として投稿します。 夏のお話…

  8. ママ大好きの森 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 4ヶ月前
    • 1,354文字

    ままだいすき、ままだいすき、ままだいすき!!!

  9. 海へゆこうなどと、二度と言うまい 小説

    • ふぃろ@DMZ/DMN
    • 5ヶ月前
    • 4,030文字

    淡い記憶の断片に、スパイスを混ぜたフィクションを トラウマはシコリとなって残り続ける

  10. ハルさんの躑躅 小説

    • 優房
    • 5ヶ月前
    • 8,179文字

    一九九二年初夏、三十一歳の私は室生古道をカメラを片手に歩いていた。ここで出会ったハルさんと彼女の躑躅は私にとって忘れられないものであったのかもしれない。