タグ: 私小説 130件

  1. ママ大好きの森 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 14日前
    • 1,340文字

    ままだいすき、ままだいすき、ままだいすき!!!

  2. 海へゆこうなどと、二度と言うまい 小説

    • ふぃろ@DMZ/DMN
    • 1ヶ月前
    • 4,030文字

    淡い記憶の断片に、スパイスを混ぜたフィクションを トラウマはシコリとなって残り続ける

  3. ハルさんの躑躅 小説

    • 優房
    • 1ヶ月前
    • 8,179文字

    一九九二年初夏、三十一歳の私は室生古道をカメラを片手に歩いていた。ここで出会ったハルさんと彼女の躑躅は私にとって忘れられないものであったのかもしれない。

  4. はぜる 小説

    • 諏訪靖彦
    • 2ヶ月前
    • 5,699文字

    いつか改稿してなにかの文学賞に出そうと思っていた作品ですが、一年経ってもうまいこと改稿できないので応募当時のママ掲載することにしました。

  5. せらぴぃ

    • ich
    • 2ヶ月前
    • 281文字

    久々に出掛けようと思った日に限ってこうなる 

  6. メッセンジャー 小説

    • 堀井たくぞう
    • 2ヶ月前
    • 19,660文字

    メッセンジャーの話をしよう。メッセンジャーとは何か。そもそもメッセージとは何か。そして、私の身に起こったことを語ることで、なにがしかのメッセージを届けられたらと思う。

  7. こぼした涙は 小説

    • 才場正人
    • 2ヶ月前
    • 3,869文字

    つとむは日記にでたらめを書いている。この文章もそのでたらめの一部である。

  8. 5月4日

    • ich
    • 2ヶ月前
    • 67文字

    祝日、労働者、炎天下に晒された昼間の思いを 

  9. 6月中旬、空洞と頭の散歩(自己開示によるデトックス、きょねんのはなし) エセー

    • ich
    • 3ヶ月前
    • 2,603文字

    去年の自粛期間に溜まった毒を吐き出したもの。分かり合いたいけど分かり合えない私たちへ。さみしいを抱える誰かへ。

  10. 誘蛾灯 小説

    • 藤村羅甸
    • 7ヶ月前
    • 5,400文字

    私なりの心境小説を書いてみました。これといったストーリーはなく「私」が夜の京都を徘徊する様が書かれています。敬愛する梶井基次郎へのオマージュ作品です。