タグ: 私小説 42件

  1. CAN YOU CELEBRATE? 小説

    • Blur Matsuo
    • 7日前 更新
    • 2,157文字

    2018年度11月度合評会『平成歌謡大全集』応募作品です。安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』(1997年:平成9年2月19日リリース)平成の歌姫に捧げる無償の愛が殺伐とした荒野を…

  2. Strawberry 小説

    • 長崎 朝
    • 26日前
    • 6,012文字

    そこにある何かの周りを、僕らはただ、ぐるぐると回っている。どこにもたどり着かず、だけど自力で止まることももはやできない。そんな話です。

  3. 原始、尊師は太陽だったし 小説

    • リーベンクイズ
    • 1ヶ月前
    • 1,647文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ散文集「石井久子とイニシエーション・ラブ!」より

  4. 特定二輪車 評論

    • しょうだまさとも
    • 2ヶ月前
    • 2,306文字

    Company names, product names, system names, etc. that are listed are registered trademarks or tra…

  5. のぞかれる人 小説

    • 佐藤相平
    • 2ヶ月前
    • 25,421文字

    第5回金魚屋新人賞 第二次審査通過作品の一つ 後半部に登場するダイエー横浜西口店の閉店が決まったそうです。

  6. 小説

    • 長崎 朝
    • 2ヶ月前
    • 4,355文字

    変形の習作。靴べらの貸し出しはございません。

  7. ハラカラ 小説

    • Juan.B
    • 2ヶ月前
    • 4,458文字

    ※2018年09月合評会 参加作品

  8. 金魚 小説

    • 波野發作
    • 2ヶ月前
    • 4,528文字

    嘘だと思って読んでください。 平成30年9月度破滅派合評応募作品。

  9. ある視線について

    • 長崎 朝
    • 2ヶ月前
    • 307文字

    きみはおびえていたのだ 光の予感のなかで 過去形の詩句のなかで 見ることは、またひとつ終わらせること なぜ詩人は、四角に切り取ったのか 世界を 見ることは、四角く見ること ノーマルな視線とは、春…

  10. 何をしたって投げた灰皿は死ぬまで海老蔵を苦しめる エセー

    • リーベンクイズ
    • 3ヶ月前
    • 3,109文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ自叙伝「海老蔵と生きた季節」抄録