タグ: 私小説 185件

  1. 誘蛾灯 小説

    • 藤村羅甸
    • 2ヶ月前
    • 5,400文字

    私なりの心境小説を書いてみました。これといったストーリーはなく「私」が夜の京都を徘徊する様が書かれています。敬愛する梶井基次郎へのオマージュ作品です。

  2. 夢のなかの同窓会 エセー

    • 中田満帆
    • 2ヶ月前
    • 5,710文字

    人生はむつかしい。ルー・リードのようにはいかない。

  3. コロン・エグザミネイション 小説

    • 波野發作
    • 2ヶ月前
    • 6,388文字

    エイヌスからのマッシヴなブリーディングに恐慌をきたした大月易(おおつきやすし)は、人生初のコロン・エグザミネイションを受ける。コロレクタル・キャンサーなのか、インターナル・ヘモロイドなのか。いず…

  4. ナルキッソスの水辺 小説

    • 島津 耕造
    • 3ヶ月前
    • 17,729文字

    ナルキッソスはギリシア神話の中でも著名だが、その話についてはいくつかの説がある。盲目の予言者テイレシアースは占って「己を知らないままでいれば、長生きできるであろう」と予言した。

  5. どんなに鋭い歯で噛まれていても、ぼくはきみと一緒にいるから。 小説

    • 鳥居あめ
    • 3ヶ月前
    • 3,486文字

    駅前のショッピングモールのフードコートへ行くまでの間のこと。ぼくは自転車を漕いでいた。

  6. うそつきは自分のためだけに涙を流すのだろうか エセー

    • 鳥居あめ
    • 3ヶ月前
    • 4,232文字

    昔友達だった人が何だったのか考える。 #友やめ

  7. わたしの彼氏はロリコンだけど。 小説

    • 鳥居あめ
    • 3ヶ月前
    • 5,207文字

    バツイチ子持ちで地方都市へ出戻ったわたしと、彼氏。煮詰まった日々とそして生きていくということ。

  8. EL:1,300 meters エセー

    • 波野發作
    • 3ヶ月前
    • 4,395文字

    エレベイション・サーティーン・ハンドレッド・ミーターズ。標高1300mの地に、かつてあったかもしれない情景と、かつて読んだかもしれない本の森を思い出しながら。この頃テレビがあったらこの歳で小説は…

  9. 第59章(完) 根津權現裏 / 小説

    • 焚書刊行会
    • 3ヶ月前
    • 6,438文字

    芝公園にて凍死体で発見されるという最期をむかえた「破滅型の私小説作家」藤澤淸造の代表的長編の電子化テキスト

  10. 第58章 根津權現裏 / 小説

    • 焚書刊行会
    • 3ヶ月前
    • 2,374文字

    芝公園にて凍死体で発見されるという最期をむかえた「破滅型の私小説作家」藤澤淸造の代表的長編の電子化テキスト