「生きたくなる」という評価を受けた作者 破滅派 138件

  1. 桜姫東文章八重綴代(さくらひめあづまぶんしやうやへのとぢしろ) 小説

    • 大猫
    • 6年前
    • 3,972文字

    春画と言えば浮世絵。浮世絵と言えば歌舞伎。卯月の空に桜散り、春宵、猫の恋泣きを聞き、独り酒を酌みつつ悦楽の妄想モードに突入するのであります。2018年4月合評会参加作品。

  2. あなたのテキストは人間が読むようなものではない メタメタな時代の曖昧な私の文学 / エセー

    • 高橋文樹
    • 12年前
    • 2,372文字

    いまあなたのテキストは文学的か否かというよりもまず、「いいゴミか悪いゴミか」を問われることになっている。それを知った上でなお、あなたが紡ぐテキストの価値は残るだろうか。

  3. 血は世界に満ちて 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 8年前
    • 8,338文字

    ※ハーフの私が学生時代に体験した事、及びハーフの友人から聞いた体験などによる。 ※この作品には差別や政治的な表現が表れ、性質上それに対するフォローが無い部分もある。

  4. フィラデルフィア・フリーベイン 小説

    • 波野發作
    • 8年前
    • 10,133文字

    31世紀を代表する時空物理学の巨人マグ・ナカータ教授が、幼き日の不思議体験を綴った未公開手記が遺品から見つかった。 人類史上最大の偉業といわれる「第7の力」の発見。その発端となった物語である。…

  5. スピリタス 小説

    • 小林TKG
    • 4年前
    • 2,652文字

    スピリタスのニュースを見て思いついてたんですけども、書くまでに随分と時間がかかりました。とてもかかりました。

  6. 先生あのね ショートショート・ストーリーズ / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 5年前
    • 1,700文字

    エメーリャエンコ・モロゾフが幼少期に書いた散文の翻訳です。

  7. エミリとなおみ 小説

    • 河野沢雉
    • 4年前
    • 3,607文字

    知らないルールは守れないんです。ちなみにUber Eatsは使ったことありません。

  8. 笑う、井上陽水 小説

    • 春風亭どれみ
    • 7年前
    • 434文字

                               いいよね、陽水-san.

  9. CAN YOU CELEBRATE? 小説

    • 松尾模糊
    • 5年前
    • 2,103文字

    2018年度11月度合評会『平成歌謡大全集』応募作品です。安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』(1997年:平成9年2月19日リリース)平成の歌姫に捧げる無償の愛が殺伐とした荒野を…

  10. かいじゅう 小説

    • 曾根崎十三
    • 4年前
    • 3,524文字

    怪獣が懐柔して晦渋。 ない頭を振り絞ってUber EATSについて懸命に考えていたら思いついた。

  11. 鱒の書き初め 小説

    • わく
    • 3年前
    • 3,875文字

    鱒はマスと読みます。 かったるい年末年始の話となります。

  12. 金子さん 小説

    • 大木芙沙子
    • 5年前
    • 4,579文字

    2019年5月合評会テーマ「善悪と金」参加作品。

  13. 岡本尊文とその時代(十五) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 5年前
    • 5,936文字

    真実になどどうせ到達出来ないのだから、どう書いても同じことです

  14. Dsmant

    • 吉田佳昭
    • 3年前
    • 876文字

    Hilc sak ele ade Sinmalim wols hil, qyo art qrus nis sinqhil.

  15. 名誉火星人 小説

    • 諏訪真
    • 3年前
    • 3,951文字

    ある日火星人が地球に来た。 餌でもなく、隣人というにはあまりに疎遠な関係がそこから始まった。 合評会2020年9月「まぼろしの魚」

  16. 彼の見ていた青色 小説

    • ヨゴロウザ
    • 3年前
    • 2,858文字

    本当は「笑いの文学」を志向しているのですが、まじめくさったものになってしまいました。

  17. 山谷感人と行く望郷ミステリーツアー ルポ

    • 山谷感人
    • 17年前
    • 8,632文字

    『破滅派』の常連執筆陣である山谷感人先生と思い出の町を尋ねる。今回は東京のスラムこと山谷へ。

  18. 春を負う – 1 春を負う / 小説

    • 斧田小夜
    • 8年前
    • 19,955文字

    森林限界の辺縁にすまう人々にとって春とともに山を登り、冬とともに山を降りる交易びとは特別だ。かれも例外ではなかった。

登録ユーザーからの評価 重複がありません

匿名ユーザーを含む評価 同じ人が何度も投稿している場合もあり