タグ: 官能 69件

  1. 新婚アレルギー 小説

    • 常世田美穂
    • 2日前 New!
    • 4,601文字

    太宰治の『皮膚と心』をオマージュした短編小説。 noteではR指定になってしまった。 ある日、俺の右乳首のちょうど下に吹出物ができていた。痛くも痒くもない。だけどぼてっと存在を主張するソレ、…

  2. ウミ、ウマレ 小説

    • Fujiki
    • 9日前
    • 4,000文字

    破滅派合評会2021年7月(テーマ「海」)応募作。

  3. 合体 小説

    • ちりめんじゃこ
    • 12日前
    • 2,855文字

    確かむなしくも二十歳になって初めて書いた小説です。

  4. 海へゆこうなどと、二度と言うまい 小説

    • ふぃろ@DMZ/DMN
    • 23日前
    • 4,030文字

    淡い記憶の断片に、スパイスを混ぜたフィクションを トラウマはシコリとなって残り続ける

  5. 川辺の人 小説

    • 島津 耕造
    • 2ヶ月前
    • 10,969文字

    セックスする作品です。

  6. めもりある 小説

    • 島田梟
    • 7ヶ月前
    • 5,221文字

    2020年最後の小説。 夜の教会で行われる悪魔祓いのお話。 サブジャンルいっつも迷うんですが、「官能」「自己啓発」にしときました。

  7. コロン・エグザミネイション 小説

    • 波野發作
    • 7ヶ月前
    • 6,388文字

    エイヌスからのマッシヴなブリーディングに恐慌をきたした大月易(おおつきやすし)は、人生初のコロン・エグザミネイションを受ける。コロレクタル・キャンサーなのか、インターナル・ヘモロイドなのか。いず…

  8. 俺は男色ではない 小説

    • ryoryoryoryo123
    • 9ヶ月前
    • 4,471文字

    三島由紀夫の『仮面の告白』を読んで共感する部分があり、そこから連想されることを思いつくままに書きました。人に読んでもらうというより、自己内省のつもりで書いていたので、少し読みづらいところがあると…

  9. 熱帯雨林の記憶 エセー

    • 島津 耕造
    • 9ヶ月前
    • 2,153文字

    彼女のはだは青白く、ほねが透けてみえるようだった。わたしはよくいたわってあげた。からだは病弱でよく風邪をひいては熱を出し、その都度わたしは看病したものだった。 いまわたしと彼女はそらを飛んでいる…

  10. ペットのアナコンダに絞められた祖母が語る、一族の重大な秘密 小説

    • 島田梟
    • 1年前
    • 14,283文字

    内容=タイトル。 アナコンダのジョセフとマーガレットおばあちゃんの仲の良さに注目してください。