タグ: 官能 64件

  1. めもりある 小説

    • 島田梟
    • 4ヶ月前
    • 5,221文字

    2020年最後の小説。 夜の教会で行われる悪魔祓いのお話。 サブジャンルいっつも迷うんですが、「官能」「自己啓発」にしときました。

  2. コロン・エグザミネイション 小説

    • 波野發作
    • 4ヶ月前
    • 6,388文字

    エイヌスからのマッシヴなブリーディングに恐慌をきたした大月易(おおつきやすし)は、人生初のコロン・エグザミネイションを受ける。コロレクタル・キャンサーなのか、インターナル・ヘモロイドなのか。いず…

  3. 俺は男色ではない 小説

    • ryoryoryoryo123
    • 6ヶ月前
    • 4,471文字

    三島由紀夫の『仮面の告白』を読んで共感する部分があり、そこから連想されることを思いつくままに書きました。人に読んでもらうというより、自己内省のつもりで書いていたので、少し読みづらいところがあると…

  4. 熱帯雨林の記憶 エセー

    • 島津 耕造
    • 6ヶ月前
    • 2,153文字

    彼女のはだは青白く、ほねが透けてみえるようだった。わたしはよくいたわってあげた。からだは病弱でよく風邪をひいては熱を出し、その都度わたしは看病したものだった。 いまわたしと彼女はそらを飛んでいる…

  5. ペットのアナコンダに絞められた祖母が語る、一族の重大な秘密 小説

    • 島田梟
    • 1年前
    • 14,283文字

    内容=タイトル。 アナコンダのジョセフとマーガレットおばあちゃんの仲の良さに注目してください。

  6. 午前三時 小説

    • 麻美
    • 1年前
    • 718文字

    既婚子持ち女を愛する女の憂鬱、或いは自業自得。

  7. ベシャメルソースを私にかけて 横たわる女 三部作 / 小説

    • 島田梟
    • 1年前
    • 13,507文字

    ニューヨークの高級集合住宅ダコタハウスで繰り広げられる、束の間の愛のおはなし。

  8. 金髪エルフの美少女 小説

    • 水野洸也
    • 1年前
    • 11,689文字

    批評を書く際に用いる文体を、小説にも応用できないかと思い書かれた一作です。

  9. ピストルノスタルジック 小説

    • 小雪
    • 1年前
    • 3,409文字

    銃とは何か。人は銃を、単に人を殺す道具に過ぎないという。――でも本当にそうか? 単なる人を殺す道具であるのならば、人はなぜここまで銃に魅了されるのだろうか。それは、銃が「道具」という言葉で把握さ…

  10. いまそがれ! ぷりきゅあ すりい 小説

    • 伊藤卍ノ輔
    • 2年前
    • 1,726文字

    藤原定家による源氏物語「若柴」の写本が見つかりましたね! 文学を志す者として感じるところがあり、これを書きました。最初に言っておきます。申し訳ございませんでした。