タグ: BL 36件

  1. オーキドメーター 小説

    • 眞山大知
    • 7ヶ月前
    • 3,400文字

    オーキドメーターは真面目な医療用具です。残念ながらHな道具じゃありませんし、あのポケモン博士に関係はございません。合評会2024年1月応募分

  2. 全裸忍者 アマゾンの段ボールをヴィリヴィリ破いたら~、ヌルヌルルサンチマン近大マグロでした〜。チクショー!! / 小説

    • 眞山大知
    • 8ヶ月前
    • 6,218文字

    昔の安いゲイビデオのようにガバガバな話です。ゲラゲラ笑いながら読んでやってください。

  3. ジョロンチョ 小説

    • ヘルスメイク前健
    • 1年前
    • 1,503文字

    2008年作。『唇は赤ければ赤いほど赤い』収録。

  4. 友達の伊藤君 小説

    • 小林TKG
    • 1年前
    • 3,897文字

    こないだやってたHな小説に書いたんですけども、ダメでした。で、どうしようかと思ってたんですけども、破滅派さんだったら内包してくれるかなと、っていうか、先日の合評会で助言をいただいたんで、あ、じゃ…

  5. ドッキドキ・アホメール 小説

    • ヘルスメイク前健
    • 1年前
    • 555文字

    2008年作。『唇は赤ければ赤いほど赤い』収録。

  6. 「彼」の話(2) 小説

    • ヘルスメイク前健
    • 1年前
    • 1,725文字

    2008年作品。『唇は赤ければ赤いほど赤い』収録。

  7. コミック・ジャガー 小説

    • ヘルスメイク前健
    • 1年前
    • 3,244文字

    2008年作品。『唇は赤ければ赤いほど赤い』収録。

  8. 溶けちゃった 小説

    • 山本ハイジ
    • 2年前
    • 3,582文字

    性癖です。それだけです。♡喘ぎが流行っているようなので試してみました。

  9. ジ・エンド・オブ・マネーロンダリング 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 19,955文字

    途絶派を主宰する鷹橋は生活保護を受ける友人・海野優斗の頼みで「マネーロンダリング」を一年近くに渡って行なっていた。どうしようもなく爛れた関係の、無理矢理にでもBLと呼ぶしかない、そんなギリギリの…

  10. 桜人 小説

    • 澁澤青蓮
    • 2年前
    • 1,244文字

    花見をしようと友人に誘われて見たそれは――。 ほんのり薔薇風味の作品です。

  11. stand by you to be 小説

    • 波野發作
    • 3年前
    • 5,142文字

    チャンネル登録者数5万5000人の人気登山YouTuber「こんぶ茶スカイハイ」。その足跡を追う。破滅派合評「YouTuberの回」出品作品。Photo:slothandhippo/123RF

  12. ユタとトカレフ 小説

    • 波野發作
    • 3年前
    • 4,215文字

    海に流れた儚い恋のものがたり。ちょっとバイオレンス、そしてアドミニストレーション。破滅派合評「海」参加作品。Copyright: petarpaunchev

  13. コロン・エグザミネイション 小説

    • 波野發作
    • 4年前
    • 6,388文字

    エイヌスからのマッシヴなブリーディングに恐慌をきたした大月易(おおつきやすし)は、人生初のコロン・エグザミネイションを受ける。コロレクタル・キャンサーなのか、インターナル・ヘモロイドなのか。いず…

  14. 寂しい横顔 小説

    • 松尾模糊
    • 4年前
    • 3,505文字

    大津絵/『女虚無僧』 ニュースタンダードがスタンダードになったら書けないお話を書きました。

  15. 俺は男色ではない 小説

    • ryoryoryoryo123
    • 4年前
    • 4,471文字

    三島由紀夫の『仮面の告白』を読んで共感する部分があり、そこから連想されることを思いつくままに書きました。人に読んでもらうというより、自己内省のつもりで書いていたので、少し読みづらいところがあると…

  16. ピン・チーリンと背びれザメ 小説

    • 島田梟
    • 4年前
    • 6,238文字

    少年ピン・チーリンは、無人島で背びれザメと遭遇する。本人が言うには背びれしかないらしいが、本当にそんなことがあるのだろうか?疑いながらも、何だかんだでお世話になるチーリン。そして……

  17. 変身スタンダード 小説

    • 松尾模糊
    • 5年前
    • 3,039文字

    普通、ふつう、フツウ…自分はノンケで偏差値や実家の経済力や家族の形態など、いわゆる一般的な環境で育ったと考えているので自分が普通だと思って生きて来たのですが、最近はよく分からなくなっています。こ…

  18. タカユキの生態──ある教養番組 小説

    • 島田梟
    • 5年前
    • 3,778文字

    NHKの教育番組好きだった人は脳内再生できるかも?