九章 スキュレとカリュブディス

ユリシーズを読む人々の肖像(第10話)

松尾模糊

評論

324文字

二〇世紀文学の金字塔『ユリシーズ』を発刊一〇〇年経った今、読みながら綴る日常。

この章ではハムレット論からジョイスの詩に対する思想などが大胆に開陳される。とても刺激的な対話形式になっている。ジョイスはイェイツに強く反発していたが、ここでは彼の話や、出版業者ジョージ・ロバーツなど彼の身近にいた人物たちについて会話が及ぶ場面もある。こういうことを知って読むと、小説とエッセイの曖昧さに考えが及ぶ。

 

さらに、グレゴリア聖歌の記譜まで挿入されるなど、この後に続く『フィネガンズ・ウェイク』のその実験性を思わせるような表記も。小説という創作形態をどこまでも拡張しようと試みたジョイスの筆が留まるところを知らなくなり始めた感じが窺える章だ。彼の支援者だったエズラ・パウンドでさえ、その先進性に戸惑ったいうエピソードが納得できる。

2023年4月25日公開

作品集『ユリシーズを読む人々の肖像』第10話 (全13話)

© 2023 松尾模糊

読み終えたらレビューしてください

この作品のタグ

著者

この作者の他の作品

この作者の人気作

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

"九章 スキュレとカリュブディス"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る