七章 アイオロス

ユリシーズを読む人々の肖像(第8話)

松尾模糊

エセー

590文字

二〇世紀文学の金字塔『ユリシーズ』を発刊一〇〇年経った今、読みながら綴る日常。

ここに来て、再び読者は混乱する。明らかに構成が変わるからだ。場面としてはブルームとスティーブン・ディーダラスが新聞社でそれぞれ談義をしてすれ違うといったところだ。二〇〇~三〇〇字程度の断章でめまぐるしく場面が転換していく。新聞社の忙しない様子を視覚効果として端的に狙ったものかもしれない。綴りや、競馬予想など紙面を飾る文言についての会話にも活気がある。やっと二章でディーダラスがディージーから受け取った弔文が出てくるというのも感慨深い。もうほとんど忘れ去られているような出来事がふと戻ってくる。これは意識の流れというより、読者の記憶を呼び起こすようなものだ。

 

新聞社というと、米国の伝説的ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンによる自伝をブルース・ロビンソン監督が映画化した、ジョニー・デップ主演の『ラム・ダイアリー』を思い出す。ジョニーはこの映画で共演したアンバー・ハードと結婚し、離婚、そのあと彼女の名誉棄損を訴えた訴訟によってキャリアを崩壊させるような泥沼化した裁判を勝利した。わたしは原作の方も読んだが、多分に脚色されていて映画ではデップ演じるトンプソンが酒浸りの生活から抜け出して巨悪にジャーナリズムで切り込んでいくわけだが、現実はそんなカタルシスはなくトンプソンは変わらないまま仕事を移る、開かれたラストになっている。この辺りにハリウッド的傾向が見られる。

2023年1月8日公開

作品集『ユリシーズを読む人々の肖像』第8話 (全11話)

© 2023 松尾模糊

読み終えたらレビューしてください

この作品のタグ

著者

この作者の人気作

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

"七章 アイオロス"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る