托卵師

サティスファクションセンター(第1話)

眞山大知

小説

22,928文字

托卵――妻が不倫相手ともうけた子を夫の子と騙して生み育てること。その手伝いをする職業が托卵師だ。
医学部を中退した夏樹は、生まれ育った豊洲で友人の佐田に誘われ、「クックーエッグ」という托卵師グループのメンバーになった。タワマンの林立する豊洲で夏樹は憎しみに燃える――幸福で金のあるタワマンの住人が許せない。不幸のどん底に叩き落としたい。
令和日本の階級社会を描く社会派暴力小説!

  1. ブルドーザーの描かれたロンパース。新幹線の形をしたガラガラ。明日香を犯すベッド脇のベビー用品は窓から差す豊洲の夜景の光に照らされ、恨めしそうにたたずんでいた。

荒い呼吸を整えながら目線をベッドに戻す。キングサイズのベッドの枕元には夫と一人娘との写真が置かれ、布団には全裸の明日香が横たわって体をひくひく痙攣させていた。

ラストスパート。明日香に覆いかぶさる。鼻孔を、金木犀と桃が入り混じったような匂いがくすぐる。

「絶対、男の子を孕ませるからね」

2024年6月11日公開

作品集『サティスファクションセンター』第1話 (全2話)

サティスファクションセンターの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きは現在販売準備中です。乞うご期待。

© 2024 眞山大知

読み終えたらレビューしてください

この作品のタグ

著者

この作者の他の作品

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

"托卵師"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る