i-am-here-cover

ここにいるよ 恋愛小説

彼女にはとても素敵な名前があった——ある女性への追想から始まる手記。男が一人の人間の存在について長い思索を巡らせるようになったのは、彼の巻き込まれた不条理な事件がきっかけだった。カフカの『城』をモチーフに、一人の男が巻き込まれた数奇な運命について書かれた恋愛小説。

¥ 999

  1. 完結済み ( 2015 年 7 月 24 日 〜 2015 年 8 月 9 日 )
  2. 26 作品収録
  3. 220,076文字

Authors & Editors 執筆者・編集者

高橋文樹

高橋文樹 編集・執筆

日本の小説家。1979年8月16日に千葉県に生まれる。株式会社破滅派代表取締役。太宰治や大江健三郎を輩出した東大仏文科在学中に『途中下車』で幻冬舎NET学生文学大賞を受賞し、幸福な作家デビューを果たすも、その後辛酸を舐める。2007年、『アウレリャーノがやってくる』で第39回新潮新人賞を受賞するも、単行本化されず、この世のすべてを憎むようになる。
自分の作品は自分で世に出すというDIY精神のもとに、日夜活動をしているプログラマーとしての側面もあり、千葉県でもっともGIthubスターを稼いだPHPエンジニアでもある。趣味は家づくりで、山梨に自分で家を建てた。

How people say みんなの反応



4.5
19件の評価)


  1. 完璧な文章なんて存在しない」と村上春樹が書いたのはもう30年近く前の話になるけど、私はこの作品を読んで「完璧な小説ならば存在するかもしれない」と、思いました。思ってしまいました。

    Amazonレビュー

ログインしてレビュー

Works 掲載作一覧

  1. 1

    ここにいるよ(1) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 2,038文字

    編者による異言――序に代えて

  2. 2

    ここにいるよ(2) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 11,042文字

    愛するものについて、人は常に語りそこなう。ぼくはMとの出会いについて、ゆっくりと語り始める。

  3. 3

    ここにいるよ(3) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 5,456文字

    Mの家庭教師として過ごす「ぼく」にとって当時の記憶は圧倒的な色彩を帯びている。

  4. 4

    ここにいるよ(4) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 5,770文字

    美しい時代を過ぎて社会人になった「私」ははじめて勤めた会社で天才プログラマーの幹と出会う。

  5. 5

    ここにいるよ(5) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 6,829文字

    無職になった「私」は恋人の家に転がり込み、同居生活を始める。すぐに職が見つかるでもなく、無為に時間を過ごしていたのだが……

  6. 6

    ここにいるよ(6) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 9,305文字

    相変わらず仕事の見つからない「私」は、無為のまま旧友のメグに会いに行く。彼女はタクシーの中で言う。「プチンってやっちゃうんだって。脳の一部をプチンと。そうすると、ネズミが人間らしくなるんだよ。怖くない?」

  7. 7

    ここにいるよ(7) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 5,667文字

    Mに手紙を出した「私」のもとに彼女の母から返事が届く。「私」はその指示通り捜索を開始するが、奇妙な人物達との邂逅ばかりを繰り返し、なかなかMにたどり着くことができない。

  8. 8

    ここにいるよ(8) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 18,354文字

    不慮の事故から目覚めた「私」は怪我の回復を待つ無為の中、過去への追想に耽る。しびれるほど優秀だった友人と再会するというアイデアに夢中になり、やがて再びMを探す旅を開始する。

  9. 9

    ここにいるよ(9) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 10,441文字

    ミユキとの将来が確固たるものになっていくにつれ、Mへの執着を断ち切ろうとする「私」。過去の清算を行うべく、植物人間となった元親友の元へ向かった「私」が意図せずして取ってしまった行動とは。

  10. 10

    ここにいるよ(10) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 6,767文字

    再び不慮の事故に巻き込まれた「私」は病院で目覚める。盲目となった私を優しく支えてくれるミユキとの時間を大切に過ごしていたところ、ある人物が見舞いに訪れる。

  11. 11

    ここにいるよ(11) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 5,911文字

    警察の捜査に協力する「私」だったが、マサキのことが気にかかり、独自に調査を開始することになる。やがてマサキを「城」の近くで見つけることになるが、マサキとの対話は徐々に狂気を帯びていく。

  12. 12

    ここにいるよ(12) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 1,504文字

    編者による異言――注解に代えて

  13. 13

    ここにいるよ(13) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 8,721文字

    警察に捕まった後もなお、「私」は彼が愛したものについて書き続ける。新展開の第2章。

  14. 14

    ここにいるよ(14) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 8,875文字

    拘留された「私」の元に検察がやってきて徹底的に追い込んでいく。やがて、過去に犯した元史への過ちが検察の気づくところとなり……

  15. 15

    ここにいるよ(15) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 6,498文字

    殺人容疑で逮捕された「私」の元を、様々な人が訪れる。人権派の弁護士、検察官、父、恋人のミユキ。いつ果てるとも知れない取り調べが続く中、父から驚くべき知らせがもたらされる。その真意に絶望した私はもう戦うことができなくなる。

  16. 16

    ここにいるよ(16) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 13,132文字

    裁判は長く続いた。やがて、「私」に判決が下される。「私」はそれに抗うことなく、その罰を受け入れることにした。半ば自暴自棄になった私は、償いの日々を無為に過ごすうちに一つの救いを見出すようになる。

  17. 17

    ここにいるよ(17) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 11,188文字

    教誨という救いを見出した「私」をある欲望が捉えていく。聖書にのめり込んでいくほど浮かび上がってくるマサキと「私」の類似点が、「私」に何かを書かねばならないという気にさせていく。

  18. 18

    ここにいるよ(18) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 9,170文字

    長い思索の末、「私」はついにある一つの答えに至る。そもそも、なにを語るべきだったのか。迂遠な遠回りしか、真実にたどり着く道はない。

  19. 19

    ここにいるよ(19) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 665文字

    編者による異言――弁明に代えて

  20. 20

    ここにいるよ(20) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 11,960文字

    「私」はこれまで語ってきたすべてでは物足りないと感じる。そして、過去の記憶を羅列していくことによって「何か」へ辿り着こうと独白を重ねる。

  21. 21

    ここにいるよ(21) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 15,195文字

    「私」の追憶はやがて母と父の思い出に至る。いわく言いがたい関係の二人について私はこんな言葉を思い出す。「夫婦とは、お互いの悪行を果てしなく吸い込む不気味な沼のことだ」

  22. 22

    ここにいるよ(22) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 715文字

    編者による異言――仮説に代えて

  23. 23

    ここにいるよ(23) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 10,056文字

    「私」は恋人のミユキについての追想を始める。面会時に「死んだ」と伝えられていたミユキが送った人生と、彼女の人生が果たして幸福だったかどうかについて、「私」はエピソードを重ねることでしか迫ることができない。

  24. 24

    ここにいるよ(24) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 11,613文字

    『おまえは性という贈り物で一体何をしたのだ? 失敗だった、と結局は言われるだろう』――カフカは日記の中でそう自問している。「私」の追憶は徐々にあけすけなものになっていき、ミユキとのすべてについて語り始める。

  25. 25

    ここにいるよ(25) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 11,155文字

    「私」はミユキにプレゼントを贈ることを思い立った。他でもない、最高の根拠を持ったプレゼントを。親に恋人を紹介するために歩く実家への道で、どうしようもないほど美しい夕陽が二人を照らす。物語はクライマックスへ。『本物の痕跡が永遠に失われてしまったことに、人はなんと無関心でいられるのか』――カフカはそう書いている。

  26. 26

    ここにいるよ(26) 小説

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 688文字

    編者による異言――あとがきに代えて

¥ 999

AmazonのKindleストアで購入できます。

この本を購入する

※ Kindle以外にもスマートフォンやPCの無料アプリで読めます。

Kindle for PC | Kindle for iOS | Kindle for Android