ここにいるよ(7)

ここにいるよ(第7話)

高橋文樹

小説

5,667文字

Mに手紙を出した「私」のもとに彼女の母から返事が届く。「私」はその指示通り捜索を開始するが、奇妙な人物達との邂逅ばかりを繰り返し、なかなかMにたどり着くことができない。

出した手紙の返事が来るまでの一ヶ月を、まるで憶えていない。おそらく、ふてくされたような感情で過ごしたと思う。

返信はMではなく、Mの母からだった。今思えば、どこかつっけんどんな文章で、嫌悪感のようなものがほの見えてさえいた。もっとも、その時は、Mの家の住所が書かれている、ただそれだけの理由で有頂天となり、深く考えなかった。彼女はもう母親とは住んでおらず、Sに友達と住んでいた。Mの家庭事情に気を使う必要はない。早速、そこへ行ってみることにした。同僚に見つかっても平気なように、スーツに身を固めた。

Mの住所は先日メグと訪れたバーのすぐ近くだった。ただ、不思議だったのは、住所がラブホテルや風俗店の林立する地帯だったことだ。Mがそのような場所に住むということは想像がつかなかった。昼間だというのに呼びこみをかけてくるポン引き達が、彼女を汚しているように思え、私は彼らをねめつけながらMの家へと急いだ。住所に書いてあるマンションは、ラブホテルの隣りにあった。そのホテルの名は、ヨーロッパのどこかにある有名な劇場の剽窃だった。それがますます私を不快にさせた。

剥がれかけたフェルトの内装が痛々しいエレベーターに乗って四階まで昇り、インターフォンを押すと、間延びした声が返ってきた。一瞬、Mは声までも変わってしまったのかと嘆いたが、そうではなかった。出てきたのは、ぼさぼさの金髪で眉毛がほとんどない、三十代くらいの女だった。

「なんですかあ?」

彼女は見かけに合わない幼な声で、そう尋ねた。私のことを怪しんでいるのは明らかだった。私は腹立ちそうになったが、こういう場所に住む人の習慣なのだと自分に言い聞かせ、なんとか落ち着きを保とうとした。そして、それが成功すると、自己紹介をした。

「ああ、Mちゃんの知り合いなんだあ」

彼女はそう言うと、私の全身をなめるように見た。それから、足元にばらけていたスリッパを一揃い、足で擦るようにしてよこした。私はそれを履き、部屋へと上がった。

思ったよりも(というのは、彼女の見た目から判断してということだけれど)整頓されていて、悪い意味での生活感がなかった。ちょうど、Mが以前住んでいた家に似ていた。私がいい部屋だと褒めると、金髪の彼女は嬉しそうに笑った。そして、家賃が十五万だとか、家具はMが選んだとか、収納が大きいだとか言ったことを、次々に自慢した。私はそれを笑顔で聞いていたのだが、突然、彼女は隣りのラブホテルを自慢し出した。

「凄いんだよお。昼間なのにね、皆わっさわっさヤリまくり」

彼女はそう言うと、窓を開けて耳を澄ませた。私には聞こえなかったが、彼女は確かに聞こえたという喘ぎ声を真似してみせ、笑っていた。私も普段なら同調して笑うところだが、彼女がMと一緒に住む人間だと考えると、ぜんぜん面白くなかった。それどころか、腹が立ちさえした。

「そんなことより、Mは?」

私が語気を荒げて尋ねると、彼女は「仕事だよお」と答えた。

「仕事?」

「うん。ほとんど毎日働いてるよお」

2015年7月31日公開

作品集『ここにいるよ』第7話 (全26話)

ここにいるよ

ここにいるよは3話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

カフカ

"ここにいるよ(7)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る