歌 and ON 七五調ヒップホップ小説

魂は貸したつもりが質流れ——泉鏡花の名作『歌行燈』を材にとり、全編七五調のみで書かれた衝撃のヒップホップ小説。耳を澄ませば、聞こえくるのは怨念怨。ぜひ声に出して読んでみてください。

¥ 499

  1. 完結済み ( 2015 年 8 月 14 日 〜 2015 年 8 月 21 日 )
  2. 8 作品収録
  3. 94,321文字
  4. あとがき付き(約452文字)

Authors & Editors 執筆者・編集者

高橋文樹

高橋文樹 編集・執筆

日本の小説家。1979年8月16日に千葉県に生まれる。株式会社破滅派代表取締役。太宰治や大江健三郎を輩出した東大仏文科在学中に『途中下車』で幻冬舎NET学生文学大賞を受賞し、幸福な作家デビューを果たすも、その後辛酸を舐める。2007年、『アウレリャーノがやってくる』で第39回新潮新人賞を受賞するも、単行本化されず、この世のすべてを憎むようになる。
自分の作品は自分で世に出すというDIY精神のもとに、日夜活動をしているプログラマーとしての側面もあり、千葉県でもっともGIthubスターを稼いだPHPエンジニアでもある。趣味は家づくりで、山梨に自分で家を建てた。

How people say みんなの反応



4.5
1件の評価)


ログインしてレビュー

Works 掲載作一覧

  1. 1

    一 あるびの少女 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,522文字

    雨の降る六本木の町をスーツに身をまとった老人が進む。なにやら人探しをしている様子。と、老人の目の前で若い女性が……。衝撃の七五調ヒップホップ小説、ここに爆誕。

  2. 2

    二 燕飼い 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 9,381文字

    首都高速の高架下、ずぶ濡れになった女が泣きながら歩いている。キャリアウーマンらしい女が代官山のマンションに帰ると、そこには背の高い美男子が。全編七五調で書かれた衝撃のヒップホップ小説。

  3. 3

    三 流離譚 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,464文字

    老人モロイが助けたアルビノの少女リリィは、探し物について話し始める。儚いほどの美しさの影に隠したその過去とは。全編七五調のみで書かれたヒップホップ小説。

  4. 4

    四 世の名残り 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,250文字

    郁子の家に残された美男子タケル。忘れ物を届けるために彼女の後を追うのだが、六本木の街で出会ったピザ屋の主人と昔話。それによるとタケルは……。全編七五調のみで書かれたヒップホップ小説。

  5. 5

    五 女獏 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,312文字

    写真を届けにアバロンへ向かった郁子だが、肝心の写真を忘れたために、モロイに疑われる羽目になる。と、そこへタケルが写真を持って現れ……。全編七五調のみで書かれたヒップホップ小説。

  6. 6

    六 夢の後先 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 6,239文字

    写真を手に入れたリリィは、老人モロイの探し物について尋ねる。モロイが語る過去は、横浜桜木町で軍楽隊を務めた頃の話だった。「弱さを隠す事が出来れば、其れは立派な強さだろ」全編七五調のみで書かれた衝撃のヒップホップ小説。

  7. 7

    七 二羽——一羽 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 6,175文字

    饒舌屋が一人は居なきゃ、話が前に進まない。リリィと別れた老人の元へ、チビとデブのラッパーが二人かけよってくる。「売りが無いなど、泣き言云うな」全編七五調で書かれた衝撃のヒップホップ小説。

  8. 8

    八 混沌夜 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 6,094文字

    やがてモロイの前に現れたのは……「どんな音色が鳴っていた。小説は其れが一番肝要だ」全編七五調のみで書かれた衝撃のヒップホップ小説、ここに堂々完結。

¥ 499

AmazonのKindleストアで購入できます。

この本を購入する

※ Kindle以外にもスマートフォンやPCの無料アプリで読めます。

Kindle for PC | Kindle for iOS | Kindle for Android