五 女獏

歌 and ON(第5話)

高橋文樹

小説

5,312文字

写真を届けにアバロンへ向かった郁子だが、肝心の写真を忘れたために、モロイに疑われる羽目になる。と、そこへタケルが写真を持って現れ……。全編七五調のみで書かれたヒップホップ小説。

無い、無い、無い無い無い。狼狽あわてた分だけもっと無い。

「確かにれた筈ですが」

「ほお、収れた。出した、収れた、か。拾い物した人にしちゃ、変わった口を聞きなさる」

護衛、其れとも執事か何か、老人の目は嫌に鋭い。傍に抱えた黒匣に張られた革が、怪しく光り、郁子の虚言うそ燦然きらりけ狙う。

「入ってた、ですね。失礼、済みません」

「何故に謝る」

首筋に鉄の棒でも差し込まれたか、ぐっと身体が動かない。元来が虚言の得意な方じゃない。二羽目の燕の依頼たのみを聞いて、役者気取りで此処まで来たが、所詮真面目な会社勤めじゃ、謀略はかりごとには正直過ぎる。美点だと賞めた処で始まらない。こんな場合は無力の一語。裁判に、保釈、判決、執行猶予、私も罪になるのか——なんて、未来を憂う言葉が並ぶ。

とこう、すっかり顔色いろを失って、周章狼狽曝け出し、指の先など細かに震え、唇の光沢までも失くなれば、羨む程に色白の女が漏言ぽつり、助け舟。

「駄目だよ、脆弱モロイ。遠路遥ゝはるばる届けてくれた、優しい人に失礼よ。写真の事は諦める」

崩露流ほろりと頬を伝うのは、水の真珠か、金剛石ダイヤモンドか。其の涙には、女同志も見惚れるような。掛ける言葉を見つける前に少女は莞爾にこり、笑い直した。

「御礼がてらに、御宅まで伺いますよ。何処ですか」

「猿楽町」

と、真面目に応え、はっとする。無策ゝゝむざむざ家に来られては此方こちらが困る。捜査令状、家宅捜索、事情聴取……科人とがびとの頭に浮かぶ四文字熟語。いえ、直ぐに取って来ます——と、立ち上がったら、老人再び好機と見たか、何処へ行く——と、透かさず二の矢の問いで尾け狙う。

不可思議おかしいな。写真は家に在るのかい。路で拾った……聞き間違いか」

老人は、これ見よがしに耳を穿った。少しの虚言うそこしらえる、そんな事さえ覚束無い。動揺が握り締めてた手の甲に、点然ぽたりと涙、一滴ひとしずく。少女の其れに叶わない、然し想いの凝縮された、三十路女の心の雫。地味な努力を重ね続けて、訪れたのは泥棒扱い。連日連夜の残業で疲れた肌じゃ水を弾くも叶わない。

駄目な燕に世話を焼くのが生き甲斐と、自分で自分を騙していたが、本音を言えば……甘えたい。渡り鳥なら何時か旅立つのが運命さだめ。其れならいっそ、自分の元で飛べない鳥に成って欲しいと、本気で思う自分が恐い。実際に、島津と共に住んでから、彼が書くのをしないのは、当人だけの所為じゃなく、私が夢を食べる獏——。

かと言って、島津に去られ、孤独地獄ひとりぼっちで老醜さらし、ついに寂しく野垂れ死に……なんて自虐は描けない。如何したんです、気分でも悪いんですか——と、情けを掛ける目の前の白い女も、いっそ其の若さが憎い。

「別に貴女を疑ったりは、してません。ねえ、泣かないで」

「泣いてませんよ」

意地を絞って、きっと正面見据えれば、老獪な視線がじっと迎え撃つ。

「この弱虫め。終いには被害者づらか」

「失礼ですが、初対面はじめての方に其処まで言われるような、非道い生き方してません」

「開き直るな、見苦しい。あの写真はな、二年前、死んだ子供の忘れ形見よ。よし過失まちがいにしたってな、失くしても良い代物なんかじゃないんだよ」

と、老人が切り出したのは、聞くも哀れな身の上話。

此処は晩夏の六本木、而も熱気の渦巻く歌小屋クラブ。それなのに、流離譚はなしを聞けば、膚を刺すほど冷たい水で水垢離みずごりなどをした気分。

2015年8月18日公開

作品集『歌 and ON』第5話 (全8話)

歌 and ON

歌 and ONは1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

音楽

"五 女獏"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る