ここにいるよ(12)

ここにいるよ(第12話)

高橋文樹

小説

1,504文字

編者による異言――注解に代えて

彼は第二編の一冊目となるノートにおいて、ある哲学者の言葉を引用することになる。前世紀の半ばに発されたその言葉は、その潔さにおいて、卓越している。その潔さを尊重するならば、もうこれ以上蛇足を重ねるべきではない。しかし念のため、彼の改稿癖について記しておこう。

囚人は無際限にノートを書けるわけではない。数量に制限があり、取っておきたい場合は「領置申請」をしなくてはならない。そして、彼がすべてのノートを申請することはなかった。

彼は捕われの身になってから、本当によく書いた。日記、短歌、俳句、書、そして、この書物のための膨大な草稿……。しかし、彼はその大部分を廃棄しようとしていた。というよりも、彼は処遇上、「領置申請」という事務手続きを経なければ、持ち物を取っておけなかったのだが、彼は自分の書いたもののほとんどを「領置申請」しなかった。

実際には、ある涙もろい看守の手が、彼の残そうとしなかったノートの一部を廃棄処分から救った。それは越権行為だったが、それによって彼の書いたものの性質がある程度浮かび上がってくる。

ノートの中には雑記帖のようなものがあり、彼の嫌った日記めいた記述が残っている。それによると、彼は第一編のノートを書き終えた後から第二編のノートを書き始めるまでに一年近い時間を費やしたこと、その間に書かれたのべ十六冊のノートはすべて草稿として廃棄処分を申請したこと、右腕の腱鞘炎と視力の低下に悩まされたこと、人差し指と親指は漫画家のようなペンだこができたこと、例の刑務官が彼の異常な専念を気にして三日間の執筆禁止を命じるよう処遇部長に進言したこと、などが窺い知れる。

2015年8月2日公開

作品集『ここにいるよ』第12話 (全26話)

ここにいるよ

ここにいるよは3話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"ここにいるよ(12)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る