ここにいるよ(22)

ここにいるよ(第22話)

高橋文樹

小説

715文字

編者による異言――仮説に代えて

マックス・ブロートという編集者は、親友の小説を編纂するに当たって、その順番に関して想いを巡らせた。そして、彼がさんざん頭を悩ませて決めたその順番さえ、後世の研究者たちはいちゃもんをつけた。著者本人に頼まれた男が、異端扱いを受けているのだ。それもこれも、その著者が大の人気者だということによるのだろうが。

さて、この書物の第四編となるノートは、前出の三篇とは少し異なる。

いわゆるルーズリーフである。つまり、一冊の定義が曖昧なのだ。十枚程度にまとめられた短編がクリップで一まとめにされている。それがいくつか集まって、一つのファイルに閉じられている。

2015年8月7日公開

作品集『ここにいるよ』第22話 (全26話)

ここにいるよ

ここにいるよは3話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

カフカ

"ここにいるよ(22)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る