方舟謝肉祭(8)

方舟謝肉祭(第8話)

高橋文樹

小説

9,396文字

「性格の悪い語り手」Fの大伯父・宗おじさんは、五曜会の面々に働きかけ、なんとか南洋就航を成し遂げようとする。それは早すぎた時代の一代ベンチャー事業だった。

Chapter Three……方舟

一‐二 五曜会

 

日も落ちて暗くなった頃、宗光は神戸の椿屋の門をくぐった。女将(おかみ)が「松永さん」と丁重に出迎える。かすかに開いた戸から談笑する声が聞こえてきた。

「もう誰そ来ちょるんか?」

小見が尋ねると、女将は「まだお一人です」答えた。

「そいなら、あれは別の団体さんかいな。いらしちょるのはどちらさんじゃろ?」

「種村さんという方がいらしてはります」

「種村? 聞いた事も無い」

宗光が怪訝(けげん)な顔をすると、小見が「郵船の方ですよ。兄まが呼んだんじゃないですか」と笑う。

「おお、そうかそうか、今夜の主役じゃ」

座敷へ繋がる(ふすま)を開くと、白い詰襟(つめえり)の船員服でマドロスパイプを(くゆ)らせている男がいた。宗光と小見を認めると、小さくだが、ゆっくりと確かに頭を下げた。慇懃でいながら自負の垣間見える挙動。紳士然としたカイゼル髭を生やした顔はあくまで端正だった。

「これはどうも、お初にお目にかかります。(わし)は松屋汽船の松永と申します」

麦藁帽を脱いで女将に渡しながら、宗光は丁重に挨拶をした。

「はじめまして、種村興一と申します。日本郵船の一等航海士をしています」

外国人風に手を差し出して握手を求める様は、いかにも外洋航路に携わる人間に相応(ふさわ)しい振る舞いである。宗光はその手を握り返しながら尋ねた。

「失礼ですが、どちらの航路についてらっしゃるので?」

「欧州航路です」

「というと、諏訪丸ですか? あれは一〇〇〇〇屯ぐらいあったでしょうか」

「一一〇〇〇屯です」

へえ、と小見が喚声を上げた。小見も航海士であるが、松屋汽船に一〇〇〇〇総屯を超える船は無い。

「そんなでかい船に乗ってらしたとなるとゆくゆくは大船長ですな」

宗光の追従に種村はカイゼル髭を上げて応じた。ここだと決めた宗光は、「さあさ、揃うまで一杯やっちょりましょう」と女将を促した。

五曜会の面子が揃うまで、宗光と種村はかなりの会話をした。種村の方はどうかわからないが、宗光は「種村氏ィ」と呼ぶぐらいには打ち解けた。

この日の五曜会の面々はあと六人いた。はじめに来たのが長谷浦友蔵、神戸の老舗料亭「蓬莱」の料理人である。次が大阪大学の文学部助教授で民俗学を研究している井狩豊三(とよぞう)と、その学友で内科医の田畑信吉。神戸新報の記者、諸岡大悠(だいゆう)。神戸銀行の中村久十(くじゅう)。神戸に本拠を置く太平洋移民株式会社の陣内康安(こうあん)。神戸の洋食屋「貴欧軒」のコック萩俊介。そして、遅れて来たのが幼馴染の郷中金之助、柳井市の旅館「星山荘」の次男坊である。

総勢十人が自己紹介もそこそこに酒を酌み交わした。そして、食事が一通り出揃うと、酌婦を追い出して人払いをする。

「皆さん静粛に、静粛に」

少し頬の赤くなった小見が、子供のような坊主頭を左右に振って一人一人に語りかける。

「これから、松屋汽船の松永宗光より、皆様方にご挨拶があります」

立ち上がった宗光を全員が注視する。宗光も一度咳払いをして、声を出そうとしたが、思わず照れて相貌を崩した。

「なんや、宗光さん、柄にも無い」

記者の諸岡が茶化すと、どっと笑いが起きた。こうなることを見越しての照れ笑いである。

「いや、どうもこういうのはいかん。ちょっと砕けて行きますけえの、ごめんなすって」

宗光は輪になった宴席の中央にあぐらをかいた。猪口(ちょこ)の中の酒が揺れる。

「種村氏ィは裏南洋航路を知っちょりますか」

急に水を向けられた種村は、パイプを置き、戸惑うような表情を見せてから「ええ」と答えた。

「我が社が三年ほど前に開設した航路ですよ。政府命令航路です」

記者の諸岡が急に賢しい顔つきになって、「まさかそこに乗り込むんですか?」と、尋ねる。宗光はそれに答えず、含み笑いで返した。諸岡は「先の大戦で、南洋群島が日本領になりましたな」と、食い下がった。

「正確には委任統治領ですよ。国連の許可を受けて統治しているんです。軍事施設の建造は禁止されていますがね」と、種村。

2007年7月5日公開

作品集『方舟謝肉祭』第8話 (全24話)

方舟謝肉祭

方舟謝肉祭は3話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2007 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

メタフィクション 海洋 純文学

"方舟謝肉祭(8)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る