泡沫候補研究

泡沫候補研究

高橋文樹

評論

5,511文字

2007年4月8日。得体の知れない男が東京都知事選に討って出た。その名も外山恒一。時代のアダ花? 真の革命児? 正直どっちでもいいんですけど、破滅してそうなんで、いまさらながら取材してきました。

1.こんな国、滅ぼそう

2007年3月23日。東京都知事選挙の公示日。ぼくが取っている朝日新聞には選挙公報が折りこまれていた。石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三、黒川紀章といった有名人たちの名に混じって、聞いたことのない名前がある。どうせ、いつもの泡沫候補だろう。そう思ったぼくの目をひきつけたのは、「政府転覆」の一言だった。

政府転覆
こんな国、滅ぼそう
改革はもうあきらめよう どうせ選挙じゃ何も変わらない
外山恒一にヤケッパチの一票を!
そりゃまあ万が一当選しちゃったら、マジメにやりますよ
立候補の目的は、選挙をつうじて諸君に政府転覆を呼びかけることだ。詳しくは掲示板のポスターを見よ。
なお、選挙後の連絡先は080-3188-XX62だ。
1970年生まれ。九州を拠点とする革命家。福岡刑務所卒。
※電話番号は一応伏せておいたが、外山氏のホームページには公表されている。

この公示を読み、衝撃を受けた方も多かったろう。なぜ携帯の番号を書いてしまうのか? ぼくはすぐさま電話をかけた。当り前の反応だろう。どんな職種につく人であれ、名刺を貰えば、それはすなわち「連絡してきていいよ」というメッセージだからだ。ぼくもまた、一般常識にならっただけの話だ。

ちなみに公示されたポスターはこんな。連絡先が書いてある……

ちなみに公示されたポスターはこんな。連絡先が書いてある……

出た。普通に出た。その強烈すぎるメッセージとは裏腹に、朴訥とした声。その日は激しい春の嵐、たぶん「作戦会議」は開かれないだろうと半ば諦めながら、尋ねてみた。

「すいません、新聞見たんですけど。今日って高円寺でやりますか?」
「まあ、夜は上がるっていうし、やりますよ。万が一止まなかったら、近くにあるガード下に移動するだけなんで」
「あ、そうですか。でしたら伺います。よろしくお願いします」
「はいはーい。待ってますよ」

ぼくは携帯の切を押したあと、夢見心地というか、「なんだこれ?」という感じだった。こんなことってあるんだろうか? 選挙は草の根活動が大事だとはいえ、携帯の番号を公表してしまうとは? 破滅的な人間に違いなかった。が、そこはぼくも破滅派に参加する人間のはしくれ、ダラダラとしているうちに日が経ってしまった。

そうこうしているうちに、例のYouTube事件である。外山恒一氏はNHKの政見放送で中指を立て、「選挙じゃ何も変わらない!」と叫んだ。その後の盛り上がりについては、ご存知の方も多いだろう。編集部の面々からは無言のプレッシャーがあった。なぜ逃した、と。ぼくは怠けていたことを反省し、すぐさま千代田線の駅に向かった。

やがて辿り着いた、JR高円寺駅南口。八時十分前。とくになじみのある場所ではなかったから、待ち合わせの場所に辿り着けるかわからなかったが、その心配はなかった。同じく公示を見て集まった人がわんさかいた。

はじめはモジモジしていた皆さんも次第に積極的に記念撮影を求めていました

はじめはモジモジしていた皆さんも次第に積極的に記念撮影を求めていました

ほどなくしてやってきた原付の男。ハンドルには大きなビニール袋がぶらさがり、チラシやなんやと詰め込みまくっている。あっという間に人だかりができた。はじめは無遠慮に携帯のカメラでちろりんちろりんと撮っていた人々も、「すいません、写真いいですか?」と一緒に撮ってもらっている。考えていることはぼくと同じだろう。ブログか何かで使うつもりなのだ。

「すいません、一人で来たんですか?」

ぼくは隣にいた背の高い男に話しかけた。三十代半ばといったところ、少し前歯が出ていることを除けば、なかなかの男前だ。背が高いうえに、少し踵の高い革靴を履いている。チンピラ風だ。同じく一人ぼっちだったぼくは、道連れを作ろうと話しかけたのだが、その瞬間、外山氏が叫んだ。

「本日お集まりいただいた方々! これからあちらの噴水に移りますので、お酒が飲みたい方は各自買っておいてください。改札の前にコンビニがあります。私が買うと公職選挙法違反になっちゃうんで」

こんな感じで噴水の前に集合。なんか大学のサークルみたいなノリでした。

こんな感じで噴水の前に集合。なんか大学のサークルみたいなノリでした。

外山氏の語り口はやはり丁寧だった。やはり、「政府転覆」などというのは冗談なのだろうか、ちょうど内田裕也がジョン・レノンを歌ったように(気になる人はYouTubeでどうぞ)。しかし、話を聞いてみなくては始まらない。まだ寒い4月の夜だ。ぼくはコンビニで缶ビールのロング缶を3本買い、噴水へ向かって原付を押す外山氏の後についていった。

集まった人々は外山氏の付き人が床に敷き詰めたダンボールに座り、銘々に酒を飲み始めている。外山氏の政治的演説が始まると、結婚式の二次会みたいな雰囲気で「いいぞー!」とヤジが飛び、早々に質問タイムとなった。

公示用ポスターより。「ゴミばこ」って……ちなみに投票用紙には「ゴミ」とのルビが。

公示用ポスターより。「ゴミばこ」って……ちなみに投票用紙には「ゴミ」とのルビが。

――本当に当選したらどうするんですか?

「そりゃあちゃんとやりますけど、しないと思います。どうせ、石原で決まりですし。多数派なんてそんなものですよ」

――300万円の供託金はどこから出してるんですか?

「友達二人に借りました。まあ、うまく行けば戻ってくるだろうし、この後出馬予定の熊本市議選なんかは余裕で返ってくると思います。有効得票総数÷議員定数÷10が返還のラインなんで、大丈夫でしょう」

――外山さんはファシストを標榜していますが、なんでですか?

「本当はアナーキストなんですが、選挙という制度に参加してしまった以上、もはやアナーキストではなく、ファシストになるしかないのですよ」

「素人の乱」は朝日新聞の2007年1月の名作特集記事『ロスト・ジェネレーション』でも取り上げられてましたね。

「素人の乱」は朝日新聞の2007年1月の名作特集記事『ロスト・ジェネレーション』でも取り上げられてましたね。

――売名行為だという話も出ていますが?

「そうです。先ほどお渡ししたビラをお読みいただければわかるとおり、私は熊本で私塾を開催しようと考えています。今回の立候補はそのための呼びかけです」

――もう塾生は集まってるんですか?

「若干集まりつつありますが、今すぐ九州へは無理という方は、とりあえず高円寺で活動している素人の乱というグループへの参加をオススメします。これは私が唯一賛同している集団です」

公式の質問タイムが終わると、ただの飲み会になった。先ほどぼくが話しかけた革靴の男も、mixiの友人かなにかと合流して完全に泥酔、ただの酔っ払いと化した。

「俺があんたを当選させてやるよ!」

彼が差し出した名刺にはとある有限会社の名前が書いてあり、「代表取締役」の文字が光っていた。

高円寺駅前で「オナニー!」と叫ぶ大学院生。みんな面白がって写真を撮ってます。

高円寺駅前で「オナニー!」と叫ぶ大学院生。みんな面白がって写真を撮ってます。

時刻も十時に近寄ると、就職活動中で20社連続落ちている中央大学院生が「オナニー!」と叫びだした。

「おまえら全員、オナニーだ!」

叫び声が十回もこだますると、オナニー坊やはタクシーにぶち込まれ、調布の家へと送り返された。

2.考察してみる

さて、高円寺へ出向き、外山氏のいう「作戦会議」に参加したことは面白くもあった。

奥にいる坊主頭のおじさんが自称小学館。自民党の党員章を見せてくれました。

奥にいる坊主頭のおじさんが自称小学館。自民党の党員章を見せてくれました。

オナニー坊やや革靴のチンピラ社長だけでなく、他にも個性的な面々が多くいた。俺は自民党員だといって党員証を出した小学館の社員。昔は左翼過激派だという変な爺さん。だめ連の発起人であるぺぺさん。

総じて言えるのは、なんとなく左翼がかった人たちが多かったことである。たしかに、ファシズムはその伸張期に左翼と手を取り合うものである。ナチスの正式名称は「国家社会主義ドイツ労働者党」であり、イタリアのファッショは労働組合を組織して勢力を伸ばした。手を取り合うことが行き過ぎれば、それはファシズムになる。そして、そこから全体主義へと発展して行くのは、歴史の示すところだ。

とはいえ、外山氏の主張がそれほど過激かというと、そうは思えなかった。民主主義に期待できないというのはよくある意見だからだ。たとえば、英国の名宰相だったチャーチルはこう言っている。

実際のところ、民主制は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた、他のあらゆる政治形態を除けば、だが。Wikipediaの「ウィンストン・チャーチル」の項より引用。

まともに政治について考えようと思えば、民主主義を超えたものを模索するのは当り前だ。外山氏のいう「政府転覆」や「こんな国、滅ぼそう」というキャッチフレーズは、あくまで「祭り」を起こすためのポーズであり、それは成功している。YouTubeにアップした政見放送の動画は過去最高の閲覧数を記録し、九州を拠点にした私塾我々団は順調に活動を開始しているようだ。

ちなみに最後はこんな感じで、ほとんどスクラム。この盛り上がり方はある意味ファッショ。

ちなみに最後はこんな感じで、ほとんどスクラム。この盛り上がり方はある意味ファッショ。

外山氏が配った選挙公報ビラの活動予定を読むと、「我々団」〔当時は名称非公開だった〕が行うのは文化運動らしい。

例えば、あなたがこの塾で半年間の修行を積み、九州のどこかの演劇シーンに参入したとしましょう。
〔中略〕
せいぜい2,3年で、あなたはその都市の演劇シーンにおいて重要なポジションを得ることになるでしょう。
もちろん、他のジャンルに進んだ場合でも同じです。
こうして、九州各地の諸文化運動シーン、左右の政治運動シーンで、塾出身者がめざましい活躍を始めることになります。
〔中略〕
これを全国規模でやろうとすると何十年かかることか気が遠くなりますが、エリアを九州というほどほどの規模(狭すぎず広すぎず、数十万規模の都市も10以上は存在する)に限定することで、わずか数年で実現できるというのが私の構想です。

グラフにするとこんなですが。左から石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三、黒川紀章、ドクター中松、で外山恒一です。

グラフにするとこんなですが。左から石原慎太郎、浅野史郎、吉田万三、黒川紀章、ドクター中松、で外山恒一です。

大きな社会運動というのは、いつも文化的ムーブメントから始まる。そのこと自体は別に馬鹿にされたものでもなんでもない。草の根活動がいつか大きな実を結ぶものだ。都知事選に出るために300万円かけたのも、全国ネットのCMを流す値段に比べたら実に庶民的である。

東京の大資本からでないと何も発信できない社会というのは間違っているし、外山氏がそこに突きつけた「ノン」に同意する「少数派」がけっこういた(15,000票)というのは、行き詰った社会に差した一つの光明だと、ぼくは思う。

ただ、ハードルは少なくない。耳目を集めるために自ら「ネタ」になることを引き受けた外山氏は、徹頭徹尾「ネタ」として消費されてしまうこととなった。

一番左の女性が『夕刊フジ』、カメラ構えてる人は『ポスト』か『ダイヤモンド』だった気が。みなさんサクッと仕事を終えて、小一時間で帰社。

一番左の女性が『夕刊フジ』、カメラ構えてる人は『ポスト』か『ダイヤモンド』だった気が。みなさんサクッと仕事を終えて、小一時間で帰社。

高円寺には幾つかの有名マスコミが取材に来ていたが、彼らは「ネタ」になりそうな発言を集めると、そそくさと去っていった。これは何も、マスコミに限った態度ではない。外山恒一が巻き起こした一連の「祭り」に参加した人たちは、「ああおもしろかった」と去っていく。ネタはネタでしかないのだ。

外山氏が「ファシズム」という言葉で提示した新しい政治像が明確なものではなかったことは確かだが、一体、どれほどの人が真剣に議論をしようと思っただろう。

このように、マジメな議論に発展しにくいという他、外山氏が激しくネタ化することによって引き受けたもう一つの弊害がある。それは警察当局による介入だ。

高円寺で外山氏は公安警察に尾行された話をしてくれた。なんでも、ある日外出先から戻ったところ、アパートの大家が紙を渡してくれたという。その上には外山氏の個人情報がすべて書かれていて、公安警察の文書であることが銘打たれている。大家さんはその紙を外山氏の部屋の前で拾い、鍵つきの郵便受けに入れておいたそうだ。たぶん、公安警察が尾行リストを落としていったのだろう。

熊本市議選には立候補しましたが残念ながら落選しました。現実は厳しい。

熊本市議選には立候補しましたが残念ながら落選しました。現実は厳しい。

当時は冗談の一環として聞いていたこの逸話も、現在では笑えない話になっている。2007年6月12日、外山恒一氏は道交法違反で逮捕された(サイト参照)。任意同行に応じなかったのがそもそもの原因だろうが、「国家転覆」を宣言してはばからない人間は、こうして不当拘留の憂き目に遭うものである。警察の努力が実ったと安心する人もいることだろう。

なにはともあれ、外山恒一が引き起こした一連の経緯は、これまで出てきた何人もの泡沫候補(ドクター中松又吉イエス)とは一線を画すものであると言っていいだろう。どちらかというと、田中康夫に近い。そもそも泡沫候補に票が入るのは、有力候補者にノンを突きつけるためだ。泡沫候補が現実的なら田中康夫になり、そうでなければ又吉イエスになる。今後どうなるかは、外山氏の活動次第だろう。

Tシャツの胸には「まだ反抗期」サイトで買えるそうです。

Tシャツの胸には「まだ反抗期」サイトで買えるそうです。

ところで、凄まじい資産家というわけでもない外山氏が仮にも都知事選に立候補できたのは、幾人もの支援者がいたからである。ぼくは高円寺で、外山氏の仕事を手伝っていたスーツの男に尋ねてみた。なぜ、外山氏を支援しているのか、と。すると彼はマジメな顔で答えた。

「高校生の頃、外山さんの本を読んで感動して。すぐに会いに行ったんです」

本を書き、読者を動かすのはとても難しい。外山氏はすでにそのハードルをクリアしている。そこから先、その人数を多くして世界を変えることができるかどうか、それが問題だ。今後、具体的な蜂起の方法についての研究が待たれる。

おしまい。

2007年6月25日公開

© 2007 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

バカ 政治 絵入り 閉塞感

"泡沫候補研究"へのコメント 1

  • ゲスト | 2011-01-27 02:34

    古い評論へのコメントで恐れ入ります。得票数のグラフ横にある「東京の大資本からでないと何も発信できない社会というのは間違っている」という記述に破滅派の矜持とでもいうべきものが感じられました。どうでもよいことなのかもしれませんが、この記述は「東京の大資本」への批判なのでしょうか、それともそういう「社会」への批判なのでしょうか。なんか「双方へのプロテストだ」という答えが返ってきそうに思えるのですが、両者では意味するところがちょっと違うようにも思えます。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る