不都合な真実、それも無名で卓抜な表現をするあなたにとってだけ

メタメタな時代の曖昧な私の文学(第14話)

高橋文樹

エセー

4,954文字

私はこれまで、繰り返しWebの仕組みについて述べてきた。だが、あなたが真面目に文芸活動を行っているとするならば、私はおそらく絶望的なビジョンを提示することになるだろう。と同時に、これは福音でもある。あなたがただ単に文学によって名を馳せたいとか、イケていたいという類のサブカルクソ野郎である場合において。

去年の暮れに破滅派はランキング機能を実装した。これまでの破滅派において、もっともPV(ページビュー=そのページが何回見られたのかを示す数値)を集計したものである。この結果は、おそらく破滅派を熱心に読んでいた読者にとって、意外なものだったのではないだろうか。

まず、栄えある第1位は『宇治の橋姫(抄)』である。なぜか? それは、以前破滅派で出したiPhoneアプリの宣伝としてApp Storeにリンクを貼ったからである。抄録である以上、作品のすべてを読むことはできないのだが、それでもこの作品が1位になった。App Storeという世界的に膨大なトラフィックがある場所にあったリンクを踏む人が多かった、という単純な事実の帰結である。1位は2位に対して6倍近いPVを誇っている。

そして2位。『あたしとちんこ』である。なぜか? おそらく、作者である昼野陽平氏もなぜこれが2位になったのか、不思議だろう。理由は簡単だ。この作品には「処女」「ちんこ」といった言葉が出てくるからである。あなた方がまともな生活を送る人であれば、まさかGoogleで「ちんこ 小説」や「脱糞 小説」というキーワードで検索をかけたことはないだろう。ましてや、「んああああっいやああああっっっ 見ないで、お願いぃぃぃっっっ」という言葉で検索をかける人間がこの世に存在するなど考えたこともないだろう。だが、そういう人はいるのだ。信じがたいことに。そして、検索エンジンを介して破滅派にたどり着くのだ。それらの人々がはたして満足して去って行ったのかどうか、とても気にかかる。

三位以下には『尿道★ワンコロ』や『便秘男』といったお下劣ワード小説に加え、『「葉桜と魔笛」論』やアポリネールの翻訳外山恒一氏へのインタビューなどが散見される。勘のいいあなたはお気づきだろう。これらはある一定の検索ボリュームを持っているのだ。あるものはエロがゆえに。あるものが有名であるがゆえに。

いったんまとめよう。破滅派の歴代ランキングを出したことによって、以下の事実がわかった。

  • App Storeからリンクを貼られた作品が1位である。
  • 「ちんこ」や「処女」といった卑猥な言葉を含む小説が検索流入を招き、高い順位である。
  • 有名人について言及したものは高い順位である。

あなたはこの事実に対して、破滅派の運営者である私がどんな顔をしていると思うだろうか? どんな顔もしていない。いたって真面目な顔だ。

なお、『あたしとちんこ』によって破滅派はGoogle Adsenseの規約に抵触して垢バンされ、広告収入以外の収益源を模索しはじめたことも追記しておく。これは下品な言葉を作中で使わないでほしいということではなく、好きな言葉で表現するために広告収入を諦めたという積極的な選択である。

2015年3月11日公開

作品集『メタメタな時代の曖昧な私の文学』第14話 (全22話)

メタメタな時代の曖昧な私の文学

メタメタな時代の曖昧な私の文学は1話、2話、7話、17話、22話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.7 (3件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

テクノロジー

"不都合な真実、それも無名で卓抜な表現をするあなたにとってだけ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る