「葉桜と魔笛」論

花藤義和

評論

112文字

2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

Get Adobe Flash player このコンテンツをご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。左のバナーからAdobeのサイトへ移動し、ダウンロードしてください。

大きな画面で読む

2007年5月15日公開

© 2007 花藤義和

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

バカ 学園モノ 学究的 文壇事情 熱い

"「葉桜と魔笛」論"へのコメント 2

  • ゲスト | 2010-08-30 20:58

    初めまして。最近NHKの怪談ドラマ『葉桜と魔笛』を観た事からこの論文に興味がわきました。
    太宰は高校の頃お決まりの様にはまった経歴持ちでありまして大変面白く読ませていただきました。太宰の経歴には笑わせてもらいました。

    なんとなく
    生きづらさの上の作家という道と。作家である事の生きづらさという道。
    が混在してそこからの脱却の為のいらだちが原動力だったのでは。

    こんな熱い学生生活いいなあ。とおもいました。

  • ゲスト | 2010-09-02 08:05

    チョコらさん。こんにちは。
    コメントをどうもありがとうございます。
    花藤は現在、かろうじて生きているようです。

    『葉桜と魔笛』は素敵な作品ですね。
    ドラマ化されていたとは知りませんでした。
    貴重な情報をありがとうございます。

    学生生活も熱すぎると、現在の私のように炭化してしまいます。
    とはいえ、もっと熱くなりたければ、破滅派に参加されることをオススメします。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る