文脈の中で私達は無力である

メタメタな時代の曖昧な私の文学(第10話)

高橋文樹

エセー

3,514文字

テキストはある文脈の中に位置づけて読まれる。ただし、文脈は広がりつつある。人々がスマートフォンを持つことで、位置情報を元にしたマーケティングが可能になったように、IT界の巨人達はより強い属性を求めて支配可能なコンテキストを広めている。そんな世界で私達のテキストは無力である。

クリストファー・ノーランがアメコミを元にして制作した映画『ダークナイト』では、バットマンが宿敵ジョーカーにある選択を迫られる。愛しい幼なじみであるレイチェルを救うか、それともゴッサムシティの作られた英雄ハービー・デントを救うか? この選択はストーリ上重要な選択であるため、ここでは明かさない。が、パロディビデオについてならネタバレしてしまっても非難されることはないだろう。

そのパロディビデオでは、選択を迫られたバットマンがレイチェルを助けに行くため、iPhoneのマップを起動する。ただ、マップは次々と間違った道を示し続け、ついに辿り着いた目的地で待っているのは見知らぬホームレスである。呆然とするバットマンのはるか後ろで、レイチェルにしかけられた爆弾が炎を上げる。バットマンのヴォイスチェンジャーを表現するためにドスの利いたアテレコをしているのが傑作だ。

このビデオはAppleが満を持してリリースしたiPhoneのマップ機能に関する不満を表明した一連のビデオの一つである。iPhoneのマップはそれまでGoogle Mapを利用していたのだが、突如OpenStreetMapという別の地図データを元にした自作の地図アプリケーションを採用した。多くのユーザーはその質の低さに不満を持ち、Appleの天下は終わったと嘆いた。

巨人が求めた携帯電話の外のコンテキスト

これまで6年に渡って運営されているGoogle Mapの質は高いが、単なる地形データという点に関しては、OpenStreetMapも負けてはいない。異なるのは地図上に配置されたデータとその提供方法である。地図は現実の世界を元に作られるため、メンテナンスが必要だ。駅やお店のようなランドマークは場所が変わることもあるし、営業時間のようなデータも一緒に取れた方がよいだろう。半径1km以内のラーメン屋を検索し、辿り着いた結果その店がすでに閉店していたとわかったら、あなたはマップの質が低いと感じるはずだ。その象徴が「パチンコガンダム駅」である。iPhoneのマップはパチンコ屋を駅として表示した結果、iPhoneユーザー達を苦笑させ、ライバルであるAndroidのスマートフォンを使うユーザーを狂喜乱舞させた。Google Mapの質の高さとはまさにこのようなことが起きないよう蓄積された情報量であり、6年の歳月はだてではないのだ。

AppleにとってGoogleは競合する部分もあるが、場合によってはお互いに協力しあっている。iPhoneユーザーが利用するGoogle検索の広告収入はGoogleに入るし、これまでのiPhoneも質の高いGoogle Mapを利用できていた。だが、それでもなお、Appleが自前のマップを欲しがるのには理由があったということを分析する専門家もいる。

2013年3月25日公開

作品集『メタメタな時代の曖昧な私の文学』第10話 (全22話)

メタメタな時代の曖昧な私の文学

メタメタな時代の曖昧な私の文学は1話、2話、7話、17話、22話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2013 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

テクノロジー

"文脈の中で私達は無力である"へのコメント 0

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る