館長、感染させてくれてありがとう

メタメタな時代の曖昧な私の文学(第12話)

高橋文樹

エセー

4,905文字

バイラルメディアという新たなメディアが人目に触れることが多くなった。盗用スレスレの引用が平然と行われるインターネットという荒野で、創作者はどのような心構えをすべきか。

ジャレド・ダイアモンドが『銃・病原菌・鉄』において看破したのは、「人類の歴史は交流の歴史であり、東西の移動は南北の移動より楽だったから横長のユーラシア大陸がもっとも栄えた」という単純な事実だった。そう、人の行き来が盛んな場所は栄えるのだ。

交通および情報のインフラが強化された現在、世界は狭くなった。その結果、私は日本で品切れになり楽天でプレミア価格がついている人気のバックパックをアメリカの通販サイトから定価で入手できるし、中国人はカタコトの日本語で私にWebサイト制作の見積もり依頼メールを送って来たりする。Fedexが私の手元に送ってよこし、「払わないとどうなるのだろう」という素朴な好奇心からいまもまだそのままにしているアメリカ国税局発行の支払い調書こそ、人類の交流がどれほど進んだかについての証左と言えるだろう。

だが、交流は人々に脅威をもたらしもする。南米の原住民がスペインの軍隊によって壊滅的な被害を被ったのは、彼我の戦力差よりも病毒ウィルス(要するに風邪)の影響が大きかった。それはまさに『ハーメルンの笛吹き』だ。外部から訪れた客人まれびとは、美しい音色を奏でながら私達の子供を、未来を奪っていく。まるで、黒死病そのもののように。

現在でも私達はそうした病毒の脅威にさらされている。デング熱? 違う。エボラ出血熱? 何を言っているんだ。そうじゃない。私が言っている病毒とは、バイラルメディアのことだ。

病毒の目的はただ増えることにある

Viralバイラル Mediaメディアとは、文字通りVirusウィルスのように広がっていくメディアのことである。こうして破滅派というWebサイトを見ているあなたならば、一度は見たことがあるだろう。もう何度も見たことのある猫の動画がtwitterでRTされているところを。2ちゃんねるの「画像で吹いたら寝ろ」スレで何度も使い古されたGIF画像がFacebookで5,000いいねを獲得しているところを。

なぜこんなクソのような事態がおきるのか? それは、バイラルメディアの収益源が広告収入だからだ。

インターネットにおいて、広告の絶対的正義は露出機会の多さ(面積×時間×回数)であり、Googleの天才性は広告表現の本質を単純化したことにこそある。

2014年9月12日公開

作品集『メタメタな時代の曖昧な私の文学』第12話 (全22話)

メタメタな時代の曖昧な私の文学

メタメタな時代の曖昧な私の文学は1話、2話、7話、17話、22話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2014 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

テクノロジー

"館長、感染させてくれてありがとう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る