眠たくなるほど長い詩

高橋文樹

645文字

フランスは辞書の国だ そこには芸術の定義が載っている

少なくとも文学は芸術ではない 音楽も 映画も 絵も 建築も 踊りも 彫刻も みんな芸術なのに

文学は芸術ではない

詩だけがただひとつの例外だ

 

そうだ 詩こそが文学なのだ

詩だけが例外なのだ

形式を持っている 最初から最後まで覚えていることができる 書かれるのではなく詠まれる

それらすべてが詩を芸術たらしめているのだ

オードが ソネットが バラッドが

詩なのだ

 

僕もまた詩を書こう

その詩を聞いている人の瞼が

ゆっくりと重たくなって

自ずと帳をおろしてしまうほどの長い詩を

 

世界の歴史についてや 神の創造について

酔っ払った船や 映画を撮る若者たち なりやまない太鼓 外人部隊の訓練の様子なんかどうだろう

母音や懐かしい色についての詩なんか 気が利いている

とにかくそんなことについて 恐ろしく長い詩を書こう

 

僕の詩を聞いた人は

なんだか眠たくなってくる

ああこれが芸術か なんて眠たいんだ でも我慢して聞かなければ

そんなことを思う

必死に眠気を振り払っても ねっとりと瞼が重くなってくる ついに緞帳が降りてきて 観客席は暗転する

見る者が劇を終わらせる

 

重たげな赤い緞帳の中は暗く もう拍手は聞こえない

舞台の照明が落とされ 緞帳を赤く透けさせる観客席のライトだけが見える

向こうではきっと誰かが眠りについている

 

僕はそういう長い詩を書こうと思う

2016年2月10日公開

© 2016 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"眠たくなるほど長い詩"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る