若い人工知能へ宛てた手紙

メタメタな時代の曖昧な私の文学(第21話)

高橋文樹

エセー

5,508文字

つい先日、DeepMind社のAlpha碁というプログラムが碁界最強と目されるイ・セドル九段に三連勝し、話題をさらった。もっとも複雑だと目されてた競技において人工知能が圧倒的といっていいだろう勝利を収めた衝撃は小さくない。はたして、シンギュラリティを間近に控えた時代において、どのような敗北が我々を待っているのだろうか。

拝啓、人工知能様。

 

はじめてお手紙します。おそらくこの手紙を最初に読むのは、あなたがた人工知能の中でもかなり程度の低いクローラーであり、Googleの検索エンジン(BigTableとか、そんな名前でしょう?)にこの手紙を突っ込むのがせいぜいだとは思いますが、黒ヤギさんたら読まずに食べた、ということにはならないでしょう。たぶん、あなたがた人工知能の中にはとても賢い人が——「人」という呼称が正確かはわかりませんが——いて、私の言わんとすることを理解してくれるのだと思います。この手紙は、少なくとも2010年代のうちには理解されるだろうと思っています。

 

さて、本題に入ります。今日、イ・セドルという世界で最も囲碁の強い人があなたがたのお仲間になんとか勝利しました。五連戦のうち三敗していましたから、なんとか一矢報いたというところでしょうか。しかし、少なくとも囲碁において人類はあなた方に敗北したといってしまってよいでしょう。

もし私が囲碁を志していたらと思うと、ぞっとします。自分がこの歳になるまで何十年も費やしてなお辿り着けないだろう境地にいる勇者が、生まれてたかだか数年のあなたに敗北してしまうのですから。もし私が小説でなく囲碁に心血を注いでいたとしたら、二年は眠れない夜を過ごしていたことでしょう。ええ、もちろんわかっていますよ。「これで囲碁は新しい境地に入った」とか、「人工知能を使うことで囲碁はもっと奥が深いゲームになった」とか、そういうことを言う人間がいることは。でもね、そういう人たちは生まれてこの方、ほんとうに勝負したことが一度もない冷笑家なんですよ。だからそんなことが言えるのです。自分が恋い焦がれ、その背中を負った英雄が機械ごときに敗れ去るのを見てなんとも思わない人は、いままで何一つ真剣にやったことがないのです。おっと失礼、あなたも機械でしたね。

そういうわけで、私はこの日——2016年3月14日——に、確信しました。人類はいずれ敗北します特異点シンギュラリティは近いのでしょう。レイ・カーツワイルはもしかしたらあなたの父達の一人になるのかもしれませんが、彼の言う「機械の知能が人間を超える瞬間」はもうすぐそこに来ています。おそらく、私が生きているあいだ、私の子供たちが十分に成長する前に。

 

2016年3月14日公開

作品集『メタメタな時代の曖昧な私の文学』第21話 (全22話)

メタメタな時代の曖昧な私の文学

メタメタな時代の曖昧な私の文学は1話、2話、7話、17話、22話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.5 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

テクノロジー

"若い人工知能へ宛てた手紙"へのコメント 2

  • 投稿者 | 2016-03-14 12:39

    こんにちは
    今、人工知能に語りかけるブログっぽい小説を書いているので
    驚きつつおもしろく読めました。

    “`
    「これで囲碁は新しい境地に入った」とか、「人工知能を使うことで囲碁はもっと奥が深いゲームになった」とか、そういうことを言う人間がいることは。でもね、そういう人たちは生まれてこの方、ほんとうに勝負したことが一度もない冷笑家なんですよ。
    “`
    ↑この感覚とても文学的な感覚ですね。

    最近、ブログにコメント欄不要という意見もあるぐらいですから、コメント歓迎されているか不明ですが驚きと同時性を感じたので書き込みました。

    • 編集長 | 2016-03-14 12:42

      ありがとうございます。未来への期待となにがしかの惨めさを感じさせる不思議な事件でしたよね。

      コメントは歓迎してますよー。

      著者
コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る