おんなたちの声がきこえる

高橋文樹

591文字

少し遅れたが、幼い頃の冬の夜についての記憶。メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!

夕ぐれの丘のあいだの道ではものかげに夜がひそむ

見なれた町なみの高いたてものや

かけぬけるちゅうりん場のちか道や

そうしたばしょでかげが夜のつめたいいきをはいている

 

さっきまで赤かった空の赤みが

いまではもうはじっこにしかない

つめたく白い星がこっちをにらみはじめている

 

冬がはだの上に氷のもうふをかぶせてくる

しんしんとさすように外がわからこごえていく

体のねつがとけて死んでいく

夜がなにもかもを飲みこもうとしている

 

丘のあいだをぬけると明かりがすこし見える

しろいかべが冬のやみにあたたかくうかんでいる

ほっと一いきをついてそのまえで少し立ちどまる

 

中から歌がきこえる

きえいりそうな高いおとで

それでいながら力づよく

かんしゃのうたを歌っている

 

しゅはきませり

しゅはきませり

 

おんなたちの声がやみ 空をみあげると

じゅうじかのライトがあかあかと

やみをあたためている

 

せくようなしんごうの点めつにせき立てられ

家じをいそぐ

まがりかどでじてんしゃのブレーキがなる

目をまるくしたおばさんはいう

ごめんなさいね

じてんしゃのかごには

おかしのつまった赤いながぐつがかたむいている

 

目のまえにじぶんのはいたいきが白くもやをかける

いきが少しずつふかくなる

もう少し

家のまえにはやみをきりさくようにライトがともっている

そのまえには大きな人かげがある

2019年12月26日公開

© 2019 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"おんなたちの声がきこえる"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る