バイクで死んだ奴はいない

高橋文樹

641文字

僕の友達にバイクの事故で死んだ奴はいない。でも、そんな〝マブダチ〟がいたような気がしてならない。

ハニーローストビーナッツを食べながら

ウイスキーの水割りを 麦茶のように飲み

夜中に ぼくは音楽を聴く

Amazonが聞かせてくれるからだ

 

ぼくはヤンキーが作った歌をよく聴く

そういう時代だったからかもしれないし

そうした地域に生きたからかもしれない

 

チェッカーズはジムとジェーンの伝説について歌う

ジムもジェーンもたぶん日本人なのだ

仲間内のあだ名でそう呼ばれることを望んだのだ

 

ジムはおそらく走り屋で

バイクで事故って死んでしまった

語り手は残された恋人のジェーンのことを愛しながら

二度と追い抜くことのできない恋敵のことを思う

 

高速道路には追悼のテールランプが並ぶ

真っ暗な海の中を 赤い送り火が 爆音を響かせて

きっとジェーンは新しい恋を見つけるだろう

 

ぼくにはバイクの事故で死んだ友達はいない

誰もバイクで死んでいない

 

それでもそんな友達がいたような気がする

 

行き過ぎた喧嘩で 腹を刺されて死んだ友達はいない

音楽とバイクに明け暮れて トラックにはねられた友達はいない

憧れて背中を追い続けたのに もう届かなくなってしまった友達はいない

 

それでもそんな友達がいたような気がする

 

捨て猫みたいな女の子も知らない

赤い皮ジャンを着てゼファーに乗った先輩も知らない

ピリオドの向こう側も知らない

 

それでもそんな青春を送ったような気がする

2017年9月9日公開

© 2017 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"バイクで死んだ奴はいない"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る