獏殺しの顛末

北千住ソシアルクラブ(第10話)

高橋文樹

小説

2,900文字

やがて、ひきこもりは書こうと思う。ついに、あのひきこもりが。北千住の河川敷で繰り広げられた社交劇、ついにフィナーレ。

ひきこもりはいつまでも泣き濡れた。

誰も看病してくれない。鉄屑屋のくれたペットボトルをチビチビやりながら、ゆっくりと回復を待つ。誰も俺の葬式なんて来ないんだ。オイオイ。フェンスの向こうで三人が話し合っていることもあった。その顔には笑顔さえある。俺は世界で一人ぼっちだ。オイオイ。そうだ、俺はこのまま死ぬ、遺書代わりに小説を書こう。ひきこもりは原稿用紙を取り出した。が、何も出てこない。いや、出てこないというより、書きたいことがありすぎる。オイオイ。絞るような声で呻いた。どうして、最後の最後になって、書けないんだ。ひきこもりは泣き濡れた。

それが、二日で癒ってしまった。ファック。

涙で霞んだ視界の正面にゆるゆると湯気が昇っている。兎屋が煮炊きをしているのだ。

看病をしなかったあいつらとは絶交だ、と息巻いたが、それよりも社交への欲望が強かった。絶望について話したい。自分と五十君が以前のようでないこと、何もかもがキラキラしていないこと、そうした悔悟をあの湯気でいぶしてしまいたかった。

藪の中で鍋を眺める兎屋は、ひきこもりを見て微笑んだ。

「良くなったか」

コンロの傍には卵の十個入りパックが口を開けて、僅かに四つを残すきりだった。

「六個も何に使ったんですか」

「ご馳走だ。見なよ」

取手の無い蓋を開けると、湯気が太いかたまりとなって大気に持ち上がる。中では玉子とじが沸々と震えていて、そこに飴色の玉ねぎと白い肉片が散りばめられている。

「親子丼?」

「違うよ、従兄弟丼だ」

「従兄弟丼?」

「ほら、牛肉を玉子とじにして他人丼ってあるだろ。兎と鶏は他人ってほどじゃないからな」

兎屋は得意げに笑った。目が長方形になったり、楕円になったりうようよ動いている。ああ始まった。言葉が切れ切れに聞こえてくる。イトコドンという響きだけが堅く、冷たいコンクリートを噛まされたようだった。以前、奮発して卵を買ってきたときに兎どもがわらわらと逃げた理由がわかった。

2015年7月25日公開

作品集『北千住ソシアルクラブ』最終話 (全10話)

北千住ソシアルクラブ

北千住ソシアルクラブは7話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ペット

"獏殺しの顛末"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る