紙上大兄皇子の死(ちっさめろん解説に代えて)

ちっさめろん(第12話)

高橋文樹

エセー

1,887文字

紙上大兄皇子の死

高橋文樹

『ちっさめろん』は破滅派同人紙上大兄皇子かみのうえのおおえのおうじの遺作である。長らく破滅派の中心的な執筆陣に名を連ねていた彼は二〇一五年、霊的な存在としてなんとか命脈を保っていたが、ついに死んだ。本作は彼の遺稿である。ファイルは私があずかっていた初期原稿のフォルダの中にWordファイルとして保存されていた。

スクリーンショット 2015-11-22 23.15.18

変更日は2006年10月27日とある

約十年を経て発表されることになったこの作品だが、いま読み返してみても新鮮な驚きをもたらしてくれる。SFという破滅派に乏しいジャンルにおいて、皇子は卓抜な才能を発揮した。

しかしながら、発表までに長い時間を要してしまったがために、少し現実と矛盾することになる。そこで、私は故人の名誉のために、作中で現実と齟齬をきたしてしまった点、ならびに現実と不思議な符号を見せた点について解説したい。

 

2015年11月23日公開

作品集『ちっさめろん』最終話 (全12話)

ちっさめろん

ちっさめろんは3話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

評論

"紙上大兄皇子の死(ちっさめろん解説に代えて)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る