板付遺跡訪問記

縄文小説集(第4話)

高橋文樹

ルポ

1,232文字

縄文小説ワークショップの一環として、第一回文学フリマ福岡に参加する傍ら、板付遺跡を訪問してきた。

板付遺跡は福岡空港から車で15分ほどの場所にある遺跡である。この遺跡は大部分が弥生時代のものであるが、それに先立つ縄文時代、さらに古くは旧石器時代までを含む「複合遺跡」と位置付けられている。

実際に訪れてみると、どこからどこまでが遺跡に含まれるのかはパッと見でわからないが、遺跡公園の中心はぐるりと濠で囲まれた集落になっている。もちろん、復元したものなのだが、大まかな地形はこれで正しいのだろう。

歴史館にあった環濠集落の様子

歴史館にあった環濠集落の様子

環濠集落とは、まさにお城のお堀と同じで、周囲から身を守るために作られた。歴史館にあった資料によると、10人で9ヶ月、つまり90人月かかるということだ。それほど大規模な環濠を縄文時代から作っていたのかどうかはよくわからない。稲作の始まりとともに蓄財が可能になるのだろうから、それ以降のことではないだろうか。

もっとも、資料によれば縄文後期からすでに稲作は始まっていたという説もあるようだ。文化の伝播にはそれなりに時間がかかるだろうから、曖昧な部分には想像力を発揮する余地が多分にある。

奥に見えるのが集落。ちなみに、手前に見えるのは子供の墓。

奥に見えるのが集落。ちなみに、手前に見えるのは子供の墓。

集落には10軒弱の竪穴式住居が建てられていた。集落の規模に対してこの住居の件数が果たして正しかったのだろうか。あるいは、竪穴式住居とは現代でいえば豪邸のようなもので、貧しい世帯ではより簡素な、それこそ遺跡として残らない程度の家屋を建てていたのかもしれない。

唯一中に入ることができた竪穴式住居

唯一中に入ることができた竪穴式住居

住宅の多くは鍵がかかっていたが、一軒だけ中に入れたので、見てみた。竪穴式は穴の縁に屋根を立てかけるような仕組みになっているので、雨が入らない。中を見る限り、これほどの家を一人で建てるのはかなり難儀だったろうから、数世帯で協力するのが前提だっただろう。

竪穴式住居の中。3人いたら狭い。

竪穴式住居の中。3人いたら狭い。

骨組みはこのような仕組み。この上に藁や茅などをかぶせていく。

骨組みはこのような仕組み。この上に藁や茅などをかぶせていく。

この穴が「竪穴式」の由来である穴。膝ぐらいの高さ。

この穴が「竪穴式」の由来である穴。膝ぐらいの高さ。

資料館の中では様々な農具や衣服などが紹介されていた。環濠集落に関する説明などの文献も多く、石包丁による籾がら落としや、火起こしの実演などである。

衣類の作り方など。ただし、いずれも高度なものなので弥生時代以降と思われる。

衣類の作り方など。ただし、いずれも高度なものなので弥生時代以降と思われる。

以下、てっしーによるマイギリ式の火起こしを動画で添付する(※なお、縄文時代にはまだ舞切り式の火起こしは普及しておらず、キリモミ式が普通だった様子)

我々はこの後、文学フリマへと参加し、その後、福岡市博物館で開催されていた新・奴国展へ向かった。展示の内容については割愛するが、金印「漢倭奴国王」が出土したのがまさに福岡県だったためである。縄文時代に関する情報はそれほど多くなかったが、記念に金印スタンプを購入した。

国宝である金印のレプリカ。1,000円弱だった。

国宝である金印のレプリカ。1,000円弱だった。

 

以上、短いがレポートを終える。今後、縄文ワークショップでは遺跡探訪も増やしていきたいと思う。

2015年11月4日公開

作品集『縄文小説集』第4話 (全11話)

© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

紀行文

"板付遺跡訪問記"へのコメント 0

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る