台風で落ちてきた知らない鉄の棒

高橋文樹

418文字

大掃除についてのポエムです。

大きな台風が来て 日本は大変なことになった

ぼくが書斎にしているアパートも大変なことになってはいないかと

なかば胸を踊らせて見にいったら

玄関の前に鉄の棒が落ちているだけだった

アンテナだろうか 椅子だろうか

知らない鉄の棒だ

 

庭先に打ち捨てられたままの錆びた鉄の棒

それを捨てるには粗大ごみとして捨てねばならなかった

捨てるのは大変だ

それは何も生み出さない

捨てることで生まれるのは

それがもうなくなったあとの無だけだ

 

だいぶ時間がたって大掃除の季節

 

ぼくは捨てるべき諸々とともにその鉄の棒を車に積んだ

母が溜め込んだ使っていない布団

精神病院みたいな色をした白いキャビネット

劣化のせいでぱらぱらと葉を落とすクリスマスツリー

金太郎人形

強盗を倒すためにとっておいた木刀

どこにあったのかもわからない 知らない鉄の棒

 

市が指定するごみ収集センターでは

それらはすべて一律三百七十円だった

ぼくは五千円ほどのお金を払って無を手に入れた

2018年12月18日公開

© 2018 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"台風で落ちてきた知らない鉄の棒"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る