INTERLUDE 『裏切りに関する異論』

東京守護天使(第10話)

高橋文樹

小説

5,609文字

警備員ルシ・フェル樹と作家志望の女の子ペニー・レインが交わす書簡体小説。ペニーの手によって、イスカリオテのユダは欲深い裏切り者ではなく、熱狂的な信者として描かれる。言葉を額面通りに受けとることがついに裏切りにつながるのだ。

作 ペニー・レイン

 

イエス・キリストの使徒であるイスカリオテのユダは、師を十字架にかける発端になった男として、裏切り者の代名詞となっています。新約聖書にはイエスの足跡について書いた福音書が四つありますが、そのどれにも、ユダは金銭の誘惑に負けた弱い男として描かれています。

しかし、ある異本によると、ユダはまったく違った姿で描かれているのです。

 

 

イスカリオテというのは、いまでこそ失われた地名ですが、現在のマケドニアのあたりにあったと伝えられます。ローマ帝国の文化も及ばず、火と樹木を崇拝する素朴な土地柄でした。

ユダは大工の息子として生を受けましたが、その土地の神童でした。好奇心旺盛で物覚えが良く、文盲ではありましたが、一度聞いた話は忘れませんでした。周囲の大人たちは彼に期待し、将来を楽しみにしていました。ユダはその期待を敏感に感じ取り、熱心に知識を増やしていきました。

長じて、ユダはほっそりとした知的な青年に育ちました。ヒゲを伸ばすと、神々しいような趣さえありました。周囲百里を見渡しても、彼に匹敵する知性はありませんでした。

そんな素晴らしい青年が田舎のつまらない村でくすぶっているわけにいかないのは、世の常です。ある日、彼は村を飛び出して、都市へ向かいました。はるか海の向こう側、二つの大河に挟まれた大いなるバビロンです。

バビロンにはあらゆるものが揃っていました。めくるめく歓楽、東西の品が集まる市、学徒たちが激論を交わすアカデメイア……。その都市には彼の野心を満たすためのすべてが揃っていました。

とはいえ、田舎から出てきた者の例に漏れず、彼もまた、大都市というもの苛烈さにくじけました。学においても、商才においても、人望においても、容姿においても、彼より優れた人間は砂漠の砂粒ほどもいたのです。ユダは少しずつ自信を失い、なんの目標も持たず、自堕落な日々を送るようになりました。

都落ちをし、さりとて自分の生まれ育った土地へ帰るのも体裁が悪く、ユダは諸国を遍歴しました。そして、何年もたった頃、ガダラ人の住む土地へさしかかりました。そこの賭博場を訪れた彼は、とある奇跡の噂を聞いたのです。

なんでも、この町を通りかかった聖者が、人々に憑依した悪魔を追い出して豚に乗り移らせ、退治してしまったというのです。

「それはいったい、なんという方だね?」

ユダは博徒の一人に尋ねました。

「なんでも、イエスとおっしゃる方らしい。各地で奇跡を起こし、大変な人気だそうだ」

「ほお、その方はどこから来られたのだ?」

2015年7月11日公開

作品集『東京守護天使』第10話 (全13話)

東京守護天使

東京守護天使は8話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

宗教 裏切り

"INTERLUDE 『裏切りに関する異論』"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る