社会の傷跡

応募作品

高橋文樹

評論

1,130文字

名探偵破滅派『天使の傷跡』(西村京太郎)応募作。ネタバレを含むので、未読の方はその点ご寛恕されたし。

よく考えて見ると、私は、西村京太郎の作品を読んだことがなかった。彼を取り上げたテレビ番組で、新幹線が好きなので、東海道新幹線の見える場所に豪邸を建てたということを知った。たしか、新幹線の往復で読み切れるような長さに工夫している、と言っていた。読んでみると、一時間で一二〇ページぐらい読めた。字がでかいのか、現代なら開いているだろう難読字も、いくつかあったが、読みにくいということはなかった。新幹線には乗らなかったが、御茶ノ水までの往復の時間で、課題範囲を読み終えることができた。私は大学一年生のときに中央大学の女性と付き合っており、聖蹟桜ヶ丘によく行ったので、鉄道付きの西村京太郎らしい、中央線の駅名が列挙された作品を、ひときわの思い入れを持って読んだ。

 

さて、文体模写はこれくらいにして本題に入ろう。本作では以下の二つの殺人事件について語られる。

  • ゆすりをしていたライター久松実の三角山殺人
  • 久松の下宿の大家である田熊かねのアルドリン(睡眠薬)殺人

課題の範囲「第十一章 A.B.C」まででおおよその謎は解明されている。まず、天使とは「エンゼルベイビー」であり、赤子のことを意味する。タイトルの『天使の傷跡』アルドリンの薬害によって奇形児となった子供のことである。犯人は山崎昌子で間違いない。田熊かねは目撃者だったので殺さざるを得なかった。残る謎は以下である。

  • 写真の女性は誰なのか?
  • 昌子の真の動機はなにか?

まず課題範囲の最後に出てきたエンジェル・ベイビー・チカラであるが、これは昌子の姉である時枝の流産したとされている第一子である。したがって、写真の女性は時枝である。

 

第二子の手に軽微な障害があるとおり、時枝はアルドリン薬害の犠牲者であり、チカラの手はつけねまでの長さしかない。東北の旧家である嫁ぎ先ではその第一子を認めず、東京の施設に送った。昌子はチカラの面倒を見るために上京したというわけである。久松はそのことを嗅ぎつけ、昌子をゆすった。金を払ってもゆすりが終わりそうになかったので、家族の秘密を守るために殺すしかないと思ったわけだ。

 

最終章を予測すると、昌子は罪を認め、服役する。島田は愛した女のことを記事に書くべきか悩む。そもそも昌子が殺人を犯すほど追い詰められたのは、奇形児を認めない旧弊な文化意識のせいだ。煩悶の末、島田は記事を書き上げ、その告発記事が本書のラストを飾る。

ある意味で松本清張『砂の器』の系譜を継ぐ社会派ミステリーと言えるだろう。

 

ところで、西村京太郎の本を初めて読み、「天使」「ABC」といった単語の辞書的な説明を載せるところがWikipediaの引用を最初にもってくるブロガーみたいだと感じた。

2022年6月20日公開

© 2022 高橋文樹

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 書評

"社会の傷跡"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る