タグ: 実験的 56件

  1. 便秘男 小説

    • 児島啓祐
    • 12年前
    • 7,182文字

    ――俺は神を産むのだ。曇天雷天のみ発症する便秘男は二条城を徘徊していた。この男の便秘とは一体何であったのか。異常性について考える。

  2. 『美脚』に捧ぐ 美脚に捧ぐ / 小説

    • Masahiro_Narita
    • 2年前
    • 35,097文字

    美脚に溺れた人生の私小説的な何か....

  3. 皮を剥ぐにはうってつけの日 小説

    • 大滝瓶太
    • 11ヶ月前
    • 64,436文字

    5ページあります。全部で180枚くらいの中編小説です。 【目次】  『新星』(H. G. ウェルズ作、ワタシ訳)  1  2  3  4

  4. A4用紙に書かれていたこと 小説

    • ハギワラシンジ
    • 8ヶ月前
    • 2,086文字

     カレイニナがまた頭蓋を撃った。何回も同じこと説明したのに、外してる。なんで分かってくれないんだ。  カレイニナは穿って歌って、銃口を俺に押し付ける。トリガーが脚の間に滑り込んで、熱を持ってる…

  5. コケティッシュチャット館 リサのおへや 裏BTTB / 小説

    • 渋澤怜
    • 2年前
    • 5,495文字

    『文壇のアイドル・リサちゃんがツーショットチャットルームを開設したよ! みんな気軽に遊びに来てね♪』 2001年に執筆された綿矢りさの処女作「インストール」のオマージュ短編。破滅派13号原稿募…

  6. 春の旬 小説

    • 渋澤怜
    • 2年前
    • 2,401文字

    あのー……はめつ……は……の……春画の会場は……こちらで合ってますか……? ■テーマ「春画」。2018年4月合評会参加作品。 画像:https://www.excite.co.jp/News/…

  7. 酔ってそ〜ろ〜、ゔぉるけぇ〜の 小説

    • 春風亭どれみ
    • 1年前
    • 3,043文字

    だれとはいわねぇ、ライブをつづけろ、保釈金を稼げ。平成と一緒に「チャカし」的なものが終わる、そんな気がした13th March 2019。やよい。 あ、合評会3月分です。『高タンパク低カロ…

  8. ラブレター(昭和二十二年) 小説

    • 米井かず子
    • 1年前
    • 1,931文字

    自己満足と性癖と承認欲求と自己愛。これはかなり前に、ある作品に影響されて衝動的に書きました。 わかる人にはわかるやつです。私の名前もそこから来ているほど、好きな作品です。

  9. 機械を止めて

    • 流樹
    • 11年前
    • 1,561文字

    神社の大祭が近づいてきている田舎町。鳥、疎水、帯、珈琲…青年写真家による日々の観察と、「彼と彼女」の幸福を脅かす小さなナイフの物語。全行脚韻を踏んだ韻文詩です。

  10. 欧州合理的アシンメトリーな片目の異端と、俺と、鈴菌変態仮面 エセー

    • しょうだまさとも
    • 3年前
    • 9,443文字

    ノンフィクション的な何か、リアル連動実験文章 欧州合理的アシンメトリー(CK44A初期型/片目)な異端と、俺と、鈴菌変態仮面