タグ: 実験的 48件

  1. 日夏少年記 第9章 駆馬兄さん〈後編〉 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 3日前 更新
    • 755文字

     実の兄のような存在である「駆馬兄さん」の「死」を覚悟できない少年、日夏轟の元へガダルカナル島にいる駆馬兄さんから手紙が届く。 ー駆馬編、完結。

  2. 日夏少年記 第8章 駆馬兄さん〈中編〉 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 8日前
    • 686文字

     恩人である駆馬兄さんが遂にガダルカナル島に出兵するという知らせをきいた日夏 轟は、兄さんの死を覚悟できずにいた・・・・

  3. 日夏少年記 第7章 駆馬兄さん〈前編〉 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 21日前
    • 702文字

     ここで 、僕の人生に大きな影響を与えた1人の男の話をしよう。 ほんとはこの本の前書きと後書きを僕は彼に書いてほしかった。約束もしていた。  しかし、そんな彼はもういない。それでも僕には、あ…

  4. 日夏少年記 第5章 友と恋と 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 22日前
    • 625文字

     田辺菜穂子に恋する日夏轟と、二人の共通の友人晴立新。 三角関係の中で日夏がとった行動とは・・・・

  5. 日夏少年記 第4章 一目惚れ 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 551文字

    主人公、日夏 轟と新の友人、田辺 菜穂子との出会い。

  6. 梶井少年記 第8章 『こころ』 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 570文字

    梶井 宇宙の師匠である、「老人」と、夏目 漱石の名作『こころ』の間に流れる微妙な空気の原因とは?

  7. 梶井少年記 第7章 新聞ノート 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 985文字

    中学三年生になった梶井宇宙。 高校受験が迫る中、老人が週10冊の本の貸し出しに変わって少年に課したものとは?

  8. 日夏少年記 第3章 新 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 303文字

    これは主人公、日夏 轟の親友である、 晴立 新についての物語である。

  9. 日夏少年記 第2章 僕の学生時代 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 373文字

    16歳になった日夏 轟は冷めやまぬ文学への関心を胸に、あることを決意する。

  10. 梶井少年記 第6章 貸し出し 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 1ヶ月前
    • 460文字

    これは、 梶井 宇宙と老人の2年間の本の貸し借りの様子である。