タグ: 実験的 66件

  1. モヱンタウム 小説

    • 飽田 彬
    • 28日前
    • 11,041文字

    どこかで夜明けの汽笛が啼いている……早春の記憶をもとめて国境の街へ。

  2. 奉祝繁盛店 小説

    • 飽田 彬
    • 1ヶ月前
    • 16,258文字

    つじつま合わねえ妙ちきりんな夢とて、オラたちがしがみつくこのおっそろしい生そのもの……祭り好きの彼女は如何にして繁盛店主となったか。

  3. 初陣 小説

    • 松尾模糊
    • 3ヶ月前
    • 3,271文字

    『瓢軍談五十四場』歌川芳艶 「猿之助初陣に伊藤日向守を討つ」 1月合評会テーマ「初〇〇」「〇〇初め」「〇〇始め」応募作。今人気の講談と、受験という現代の“初陣”を掛けて書きました。

  4. ナルキッソスの水辺 小説

    • 島津 耕造
    • 5ヶ月前
    • 17,729文字

    ナルキッソスはギリシア神話の中でも著名だが、その話についてはいくつかの説がある。盲目の予言者テイレシアースは占って「己を知らないままでいれば、長生きできるであろう」と予言した。

  5. ぽんぽんとぷす、うんちパンツについて語るときに吾輩の語ること エセー

    • 島津 耕造
    • 5ヶ月前
    • 1,614文字

    この文章が一人でも多くの諸姉、諸兄を笑わせて、そのはずみでぷす、とさせることができれば吾輩のぽんぽんも万福の至りである。

  6. 俺は男色ではない 小説

    • ryoryoryoryo123
    • 5ヶ月前
    • 4,471文字

    三島由紀夫の『仮面の告白』を読んで共感する部分があり、そこから連想されることを思いつくままに書きました。人に読んでもらうというより、自己内省のつもりで書いていたので、少し読みづらいところがあると…

  7. エトランゼのアフリカ紀行 小説

    • 島津 耕造
    • 5ヶ月前
    • 10,502文字

    ひっそりと息をしている。このまま死んでしまうには惜しい。どこへ行く当てもない。避難所はただ一つ彼女の魂のなか。

  8. Missing エセー

    • 島津 耕造
    • 6ヶ月前
    • 5,040文字

    書き始めようとすると、あなたがこの手紙を初めて読むのだということを忘れてしまいそうになります。この宛先のための多くの言葉は僕のかたわらを何度も通り過ぎていきました。思考されたもの、書き留められて…

  9. 熱帯雨林の記憶 エセー

    • 島津 耕造
    • 6ヶ月前
    • 2,153文字

    彼女のはだは青白く、ほねが透けてみえるようだった。わたしはよくいたわってあげた。からだは病弱でよく風邪をひいては熱を出し、その都度わたしは看病したものだった。 いまわたしと彼女はそらを飛んでいる…

  10. かいじゅう 小説

    • 曾根崎十三
    • 9ヶ月前
    • 3,524文字

    怪獣が懐柔して晦渋。 ない頭を振り絞ってUber EATSについて懸命に考えていたら思いついた。