出前2.0≒UberEats(ウーバーイーツ)!メンヘラ主婦と、俺と、厄介なフィードバック

応募作品

しょうだまさとも

小説

846文字

ショートショート(フィクション創作:文芸)はじめてのUbad_Delivery!

出前2.0≒UberEats(ウーバーイーツ)!そうそれは、さいたま界隈に降りしきる霧雨の中の出来事だった。俺様は、やたら過剰整備のピアジオを駆り、ケンタッキーからピックした食い物を注文者の胃袋へ届けるべく5キロ先の目的地に向かった。

そうして夕方の普通渋滞をすり抜けながら必死の形相で向かっていると、リアルタイムの位置情報を凝視しているらしい注文者から「迷ってます?」「何で停まってるんですか?」「どこ行くんですか?」なぞやたら連続してGoogleMap上でナビゲート中のスマホにメッセが届くのだった。

否、バイクの運転中にスマホは触れないですよ。否々、そんな言い訳じみた問答は時間の無駄であって仕事の余計である。ならば一気に届けてしまった方が得策であろう。とまぁ10分後、お届け先に待ち受けていたのは、やたらご立腹のメンヘラ主婦だった。けれども、そんな出会いだって俺様は嫌いじゃない。スジマンくっきりのスパッツ履いてたぁ

はぁ~ん、どうやら熟練の渋滞回避ルートが遠回りにみえたらしい。これまでフィードバック100%「GOOD」!の完ぺき超人に向けられた評価は、あまりにも理不尽な、はじめての「BAD」だった。99/100

 

しかしながら奥さん、渋滞中の市街地5kmの道のりをたった10分で届けるのは神業ですよ。パッケージの中身は保温状態で安定していたでしょう。斯様にして厳然たるファクト(ペニス)がそびえ立っているのだから、別に構わないさぁ

 

如何にもミッションは完ぺきにコンプリートしていたはずだった。コールからピックを通じてドロップに至るまでざっと20分を費やした仕事の報酬は700円ほど。この基本報酬とは別に様々な状況(乱数)に応じたインセンティブがUberAI最適に加算され、野良の働き手が次々と応じている。

つまるところ目先に人参をぶら下げて、馬車馬の様に動かし、そんな旧態依然とした奴隷風情の「鎖自慢」により需要と供給は最適に図られている。了(フィクション創作:文芸)

2020年7月5日公開

© 2020 しょうだまさとも

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


1.9 (12件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 私小説

"出前2.0≒UberEats(ウーバーイーツ)!メンヘラ主婦と、俺と、厄介なフィードバック"へのコメント 19

  • 投稿者 | 2020-07-24 15:01

    注文者にはじめて「BAD」をつけられたことがとても悔しく、俺様の自尊心は深く傷ついたのだろうなあと思いました。「99/100」や「コンプリート」などの言葉から、ゲーム感覚で楽しみながら配達をしていたのかなあと思いました。

    • 投稿者 | 2020-07-25 09:07

      コメントありがとうございます!

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-24 18:44

    働き方が変わっても結局「旧態依然とした奴隷風情の「鎖自慢」により需要と供給は最適に図られている」んすよね。

    • 投稿者 | 2020-07-25 09:08

      コメントありがとうございます!

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-25 14:00

    「俺様」の配達員の大いばりの文体から、最後で急に資本主義批判的な一節が続いて違和感と言えば違和感ですが、言いたかったことはこれなのかなと妙に腑に落ちました。バイクで5キロ10分というむちゃくちゃなスピードだし。もう少し長く書いて欲しかったです。偉そうな文章を楽しみたかった。

    出前2.0≒UberEatsって意味わかりませんでした。出前2.0って出前にもバージョンがあるんですかね?合評会の日に教えてください。

    • 投稿者 | 2020-07-25 14:36

      コメントありがとうございます。自分としては、この急な展開はショートショートならではのプログレッシブな変拍子のつもりでいるのですが、まぁまぁ書き散らしている感は否めませんかね。
      出前2.0という表現については、前にいただいたコメントの中にもありますが、新しい働き方といえども資本主義の本質は何も変わらないですよ、といった感じのアンチテーゼとして、いまをときめく(笑)トレンド・ワードを皮肉に使いました。
      実際に走ればわかりますが、外人の金主に支配された運営の、配達員に対する(虫けらをみるような)冷ややかなまなざしを感じます。
      舶来のシェアリングエコノミーなんて代物は奴隷制度の焼き直しに過ぎない。奴隷のキラキラギラギラ鎖自慢には物悲しいものがあります。ならばゲームとして楽しむ位がちょうどいい。
      私は、ローンチから最初の一年間、現在の数倍の単価で都内を走り回りました。1,000回配達した頃、配達員が増え始め、単価が下がり始めたので、評価100%で引退しました。

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-25 19:25

    コメント欄に書かれた著者の説明で色々とわかりました。
    ウーバーイーツの配達経験者しかわからないようなネタが書かれているところが新鮮です。もう少しボリュームが欲しい気がしました。

  • 投稿者 | 2020-07-25 19:43

    コメントありがとうございます!

    著者
  • 投稿者 | 2020-07-25 21:51

    “スジマンくっきりのスパッツ履いてたぁ”
    “別に構わないさぁ”
    100%と99%の差を、”これで”で埋めることを良しとした超人の行く末が気になります。

    • 投稿者 | 2020-07-26 08:24

      コメントありがとうございます。いまは地域振興(飲食店支援)の一環として偶に地元を走っております。まぁ悪い事ばかりではないですので。ピアジオの実働維持も兼ねて。

      著者
  • 編集者 | 2020-07-25 22:51

    Uber的にはスコア比悪印象3割くらいで問題になってくるらしいが、別によほど毎回意識して酷い事(客の食べ物を全部勝手に食ったり、チャット欄でフィリバスター行為をしたり、電話口でスキャットマン・ジョンになりきったり、、客の食べ物をボールにしてサッカーやラグビーをしてワールドカップを優勝したり)をし続けない限りはスコアと言う物が悪影響を示すことは無いし、客も大して気にしない。俺も良97%くらいを維持しているが、残りの3%はまさにこのケースの様な、自分の頭の中にマップルが入っててモータリゼーションなど一切発生していないと思い込んでるお客様のおかげの成果である。あまり気にしない様に。マン筋見れて挽回できる精神ならまだまだ大丈夫。おめでとう。

    • 投稿者 | 2020-07-26 08:32

      コメントありがとうございます。まぁ単価と客層は下がりましたが。ウーバーイーツが一般化して配達員のレベルも落ちていますから。長く続けていると悪い事ばかりではないです。
      コンテンツは何事もアーリーステージの頃が最も意義深く、全方位に楽しい。アーリーアダプターの情報感度は高く、先進的かつ前衛的なコミュニティに集う人々の一体感に心躍らせる”よろこび”があります。舶来のイノベーションにはこんな初期の感動がある訳です。
      大衆に消費される頃、コンテンツは終わりの始まりを迎えています。かつてのMMO(大規模多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)でみた、そんな一抹の寂しさを伴う既視感を再度、まさにいま経験している感じがしています。

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-26 08:57

    嗚呼、皆さまのコメントをお返ししている内に言いたいことを全部伝えようとしている自分です。ただこれだけのプロセスを経て文芸の難しさを学びました。コメントしていただいた皆さまのおかげさまで、セルフ合評会が自己完結した気分です。満足しています。御礼申し上げます。
    と同時に、破滅派に合評会なるイベントがなぜ存在するのか(いままでは傍観しておりましたが)その意義を自分なりに知る事が出来ました。
    合評会とは、おそらく文芸に必要とされるプロセスの学校(学級)的な何かだと私は思います。勝手に書き散らすのも自分のスタイルとして一興ではありますが、新しい知見を学べた事に感謝いたします。
    破滅派万歳、主幹高橋主筆万歳、万々歳(曹操之下僕風)

    著者
  • 投稿者 | 2020-07-26 18:31

    100%の評価に対する俺様の誇りを奴隷の鎖自慢と結び付けたところが本作のキモだろうか。俺様はGOODの評価が目先の人参に過ぎないことを知りながらも、「馬車馬」となって配達の仕事に全力を尽くす。理不尽なBADに対する俺様の怒りが受容と供給のシステムを転覆させる瞬間があればもっと痛快だったろうにと、ついないものねだりをしてしまった。

    • 投稿者 | 2020-07-26 18:39

      シャープでエッジのきいたコメントありがとうございます!
      かつて運営に文句を垂れながら課金し続けたファイナルファンタジー11にもよく似た中毒症候群が見受けられます。

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-27 00:29

    そのピアジオがチャオなのかブラボーなのか、それ以外のスクーターなのか気になります。

    • 投稿者 | 2020-07-27 08:48

      コメントありがとうございます。PiaggioはMP3 Yourban 300ie(緑ナンバー)です。

      著者
  • 投稿者 | 2020-07-27 12:29

    絶妙な横文字導入にセンスを感じる俺様主人公最高でした。色んな客と遭遇してシリーズ化して欲しいです。

  • 投稿者 | 2020-07-27 13:11

    コメントありがとうございます。

    著者
コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る