タグ: 家族 35件

  1. 彼女の嘘と8秒間 〜春〜 その2「部活動」 小説

    • 宮園希
    • 7ヶ月前
    • 3,456文字

    これは、彼と彼女の「8秒間」をめぐる物語。

  2. はつこいオブ・ザ・デッド(6) はつこいオブ・ザ・デッド / 小説

    • 高橋文樹
    • 9ヶ月前
    • 5,997文字

    社長の山本さんの言うとおり人助けとして女子高生のカズを受け入れた「俺」は、ゾンビ列車事件後もいつも通り仕事に出かける。思わぬ商機に湧いた「俺」が家に帰ってみたものは……

  3. かたす仕事

    • 高橋文樹
    • 10ヶ月前
    • 432文字

    ぼくは煙草をやめたことになっている おそらく妻にはばれているのだろうけれど 妻の前では吸わない ときおりパイプだけを吸うことになっている 玄関の脇には灰皿が置いてあって そこにはもう吸い殻が追加…

  4. 理想的な娘 小説

    • 十六歳
    • 1年前
    • 1,153文字

    教祖にお褒めの言葉を頂いた話。とても短い近未来風。おはなしだけで、文学的な美しさとかの追求はまた今度。元の題名は「赤ちゃん求人」

  5. ハルノアラシ 昏睡状態 /

    • 大川縁
    • 1年前
    • 1,315文字

    酷いなあ、惨いなあ、と思うことって案外身から出た錆だったりしますね。ハルノアラシはどこまでも残酷で、惨いです。でも、どうしても目を離せない。

  6. ここにいるよ(25) ここにいるよ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 11,155文字

    「私」はミユキにプレゼントを贈ることを思い立った。他でもない、最高の根拠を持ったプレゼントを。親に恋人を紹介するために歩く実家への道で、どうしようもないほど美しい夕陽が二人を照らす。物語はクライ…

  7. ユメコのかばん 光源のない走馬燈 / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 2年前
    • 3,637文字

    ちいさなユメコは、お兄ちゃんのことが大好きです。

  8. ちびっこジャーナリスト 北千住ソシアルクラブ / 小説

    • 高橋文樹
    • 2年前
    • 5,520文字

    荒川河川敷でホームレス生活をはじめたひきこもりの元へ、ついにジャーナリストが訪れる。

  9. ティンカーベル 小説

    • 手嶋淳
    • 3年前
    • 9,648文字

    黙々と子育てをする、ぼくのお姉ちゃん。がんばればがんばるほどに、娘への思いは重く強くなる。そしてだんなへの思いは離れていく。なんとかならんのか?

  10. くずかごから酒場まで(7) くずかごから酒場まで / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 4年前
    • 4,242文字

    失われた酸素ボンベを探して 住石佑哉   父について書くのは、小学生以来のことになる。 三年生か四年生のときだったはずだ。お父さんについて作文を書いてきなさい、そう言った教師の顔が魚に…