最後の経験者(7)

最後の経験者(第7話)

竹之内温

小説

8,328文字

ばあさんによって、団地の秘密が明かされる。物語もいよいよ終盤に。

 

「ただいま」

「遅かったのね」

もう寝ているだろうという私の予想に反してママは起きていて、椅子から立ち上がった。

「うん、ちょっとね。まだ起きてたんだ」

「あれ、このみちゃん。スカートに血が付いているけど、生理になっちゃったの?」

溢れ出る涙を止められなかった。涙は新しいワンピを伝った。黒い色の洋服を着ていればよかったのに、パステルカラーなんて着ている自分が阿呆に思えた。小さすぎる玄関で靴を履いたまま、下半身から力を失い蹲った私をママは抱きしめる。ママが無理にしゃがんだので、大きなお尻にぶつかった靴箱が音を立てて床の上に広がった。ママの着ているパジャマには色んな食べ物の滲みが付いていて、抱きしめられると防虫剤の匂いがした。私の身体からは汚い匂いが漂ってくる。ママに抱きしめられたのは本当に久しぶりだ。

「分かってるから。大丈夫よ、恥ずかしいことじゃないの」

「分かってるって? 何を?」

「団地の女なら皆経験していることなんだよ」

いつもならとっくに横になっているはずのばあさんまでが私の横に立って、そう言った。涙のせいで視界が霞んでいたが、そう言ったばあさんの顔が微笑んでいるように見えた。

「えっ?」

「このみちゃん、靴を脱いで煙草を一本呑んで落ち着きなさい。今日は夜っぴて話をしましょう」

ばあさんの声は普段の痰まじりの弱々しいものとは違って、言うことを聞かない訳にはいかない感じだった。私はママを見る。ママは私の身体に回していた腕を解き、台所でお湯を沸かし始めた。私の靴の先は擦れて、白い布の部分が浮き出ている。後で、黒いクリームを塗らなくちゃと思った途端に全てが安っぽく無意味に見えた。私はリビングで吸いたくもない煙草に火を付けたが、口の中に広がる苦みに嫌気がさして一口だけ吸って消した。ママは三人分の日本茶をテーブルに並べた。いつもならお茶は眠れなくなるからと言ってママもばあさんも八時以降は絶対に飲まなかったので、今日はまだ寝ないつもりなんだと思うと、二人の存在が急に鬱陶しくなる。私は独りになりたかった。今までも独りになりたいと何百回と思ってきたが、その時程そう感じたことはなかった。けれど私が立ち上がるよりも早く、ばあさんはお茶を一口飲んで唇を舌で舐め回してから話し出した。

「このみちゃんは男に出会ったんだろ。団地の中で。乱暴されたんだね。俗に言う、レイプってやつだね。嘘はつかなくていいよ」

2011年4月29日公開

作品集『最後の経験者』最終話 (全7話)

最後の経験者

最後の経験者は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2011 竹之内温

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

70年代 団地 家族

"最後の経験者(7)"へのコメント 1

  • 投稿者 | 2012-03-17 05:11

    竹之内さんの作品は、私にとって秘められた宝石である。なお、この「秘められた」というのは単に、彼女の、日本女性文学の新しい地平を見せてくれるその傑出した才気にもかかわらず、まだ世に知られていないということで、別にほかの意味はない。
    なかでも、「最後の経験者」は、私の好きな先品の一つである。なにしろ作品論(原稿用紙約三十枚)まで書いているんだから。連載が終了したら、私の作品論も破滅派に掲載してもらう予定?(まあ、あくまでも高橋編集長の判断次第ですが)

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る