タグ: 学園モノ 51件

  1. LGBT – 多様性の受容(需要) エセー

    • しょうだまさとも
    • 24日前
    • 4,252文字

    芽生え - とあるコメントから (2022年1月5日追加)

  2. 駄犬 小説

    • 蒼樹葉月
    • 4ヶ月前
    • 10,473文字

    駄目な犬は、あなたの隣の席に座っているかもしれません……。

  3. 机の落書き 小説

    • 諏訪靖彦
    • 5ヶ月前
    • 1,782文字

    世田谷ピンポンズ『机の傷を髪の毛と間違えて』を聴いていてアイデアが浮かびましたが、曲の内容とは一切関係ありません。厭な気持ちになるお話です。

  4. きっと太陽でいたかった 小説

    • 常世田美穂
    • 6ヶ月前
    • 2,533文字

    男子高校生と地球のさいご。 まっすぐなのか、歪んでいるのか。 note:ネムキリスペクトのお題「明日、地球が粉々になっちゃうんだって」

  5. お魚咥えた高次元、追いかけて 小説

    • 古祭玲
    • 6ヶ月前
    • 3,047文字

    退屈な生活を送る主人公。彼女のクラスではいつも変なブームが巻き起こっていた。ある日、渋谷で意味不明な怪現象が発生する。それを面白がった国民により、その現象を真似することが流行った。主人公のクラス…

  6. とある極寒の地、辺境の垣内自治 エセー

    • しょうだまさとも
    • 8ヶ月前
    • 3,926文字

    事件の全体図 - フィクション小説(脳内妄想文学)似非エッセー

  7. モカブラウン 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2年前
    • 3,534文字

    学校をサボって、喫茶店を見つけた小諸桃子だったが――彼女はやはり、喫茶店に置いても生きづらかった。言葉にがんじがらめになる日々に、さよならを告げる日はいつ来るのか――読者の私は、もやもやするばか…

  8. 喫茶店 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2年前
    • 3,145文字

    ゆでたまごを三つ堪能した後、学校をサボる小諸桃子だったが、彼女は、横浜駅で、喫茶店を探すのに苦労していた。休憩する場所ひとつ探すのにも、疲れてしまうこの社会で、彼女がようやくたどり着いた場所とは…

  9. 入学 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2年前
    • 3,323文字

    人間ってどこまでも難儀な生き物である。言語の不自由さに生きづらさを感じながらも、言語に依存しながら身体を作っていかなければならないのだ。そして、気づいたときには、取り返しもつかないくらいに、いび…

  10. 眼窩に沈む龍の街 小説

    • 松尾模糊
    • 2年前
    • 11,624文字

    ――伊達政宗がなぜ独眼龍と呼ばれていたか、知っとるけ?――カズキが話すおとぎ話のような伝説。伊達政宗、柳生十兵衛、そして右目を失明したボク……眼帯の下、眼窩の奥から飛び出す龍が時空を超えて人々を…